1. トップ
  2. 恋愛
  3. 皮肉たっぷりの掛け合いにハマる!現実主義の女性が嘘つき男にまさかの恋!?

皮肉たっぷりの掛け合いにハマる!現実主義の女性が嘘つき男にまさかの恋!?

  • 2019.10.9
  • 2536 views

戦地から還らない妹の婚約者を装って姉が書いた嘘の手紙が、彼の突然の帰還によって思わぬ騒動を巻き起こすロマンティック・コメディ『英雄は嘘がお好き』。家族を騙したことを隠したい姉、嘘を利用して一儲けしようと目論む人たらしな男のロマンスと騒動の結末は?
オスカー俳優ジャン・デュジャルダンと、コメディ初挑戦のメラニー・ロラン、二大スターの夢の共演が話題の本作を、映画ライター渥美志保さんに語っていただきました!

嘘と秘密の共有は、恋愛につながる?

undefined
©GINGERweb

頭が良いせいか理性が勝ちすぎていまいちモテない姉は、惚れっぽくて男を見る目がない妹の恋愛にいつもひやひや。ああ、またあんな軽薄なクズ男にひっかかり、テキトーに遊ばれた挙句に音信不通になるいつものパターンとは思っても、寝込むほど落ち込んでいる妹に、さらに追い打ちをかけるような説教をする気にはなれない・・・・・・。

映画は、イギリス19世紀のベストセラー作家ジェーン・オースティン(『ブリジット・ジョーンズの日記』の原案者)のラブコメディ『分別と多感』とよく似た設定で始まります。でもお話の中心は姉妹ではなく、姉エリザベットと、彼女の妹を捨てた軽薄男ヌヴィル大尉。上記のパターンで、妹に求婚しながら折よく戦場に駆り出され、それ以降なんの音沙汰もないヌヴィル大尉。病に臥せった妹を見ていられないエリザベットは、大尉を装って戦場からのラブレターを書き始めます。

undefined
©GINGERweb

ところが「昨日の戦いでこんなことが」と架空の大活躍を描くうち、楽しくなってきちゃうんですね。その英雄伝は小さな田舎町で独り歩きし、大尉は「地元の英雄」に。「そろそろヤバイな」と思い始めたエリザベットは、「敵に追い詰められ、おそらく生き残れない」と最後の手紙を書きます。やがて月日が過ぎ、妹も別の男と結婚してめでたしめでたし・・・・・・と思っていたら、そこに勝手に戦線離脱して浮浪者同然となった大尉が帰還。無一文の最低男は、ウソの露見を恐れるエリザベットを利用し、いつもの女たらしの凄腕で「戦争の英雄」を演じ始め、人々を魅了していくのです。

undefined
©GINGERweb

この映画の何が面白いって、毒舌女子エリザベットを演じる美人女優メラニー・ロランと、愛され詐欺師の大尉を演じるオスカー俳優ジャン・デュダルジャン、このふたりの丁々発止の掛け合いです。

秘密を共有するふたりが、好むと好まざると互いを守らなきゃいけないハメになる、そうするうちに、味方なのか敵なのか、嫌いなのか好きなのかわからなくなってくる。毒舌のエリザベットが大尉にスパルタ式に演技指導し、かと思えばエリザベットがお調子者の大尉の術中にハメられたりのやり取りの末に、あれこれってもしかして・・・?という流れが、ロマンティック・コメディの王道です。
でもそれでいて、エリザベットが急に「夢見る乙女」にならない、クールでカラッとしているところが、この映画のすごく現代的なところ。特にラストの笑撃の展開には「えええっ!!!」となる女子が、もしかしたら多いかもしれませんが。

『英雄は嘘がお好き』
【監督】ローラン・ティラール
【出演】ジャン・デュジャルダン、メラニー・ロラン、ノエミ・メルランほか
10月11日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、丸の内TOEIほか公開
http://eiyu-uso.jp/
©JD PROD - LES FILMS SUR MESURE - STUDIOCANAL - FRANCE 3 CINEMA - GV PROD

元記事を読む