1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼氏が“好奇心”不足でつまらない?新しい体験を拒否する彼との付き合い方

彼氏が“好奇心”不足でつまらない?新しい体験を拒否する彼との付き合い方

  • 2019.10.9
  • 694 views

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情426】

これを読んでる女子の中には「彼氏と一緒にいろんなことを経験したい!」と思ってる人も多いはず。

もし彼が新しい何か――例えば行ったことのない場所への旅行とか、未体験のマリンスポーツ、ちょっと珍しい外国の料理などに関して、いつも「いや、俺はいい」と否定的だったら……なんかつまらないですよね?

でもそういう男性って意外と多いもの。今回は、新しいことに興味を示さない彼との付き合い方についてお話しします。

■彼は保守的or面倒くさがり?

全員が全員ではないけど、新しいことをやりたがらない男性って、変化が苦手な人や向上心の低い面倒くさがり屋が多め。

保守的な人は、それを体験したときの楽しさや達成感を考えるより、失敗したらどうしよう、トラブルに巻き込まれたらどうしよう……という不安のほうが強いのでしょう。で、面倒くさがり屋は、知らないことをするのはダルい、そんな時間があるなら家で寝てたい、と腰が重い人。

ここで大事なのは、彼氏がどちらのタイプかです。面倒くさがり屋なら、彼女がある程度予定を組んだり、準備したりするとその気になることもありますが、保守的な人はお膳立てしても、頑なに拒否しがちですからね……。

ただ、面倒くさがり屋も保守的な人も同じ“人間”なので、それを体験したら“ワクワク”するということがわかれば、きっと動きますよ。

■ “ワクワク”を教えたら興味を持つ

新しい挑戦をしない人は“ワクワク”を知らないだけ。人って自分がワクワクすると動きたくなるんです。

例えば、仕事帰りにコンビニに寄って好きなスイーツを買うときは、誰だって“ワクワク”しますよね?少なくとも“ガッカリ”とか“かったるい”などのネガティブな感情は持たないはず。

新しいことを試さないのは、したことがないからその楽しさがわからず、想像力が働かないせい。好奇心旺盛な人は未経験でも「面白そう♪」と感じるのですが、保守的な人や面倒くさがり屋は好奇心のアンテナが外に向いてないので「やってみようかな?」とは思わないのでしょう。

だから、やってる人の楽しそうな姿を見せたり、経験者の感想を聞いたり、それを行うことで得られるメリットを教えたりして、気持ちを動かす必要があります。

■彼に刺さるワクワクポイントを探って

例えば、彼の親友がゴルフにハマって練習場に通って「〇ヶ月で〇キロ痩せた」とか「接待がうまくいき、結果的に昇進した」「ゴルフのお陰で友達が増えて有名企業の社長と仲良くなった」……なんて話を聞いたら、ゴルフに全く興味がなかった男性でも興味を持つこともあるはず。

“ワクワク”ポイントは人によって違います。「体を動かすと気持ちがスッキリ」というストレス発散のワクワクなのか、「仕事につながった」などキャリアアップすることへのワクワクなのか、「SNSのネタができた」とミーハーなワクワクなのか。心に刺さる“ワクワク”ポイントを伝えられたら、きっと彼もやる気になりますよ。

あと、特に保守的な男性の場合は、彼が尊敬する人、憧れてる人が「〇〇が面白い」「〇〇がおすすめ」と言ってた、という話をするのも一つの手です。彼の好きな著名人がほめたもの(映画でもお店でも)にも興味を持ちやすいかと。

■あなたが引っぱってワクワクの共有を

新しいことになかなか飛び込めない性格でも、好奇心旺盛な人と一緒にいたら、徐々に意欲的になるということもあります。無理のない範囲であなたが引っ張ってあげると、彼も徐々に変わっていくかも?

ライタープロフィール
美佳
元ホステス。現在いろんなサイトでちょこちょこ記事を執筆中。 「そろそろ白馬に乗った王子様が迎えに来ないかなー♪」と結婚を夢見はじめたが、王子様はお姫様しか迎えに行かないことに気づいた独身アラサーです。
ブログ:お後がよろしいようで!

元記事で読む