1. トップ
  2. 下北沢映画祭開催!期待のアニメ映画「音楽」ロックバージョン上映や斎藤工(齊藤工)特集も

下北沢映画祭開催!期待のアニメ映画「音楽」ロックバージョン上映や斎藤工(齊藤工)特集も

  • 2019.10.9
  • 98 views
「第11回下北沢映画祭」は2019年10月12日(土)〜14日(月・祝)に開催
Design:瀬古真州、illust:大橋裕之

【写真を見る】2020年1月公開予定の注目アニメ映画「音楽」を特別版 “ロックバージョン”で上映

2019年で11回目を迎える「下北沢映画祭」が、10月12日(土)〜14日(月・祝)の3日間、東京・下北沢の北沢タウンホールをはじめ3会場を舞台に開催される。

「第11回下北沢映画祭」が掲げるテーマは、「SPARK FILM ―きっとハジケル3日間―」。新たな元号「令和」がスタートした2019年、映画祭事務局は、新しい時代へと踏み出す瞬間を「SPARK FILM」と命名。珠玉の企画と映画作品からあふれるパワーをイメージしたフレーズをテーマに据え、映画&カルチャーファンに「あなただけの“SPARK”を見つけて欲しい」という思いを込める。

開催場所は下北沢トリウッド、ライブハウス近松、北沢タウンホールの全3会場。そこで7つのプログラムを展開する。なお、台風19号の接近のため、特に12日は状況によって内容変更の可能性もあるとのこと。参加を決めている人も公式HPなどで情報を入手するようにしよう。

メイン企画はもちろん「第11回下北沢映画祭コンペティション」。実写、アニメーション、ドキュメンタリーなどジャンルを問わずに公募するコンペティションで、2019年は応募総数270作品の中から、スタッフによる選定を通過した全9作品を期間中に上映。ゲスト審査員によるグランプリと準グランプリのほか、観客の投票による観客賞、日本映画専門チャンネル賞、下北沢商店連合会会長賞を決定する。

では、「第11回下北沢映画祭」各企画の見どころを、日付を追って見ていこう。

アニメーション映画「音楽」“ロックバージョン”超最速上映

【写真を見る】2020年1月公開予定の注目アニメ映画「音楽」を特別版 “ロックバージョン”で上映
(C)大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン

初日の12日には、大橋裕之原作の「音楽と漫画」を岩井澤健治監督が映像化したアニメーション映画「音楽」の“ロックバージョン”を超最速上映する。

声優に元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人、さらには岡村靖幸を起用し、第43回オタワ国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門でグランプリを受賞。2020年1月の公開が注目される「音楽」。同作品を岩井澤監督が自ら編集したライブハウス上映限定“ロックバージョン”で上映する(※劇場公開版とは異なる内容)。

上映に加えて、大橋裕之、岩井澤健治によるトーク、映画へ楽曲提供しているGALAXIEDEADと古美術のボーカル・黒岡まさひろによる劇中曲「ばんからばくち」スペシャルライブも。「ライブハウスの音響で全編手描きのスゴ味を体験してください」と映画祭スタッフも力を込める。

【10月12日(土)夜6:30開映 (夜6:00開場)/ライブハウス近松】

五・七・五・七・七から生まれた映画たち

12日と13日の2夜連続で開催の「五・七・五・七・七から生まれた映画たち」。「光」をテーマにした短歌コンテストで1,200首から選出した4首の短歌を原作に制作された杉田協士監督長編映画「ひかりの歌」。その源流となる「光の短歌映画」短編4作品を2日間にわたり上映する。

12日は「反対になった電池が光らない理由だなんて思えなかった」「始発待つ光のなかでピーナツは未来の車みたいなかたち」、13日は「自販機の光にふらふら歩み寄り ごめんなさいってつぶやいていた」「100円の傘を通してこの街の看板すべてぼんやり光る」。

【10月12日(土)・13日(日) 夜7:30開映 (夜7:15開場)/下北沢トリウッド】

12日上映「反対になった電池が光らない理由だなんて思えなかった」
(C)光の短歌映画プロジェクト
12日上映「始発待つ光のなかでピーナツは未来の車みたいなかたち」
(C)光の短歌映画プロジェクト
13日上映「自販機の光にふらふら歩み寄り ごめんなさいってつぶやいていた」
(C)光の短歌映画プロジェクト
13日上映「100円の傘を通してこの街の看板すべてぼんやり光る」
(C)光の短歌映画プロジェクト

今泉力哉監督 長編最新作「街の上で」世界初上映!!

13日上映「街の上で」
(C)『街の上で』フィルムパートナーズ

13日昼には、「街の上で」を上映。「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」「his」と話題作を立て続けに発表する今泉力哉監督が、本作が映画初主演の若葉竜也を起用、共同脚本に漫画家・大橋裕之を迎え、オール下北沢ロケを敢行した長編映画。恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が古着屋を舞台に紡ぐ、街と人々への愛情を込めた新たな「下北沢映画」は、現時点で劇場公開未定、プレミア必至のプログラムだ。

古着屋で働く青年・荒川青(あお)を演じる若葉竜也は、「今泉監督が街を舞台にした映画を撮るらしいぞ、という噂はなんとく知っていました。誰がやるんだろーと完全に他人事でしたが、僕のもとに5ページほどの企画書が。ラブレターをもらった気持ちです。今泉力哉監督と小さな街を舞台に映画を作りました。あふれ落ちそうな生活の粒をていねいに切実に、1カット1 カット撮影しました。面白い映画になったと思います」とコメントを寄せている。その若葉、今泉監督、大橋がトークショーに出演する。

【10月13日(日) 昼2:00開映 (昼1:30開場)/北沢タウンホール

13日上映「街の上で」
(C)『街の上で』フィルムパートナーズ

十人十色の映画人-斎藤工(齊藤工)特集上映‐

13日上映「blank13」(2017年/70分)
(C)2017「blank13」製作委員会

今回の「下北沢映画祭」企画の中で最も注目度が高いのがこの「斎藤工(齊藤工)特集上映」(チケットは予定枚数終了)。俳優として、監督として、プロデューサーとして、さまざまな形で映画と関係する斎藤工(齊藤工)。その秀でた個性を惜しみなく放出した作品群を、一挙上映する。

上映作は、監督初期作「バランサー」「サクライロ」に、長編監督デビュー作「blank13」、製作に携わった「映画の妖精 フィルとムー」「パカリアン」、芸人・永野のコントをもとに映像化したショートフィルム「ZERO-焼きそばしかないキャバクラ」、新作「DEATH BIKE」の長編・短編を集めた計7作。

「映画の妖精 フィルとムー」の秦俊子(はた・としこ)監督、特殊メイクアップアーティスト・監督の西村喜廣、NPO法人World Theater Projectの教来石小織(きょうらいせき・さおり)代表と、斎藤工(齊藤工)作品に関係の深いメンバーによるトークセッションも行う。

出演が発表されているわけではないが、映画愛にあふれる斎藤工(齊藤工)のこと、イベント開催を知れば当日ひょっこりと顔を見せることもあるかもしれない。チケット売り切れもそんな予想をしてファンが動いた結果だろうか。

【10月13日(日) 夜6:00開演(昼5:45開場)/北沢タウンホール】

13日上映「映画の妖精 フィルとムー」(2017年/10分)
(C)2017 World Theater Project

【こども向け】下北ニコニコ活弁大会

「チャップリンの勇敢」(1917年/20分)
提供:㈱アイ・ヴィー・シー

14日朝には、子どもを対象にした、活弁上映を行う。今でも色あせない面白さで人気を維持する活弁上映。活動写真弁士の佐々木亜希子による活弁つきで、喜劇王チャップリンのコメディー「チャップリンの勇敢」を上映する。なおこちらの上映会は子ども対象のため、大人のみでの入場はできないとのこと。

【10月14日(月・祝) 朝10:30開映 (朝10:10受付開始)/北沢タウンホール12Fスカイサロン】

活弁士・佐々木亜希子
KADOKAWA

ヨーロッパ企画の新プロジェクト発表会 in 下北沢映画祭

劇団・ヨーロッパ企画
KADOKAWA

14日は京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画による企画を用意。同劇団と映画祭は「ヨーロッパ企画と下北沢映画祭のトリウッド大作戦」と称し、下北沢の映画館・トリウッドを会場に、ヨーロッパ企画メンバー監督作品と下北沢映画祭がセレクトした中・短編映画をテーマ別に日替わり上映する上映イベントを開催した仲。

2020年に向けて、ヨーロッパ企画とトリウッドがまたしてもタッグを組み、新たな挑戦を始めるという。その企画内容を、ヨーロッパ企画の代表で脚本・演出を手掛ける上田誠、ドラマ演出家としても活躍する山口淳太のほか、劇団メンバーが登場し、下北沢映画祭で大発表。上田監督の11分長回しによる短編「ハウリング」の上映も行う。

【10月14日(月・祝) 朝11:00開映 (朝10:45開場)/北沢タウンホール】

「ハウリング」(2013年/11分)
KADOKAWA

第11回下北沢映画祭コンペティション」

実写、アニメーション、ドキュメンタリーなどジャンルを問わずに公募するコンペティション。2019年は応募総数270作品の中から、スタッフによる選定を通過した全9作品を上映する。

タイトルは、「雲梯」(監督:川上喜朗/4分25秒)、「門出」(監督:村田唯/20分52秒)、「そんなこと考えるの馬鹿」(監督:田村将章/45分12秒)、「次は何に生まれましょうか」(監督:野本梢/19分58秒)、「中村屋酒店の兄弟」(監督:白磯大知/44分44秒)、「なみぎわ」(監督:常間地 裕/20分)、「春」(監督:大森 歩/27分)、「ひ なんて、なくなってしまえ!」(監督:平松 悠/6分48秒)、「宮田バスターズ(株)」(監督:坂田敦哉/18分50秒)。

コンペティション作品「雲梯」(監督:川上喜朗/4分25秒)
KADOKAWA
コンペティション作品「門出」(監督:村田唯/20分52秒)
KADOKAWA
コンペティション作品「そんなこと考えるの馬鹿」(監督:田村将章/45分12秒)
KADOKAWA
コンペティション作品「次は何に生まれましょうか」(監督:野本梢/19分58秒)
KADOKAWA
コンペティション作品「中村屋酒店の兄弟」(監督:白磯大知/44分44秒)
KADOKAWA
コンペティション作品「なみぎわ」(監督:常間地 裕/20分)
KADOKAWA
コンペティション作品「春」(監督:大森 歩/27分)
KADOKAWA
コンペティション作品「ひ なんて、なくなってしまえ!」(監督:平松 悠/6分48秒)
KADOKAWA
コンペティション作品「宮田バスターズ(株)」(監督:坂田敦哉/18分50秒)
KADOKAWA

ゲスト審査員は、映画監督・深田晃司、企画・配給プロデューサーの直井卓俊、トリウッドの大槻貴宏代表、映画評論家・轟夕起夫。審査員によるグランプリと準グランプリ選定のほか、観客の投票による観客賞、日本映画専門チャンネル賞、下北沢商店連合会会長賞を決定する。授賞式前には審査員とノミネート監督全員によるトークセッションも開催する。

【10月14日(月・祝) 昼2:00開映 (昼1:45開場) /北沢タウンホール】

コンペティションゲスト審査員の深田晃司監督
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事で読む