1. トップ
  2. 王貞治氏が20年ぶりに“一本足打法”を披露!黒柳徹子「久しぶりに見られて本当にうれしい」

王貞治氏が20年ぶりに“一本足打法”を披露!黒柳徹子「久しぶりに見られて本当にうれしい」

  • 2019.10.9
  • 229 views
王貞治氏からバットをプレゼントされ黒柳徹子も感激
(C)テレビ朝日

【写真を見る】テレビでは20年ぶりに“一本足打法”を披露!黒柳徹子も感激

王貞治氏が10月18日(金)の「徹子の部屋」(毎週月~金曜昼0:00-0:30、テレビ朝日系)にゲスト出演する。

1976年にスタートし、2019年で44年目に突入した同番組。10月18日に放送1万1111回目を記念し、「1」にふさわしいスペシャルゲストとして王氏が登場する。

黒柳徹子も「『1』といえば王さん! 記念すべき 1万1111回目にふさわしいゲストが来てくださった」と大喜び。2009年以来10年ぶり、「徹子の部屋」5度目の出演となる王氏とのトークを楽しんだ。

スタジオに登場した王氏から「おめでとうございます」と、黒柳に花束とバットのプレゼントが。黒柳はバットの重みに驚きつつも、「私の名前も書いていただいて、すっごくうれしい!」と笑顔に。

37年前に王氏が出演した際の映像を見た黒柳は「ボールはバットのどこに当たるといいんですか?」と質問した自身の発言を振り返り、「当時は本当に野球音痴でご迷惑をおかけしました」と謝罪。

王氏も「そんなことを聞かれたことがなかったので戸惑いましたけど、あらためて映像を見ると、私もいいことを言っていますね(笑)」と当時を懐かしんだ。

黒柳が「王さんがバットを構えている姿が見たい。皆さんもきっと見たいはず」とお願いをすると、2020年80歳になる王氏は「ちゃんと立てるでしょうか(笑)」と、言いつつもバットを手に立ち上がり、テレビでは20年以上ぶりとなる“一本足打法”を披露。

その姿に、黒柳も「久しぶりに見られて本当にうれしい」と感激した。

また、トークでは、現在そして今後の野球界についても語り、「この年になってもときめきます」と語った野球への思い、

伸び伸びと育ててくれた両親や、支え続けてくれる家族への感謝など、黒柳が「素晴らしい人間性」と絶賛する王氏の魅力が詰まった回となる。

【写真を見る】テレビでは20年ぶりに“一本足打法”を披露!黒柳徹子も感激
(C)テレビ朝日

黒柳徹子コメント

「1」と言ったら王さん! 今回、「徹子の部屋」の記念すべき放送 1万1111回目にふさわしいゲスト・王さんにお越しいただきました。

何よりお元気でいらっしゃったことが...とてもうれしかったです。

ホームラン王という世界一の記録をお持ちの王さんから、放送1万1111回の記念に貴重なバットをプレゼントしていただいたんです。サインと私の名前を書いてくださって...すごくうれしいです。大事にしなきゃ!

これで私が練習するわけにはいかないんですけどね(笑)。でも王さんが、バットを持って体を左右に回すといいとおっしゃっていたので、やってみようと思います。

今回、日本が誇る王さんにいろいろなお話をしていただきました。王さんの素晴らしい人間性を皆さまに見ていただけるので、とってもうれしく思っています。

しかも、久しぶりに王さんがバットを構えた姿も見ていただけます。すごいでしょう?

楽しみにしていただければと思います。ぜひご覧くださいね!

王貞治氏コメント

私は選手時代ずっと背番号「1」をつけていたものですから、「1」という数字への思いが強いんです。

記念すべき 1万1111回目に呼んでいただいて、徹子さんとお話をさせていただいたことを大変光栄に思っております。

徹子さんとゆっくりお話するのは本当に久しぶりでした。バットをプレゼントしたんですが、軽く振ると腰の回転になるので、健康にいいと思いますよ。

私も今日は久しぶりにテレビでバットを構えました。野球のOB会などではバットを持ちますけど、野球場以外では、20年以上ぶりになるのかもしれません。

ちゃんと片足で立てるか心配でしたが...やっぱりもう大変でしたね(笑)。(ザテレビジョン)

元記事を読む