1. トップ
  2. 山田孝之「(赤西)仁に教えてもらおうかな」微博Weiboアカウント開設に意欲

山田孝之「(赤西)仁に教えてもらおうかな」微博Weiboアカウント開設に意欲

  • 2019.10.8
  • 440 views
「Bilibili World 2019上海」に登壇した山田孝之
※提供写真

【写真を見る】約3000人のファンと笑顔で写真撮影を行う山田孝之

俳優の山田孝之が、10月4日から6日に中国・上海で開催された大型イベント「Bilibili World 2019上海」に登壇した。

中国の映像配信プラットフォーム「bilibili」が主催する同イベントは、3日間で延べ15万人の動員を記録。日本のアニメやドラマのブースも出店され、ジャパニーズコンテンツの中国での人気の高さが垣間見えるイベントとなった。

約3000人が熱狂!

山田孝之の登場に、約3000人のファンが熱狂!
※提供写真

4日、山田は約3000人を収容するメインステージに登壇し、プレミアムトークショーを開催。会場にはこれまで山田が演じてきた映画、ドラマのキャラクターコスプレに扮(ふん)した人々が多数詰め掛けていた。

山田が同イベントに参加した理由として、自身が出演した作品がビリビリを通じて多くの方に評価されていたことを知り、「中国の応援してくれている方と直接、コミュニケーションをとってみたい」と話し、約40分のトークショーを楽しんだ。

ファンからWeiboアカウント開設を求める声

約40分のトークショーを楽しんだ山田孝之
※提供写真

イベントでは、司会者からの質疑応答や山田にまつわる中国語のキーワードが画面に投影され、推測するゲームなどを実施。特に中国で山田の愛称として親しまれている「熊猫」(日本語訳:パンダ)は、そう呼ばれていることを知っていたようで即座に答えていた。

また、事前に中国で唯一のSNS「ウェイボー(Weibo)」で募集した質問では、「ウェイボーアカウントを開設してほしい」という要望が届けられ、 「(赤西)仁に教えてもらおうかな」と開設への期待を持たせるコメントも。

午後には山田の5年間に密着したドキュメンタリー作品「No Pain,No Gain 完全版」の一部も上映。上映後には約100人との質疑応答に、ドキュメンタリー作品の監督を務めた牧有太(テレビ マンユニオン)と共に登壇し、熱烈な中国のファンとのコミュニケーションを図った。

人気俳優・尹正の投稿が話題に

【写真を見る】約3000人のファンと笑顔で写真撮影を行う山田孝之
※提供写真

また、山田ファンであることを公表している中国の人気俳優・尹正が、イベントに参加できなくて嘆く内容と山田の魅力を売り込む内容のウェイボー投稿をしたところ、 「ウェイボー」話題ランキングで1位を獲得。投稿を受けて山田からサイン、メッセージ入りの色紙を届けた。

なお、10月12日(土)〜25日(金)は、山田がプロデューサーを務めた映画「デイアンドナイト」と、5年間を追いかけたリアルドキュメンタリー映画「TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY『NoPain,NoGain』」が、東京・UPLINK渋谷で再上映される。期間中は作品にまつわるさまざまなゲストが登壇予定。(ザテレビジョン)

元記事で読む