1. トップ
  2. 浜中文一インタビュー/ 衝撃ミュージカルおバカ度MAX!のエロティックコメディーに再び挑む!

浜中文一インタビュー/ 衝撃ミュージカルおバカ度MAX!のエロティックコメディーに再び挑む!

  • 2019.10.8
  • 54 views

ベストセラー官能小説をパロディ化、過激なワードが飛び交う型破りなミュージカル『50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~』が、3年ぶりに新キャストで再演される。「エロバカロックが三度の飯より好き」な河原雅彦の演出のもと、振り切った演技で注目された浜中文一が主演を続投。初演で「念願だった主演作が、こんなにも衝撃的な作品だとは(笑)」と言っていた浜中は、本作品以降、多くの舞台で活躍することになった。

『50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~』
KADOKAWA

物語は、「本を読む会」を開催する主婦3人組が官能小説を選ぶところから始まる。小説に描かれるのは、平凡に生きてきた純真無垢な女子大生・アナと、リッチで色男だが異常性癖を持つ青年実業家・グレイの歪んだ愛のカタチ…。

今回は会場が会場をZepp Nambaに。ロックナンバーに乗せて繰り広げる、おバカ度MAX!のエロティックコメディミュージカルに再挑戦する浜中が、意気込みを語った。

【初演・再演について】

初演はめちゃめちゃ楽しかったです。河原さんも毎日、ニヤけた表情で稽古していて、すごく楽しかった。だから僕はすごく再演したかったんです。内容が内容だけに難しい部分もあるので、再演までに3年かかりましたが、今回もすごくおバカなエロティックコメディミュージカルをお届けします。

【役柄と物語】

若くて有能な青年実業家っていう役どころ。そこだけ聞いたら、すごいカッコイイ感じなんですが、実は異常な性癖を持った役どころで。純粋なアナという女の子と惹かれ合っていくんですけど、異常な性癖を持った彼に対して体当たりで付き合っていく彼女。それに対して、うまく人を愛せない彼がアナにだけはちょっと心開いていくっていうような感じのストーリーになっています。

【演じるポイント】

恥じらいを持たないことですかね。舞台に立つときは恥じらい捨てるんですけど、さらに、エロい言葉とかもいろいろやるので、恥じらいを捨てることが一番大事なことかなと思います。どうせやるんやったらね、思い切りやった方が楽しいんで。

【今回のアナ役は水崎綾女】

スチール撮影の時に、挨拶と同時に先に謝罪しておきました。話を聞くと、もともと原作の映画がすごく好きだったらしくて、初演の僕たちがやった舞台の映像も見てくださってて「私は全然大丈夫です」って言ってくださったんで、すごくホッとしました。あとはもう河原さんの演出次第ですね。それによっては、また謝罪しないといけないかもしれないと思います、はい。

【音楽の印象】

音楽は生バンドで、皆さん素晴らしい演奏。Hな言葉もロックで歌い上げると、すごくカッコイイし。エロい女の人の前で炭酸を飲み干したかのような、さわやかさ、みたいなところがあります。音楽がいいから上品に聞こえるっていうところもあると思うので、音楽にもすごく助けられてますね。ほんとにこの作品は、皆さんの力でスーパーおバカなエロコメに仕上がっていると思います。

【会場のこと】

前回の大阪の時はサンケイホールブリーゼで、キレイすぎて「こんなところでやっていいんかな」みたいな話を河原さんとしていました。すごくいい劇場を汚したみたいな感じだったんで。今回はZeppじゃないですか。Zeppなんかで、この作品やっていいんかなって申し訳ないなって感じです。ちょっと大きすぎるかなと。大きければ大きいほど、エロい言葉も大きく言わなあかんし。こじんまりとね、コソコソっとエッチな言葉を言う分にはいいんですけど、堂々と広い会場でエロい言葉言われてもって、多分お客さんも思うでしょうし。大丈夫ですかね?

【R-15指定】

前回は「なにわ男子」の大西流星が観にこれなかったんで、どうしても流星には観てほしいなと。3年たったんで観にこれると言って、今回はちょっと最前列で観てほしいなと思いますね、はい。

【お客様へのメッセージ】

働いてる方たちが、仕事帰りにビール飲みながら観るのにちょうどいいんじゃないかな。主婦の方も日々のうっぷんを晴らせるんじゃないかなっていう作品です。この作品は、観に来てくださってる皆さんと一緒に、ただバカ騒ぎをするみたいな感覚なんで、軽い気持ちで観に来てくれた方が、こっちは楽というか、助かるというか。男性の方で奥さんいらっしゃる方は、奥さんと一緒に来てくださいって感じですね。奥さん側は近所の方とか誘って観に来てくださるとすごく楽しいと思いますけどね、ほんとに。なので、お待ちしております。

【ジャニーさんへ】

まさかね、20年前に見つけてくれた僕がねぇ、僕がこんな作品に出てるとは、さすがにジャニーさんも思ってなかったと思うんですけど(笑)。ジャニーさんのおかげで、この作品にも出会えましたし、ジャニーさんのおかげでここまで仕事もやってこれましたし。ほんとに感謝しかないですね。ジャニーさんが見つけてくれたからこそ、今の僕があるので、これからもジャニーズ事務所を盛り上げられるように頑張って行きたいと思います。

●STAGE:ミュージカル「50(フィフティ)Shades(シェイズ)!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」

期間:11/29(金)~12/1(日)

会場:Zepp Namba

上演台本・訳詞・演出:河原雅彦

出演:浜中文一、水崎綾女、シルビア・グラブ、野口かおる、青木さやか、福田転球ほか

価格:S 9300円 A 8300円※別途1ドリンク代500円入場時必要

問合せ:キョードーインフォメーション(0570-200-888)

公演HP:https://www.ktv.jp/event/50shades/

はまなかぶんいち●1987年10/5、大阪府生まれ。99年、ジャニーズ事務所に入所。歌唱力と演技力、独特の笑いのセンスを併せ持ち、一目置かれている。近年は舞台でも活躍し、主演舞台「THE BLANK!~近松門左衛門 空白の十年~」で9/27に来阪したばかり。「らじらー! SATURDAY」(毎週土曜21:05~、NHKラジオ第1)に、なにわ男子と共に出演中

取材・文=高橋晴代(関西ウォーカー・高橋晴代)

元記事を読む