1. トップ
  2. ネイル
  3. 派手カラーでもシンプル仕上がり♡クリアベースの塗りかけネイル6選

派手カラーでもシンプル仕上がり♡クリアベースの塗りかけネイル6選

  • 2019.10.7
  • 28997 views

今回はベースカラー×塗りかけネイルを厳選してご紹介します。これなら派手なカラーもおしゃれに、でも控えめに仕上がります♡こなれ感抜群の塗りかけネイルをマスターすれば、使える色の幅が広がるかも♡

塗りかけネイルなら、派手カラーだって大人向きになる?

シャーベットカラーやビタミンカラーは、心をウキウキさせるハッピーな色ですよね♡でも爪に塗るとなると、派手すぎて抵抗がある…ということはありませんか。

特にオフィスで悪目立ちするのでは?という心配も…。大好きな色を諦めなくても良い方法が「塗りかけネイル」。

ベースをクリアカラーにすれば、アクセントカラーを際立たせながら、シンプルに仕上げることが可能なんです!

また塗りかけネイルは「きちんと塗る」という常識し縛られず、自由に筆の乗せればいいので、不器用な人でも試しやすいのも利点です。

雑さ加減がむしろアートに見える、魅力的なデザインなんです!

秋色バーガンディーも塗りかけネイルなら綺麗めカジュアルにキマる!


大人っぽカラーのバーガンディー。

深みのあるカラーで女性らしさを際立たせてくれます。

でも全面に塗ってしまうと重くなりすぎるのが難点…。

塗りかけネイルならバーガンディーカラーの持つ魅力を最大限引き出しつつ、カジュアルな雰囲気に仕上がります。

白や黒と組み合わせて遊んでみるのも楽しい♡

ビタミンカラーが爽やかな三色塗りかけネイル

スカイブルーやレモンイエローなど、ジューシーで爽やかなカラーも塗りかけネイルなら、アーティスティックにキマリます!

境目がマーブル風になったり、垂れた感じも逆におしゃれで素敵♡

クリスタルパーツをつければ、より艶やかに仕上がりますよ。

深みカラーも塗りかけネイルなら重くなりすぎない

ワインレッド、ネイビー、キャメルなど秋に大活躍する深みカラー。

ワンカラーネイルにするとヘビーになりすぎるので要注意!

そんな時は塗りかけネイルで抜け感をプラス。

使いたい色は欲張りに用いながら、軽めな印象を作り出します。

秋カラーに相性のいいゴールドのラメを散りばめれば、デートや特別な日コーデにもぴったりのゴージャスな雰囲気が漂います。

寒色系も塗りかけネイルなら素敵に決まる♡星空風デザイン

魅惑的なパープルとブルーを使って、星空風の塗りかけネイルを作りましょう。

寒色系は派手になりすぎると躊躇する人も多いですが、爪先だけに塗ることで、派手さを抑えられて、クールな印象に。

スパンコールを散りばめると、なお一層煌びやかな夜空が表現できますよ!

甘さ控えめが叶うマット×塗りかけネイル


マット系にまとめると、しっとり大人な雰囲気に早変わり。

クリアベースもマット系にすれば、すりガラスのような変わった質感になります。

合わせるのはブドウ色とエメラルドブルー。

存在感のある色合いですが、マットなテクスチャなので落ち着いた印象に。

可愛い花柄と合わせても、甘くなりすぎず、大人可愛いデザインが作れるのでおすすめです♪

簡単シンプルなのにおしゃれ上級者風塗りかけネイル

ありきたりなデザインに飽きたら、変形フレンチ×塗りかけネイルを組み合わせたシンプルデザインはいかがですか?

凝りすぎないラフなデザインなのに、おしゃれな雰囲気を後押ししてくれます。

使うのはオリーブとオレンジ。

まるで青切りみかんのような甘酸っぱいネイルが出来上がります!


塗りかけネイルは難しいルールや手法は必要ありません。とにかく狙ったところに筆を乗せればOK♪

簡単なのにトレンドのこなれた雰囲気が作れちゃいます!

お気に入りの色を諦めるのは勿体ない!

ベースカラーをクリアにすれば、主役級の派手カラーもラフカジュアルに仕上げることができますよ♡

元記事を読む