1. トップ
  2. 福山雅治、“同い年”石田ゆり子とのラブストーリーでの初共演は「運命」

福山雅治、“同い年”石田ゆり子とのラブストーリーでの初共演は「運命」

  • 2019.10.7
  • 230 views
映画『マチネの終わりに』で初共演!
KADOKAWA

【写真を見る】石田ゆり子、シースルーの美しいブラックドレスで登場!全身写真

芥川賞作家、平野啓一郎の同名小説を映画化した『マチネの終わりに』(11月1日公開)の完成披露試写会が10月7日に東京国際フォーラムで開催され、福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、板谷由夏、古谷一行、西谷弘監督が登壇。初共演を果たした福山と石田が強く惹かれ合う男女を演じたが、福山が「運命の共演です」と笑顔を見せた。

『マチネの終わりに』の完成披露試写会が開催された
KADOKAWA

本作は東京、パリ、ニューヨークの彩り豊かな街並みを舞台に、音楽家とジャーナリストの男女二人が、出会い、悩み、そして愛した6年を描くラブストーリー。福山が、天才ギタリストとして名を馳せるも、現状の演奏に満足ができずに自分の音楽を見失い苦悩する蒔野聡史役。石田が、蒔野と惹かれ合うヒロインのジャーナリスト、小峰洋子役を演じる。

原作者の平野と一緒に試写を観たという福山は、「原作者の方がいる試写で観るのは緊張するんですが、『いかがでしたか?』と聞いたら、平野さんが『まさか自分が書いた小説の映画を観て泣けるとは思いませんでした』とおっしゃってくださった。こんなにうれしい褒め言葉ない。ホッとしました」と感激の想いを語った。

25年ほど前にCMでの共演はあるものの、福山と石田には映画やドラマでの共演歴はなく、石田が「同い年なんですよ」と切り出すと、会場からも驚きの声が上がる。福山が「えー!ってどういう意味?」と会場にツッコミを入れるなか、石田は「とあるCMでご一緒して以来、一度もドラマでも映画でもお会いしたことがなく。この作品で福山雅治さんとご一緒することになっていたんだなと。感無量でございました」としみじみ。福山も「運命の共演です」とニヤリと語り、会場の笑いを誘った。

運命を感じたという福山は、「僕のなかでは、洋子という役を石田さんをイメージして(原作を)ずっと読んでいた。早く洋子に会いたい。『オー・ヨーコ』という思いで初日を迎えた」とジョン・レノンの楽曲にかけて話し、再び石田と会場を笑わせていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

元記事で読む