1. トップ
  2. ホテル椿山荘東京で大人ハロウィン 秋の食材を使ってリアル&かわいいを表現

ホテル椿山荘東京で大人ハロウィン 秋の食材を使ってリアル&かわいいを表現

  • 2019.10.7
  • 917 views
約20種の茶葉の紅茶と楽しむハロウィンアフタヌーンティー
KADOKAWA

【写真】おばけやコウモリなど、ハロウィン仕様のキュートなスイーツ

ここ数年、ますます盛り上がりに拍車をかけているハロウィン。大人も子どもも仮装して街なかを歩き、街中にはハロウィンの装飾があふれている。家の中を飾りつけ、ハロウィンにちなんだフードやスイーツで楽しむおうちハロウィンも定着しつつある。そんな中、ホテル椿山荘東京では、非日常空間で大人が楽しめるハロウィンアフタヌーンティーを提供。ホテルならではの、秋の食材を使ったリアルでかわいいハロウィンを優雅に体験できる。

見た目もかわいいハロウィンスイーツ

【写真】おばけやコウモリなど、ハロウィン仕様のキュートなスイーツ
KADOKAWA

アフタヌーンティーは、プチスーツやサンドウィッチのセイボリーなどを、ゆっくり時間をかけて楽しむことが醍醐味。ホテル椿山荘東京のアフタヌーンティーは3段のプレートに、上段はスイーツ、中断にスコーン、下段にセイボリーがのる。ハロウィンらしさを演出した上段には、オレンジ×紫のハロウィンカラーの「ブドウとブラッドオレンジジュレ」や、リアルなおばけをかたどった「竹炭のシュークリーム」、コウモリのクッキーを添えた「紫芋のモンブラン」など、見た目にもかわいいプチスイーツが並ぶ。

栗や柿など秋らしい食材が彩る

スイーツと塩気のあるセイボリーの至福の組み合わせ
KADOKAWA

中段にはスコーン。定番のプレーンスコーンはホテル椿山荘東京で27年以上も愛される人気の逸品。それに季節の味として、栗を砕いて混ぜ込んだ「栗のスコーン」と柿のピューレを練り込んだ「富有柿のスコーン」が並ぶ。スコーンに合わせるのは、通常のクロテッドクリームと初登場のグリオットチェリーのクロテッドクリーム。フレーバーの違うクロテッドクリームとスコーンをいろいろ組み合わせて楽しめる。そして、下段にはサンドウィッチやトルティーヤ、「ベーコンとオニオンのミルフィーユ」など、スイーツとも紅茶とも合うセイボリーが4種。しかも、練乳クリームを牛耳で包んで作られたミニおばけが隠れているという、かわいいイタズラも。約20種の茶葉がそろう紅茶は、種類を変えてのおかわりが自由。ウェルカムドリンク付きプランでは、オレンジとスパークリングを合わせ、巨峰ジュースをグラデーションにした「ハロウィンスパークリングカクテル」からスタート。ホテル椿山荘東京でちょっと特別な秋の一日を過ごしてみては。(東京ウォーカー(全国版)・岡部礼子)

元記事を読む