1. トップ
  2. レシピ
  3. 神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【バルサミコ香るさんまの一汁一菜】

神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【バルサミコ香るさんまの一汁一菜】

  • 2019.10.7
  • 988 views

秋といえば、さんま! 神山まりあさんも四季折々の旬の食材には目がないそうです。今回は旬のさんまを使った、簡単オーブン料理をご紹介。焼き上がりまでの時間を使って汁ものを作れば、手軽でおいしい秋の一汁一菜が完成します。

バルサミコの香りが食欲をそそる、秋の味覚

焼きさんまといえばお醤油というイメージが強いですが、バルサミコもお醤油のようなうまみがあって、さんまとの相性◎。お酢なので、さんまの脂もさっぱりといただくことができます。ごはんはもちろん、パンにもぴったりのメニューです。

さんまとエリンギのオーブン焼き
材料 2人前
  • さんま 2匹
  • エリンギ 2パック
A
  • 塩、ブラックペッパー 少々
  • 刻みにんにく 1かけ分
  • オリーブオイル 適量
B
  • バルサミコ酢 50ml
  • 蜂蜜 大2
  • 醤油 大1
作り方

1.さんまは腹側に長めに切り目を入れ、包丁で内臓とり流水で洗う。頭と尾を切り、3等分にする。

2.エリンギは手で縦にさく。オーブンを180度に予熱しておく。

3.1のさんま、2のエリンギを入れてAをすべてかけたら180度のオーブンで約20分焼く。

4.オーブンで焼いている間にソース作り。Bを合わせてフライパンに入れ、とろみがつくまで煮詰める。

5.オーブンから取り出した3をお皿に盛り付け、4をかければ完成!

待ち時間で完成。汁物&ご飯のお供

あるとうれしい汁物とご飯のお供。温めるだけ、焼くだけとメインのでき上がりを待っている時間で手早く作れる2品をご紹介します。

長芋のすり流しみそ汁

麦とろごはんからヒントを得たスピードメニュー。長芋は生でも食べることができるので、温める程度に火が入ればOKの手軽さがうれしい一品です。

材料 2人前
  • 長芋 150g
  • だし汁 500ml
  • 麦みそ 大2
  • 小口ネギ、七味 (お好みで)
作り方

1.長芋をすりおろす。

2.だし汁を火にかけて煮立ったらみそを溶き、1を流し入れる。

3.少しあたたまるまで待ち、お好みでネギと七味をふる。

麦焼きみそ

香味野菜をごま油で炒め、甘みをつけた焼きみそ。余ったら容器に写して冷蔵庫で保存すると、2週間は日持ちします。野菜につけたり、おにぎりにつけて食べるのもオススメです。

材料 しゃもじ2枚分
  • 麦みそ 100g
  • ネギ 半分
  • しょうが 2かけ
  • 大葉 10枚
  • ごま油 大1
  • みりん 大2
  • 砂糖 大2
作り方

1.ねぎ、しょうが、大葉をみじん切りにしておく。

2.フライパンにごま油と1を入れ炒め、香りがでたら残りをすべての調味料を入れて弱火で鍋底全体を焦げつかないように混ぜる。

3.2を冷やし、しゃもじに塗り、コンロの直火で焼き付ける。

バルサミコ酢で作ったソースとさんまの香りにまりあさんも「いい香り〜」と、思わずうっとり。さんまを一口食べると「手がかかっているように見えるのに、簡単でおいしい」とニッコリ。焼きみそとご飯の組み合わせも気に入った様子で「焼きおにぎりにしたり、お弁当に入れてもいいかも!」と大喜びでした。

Photo:Warach Pattayanan(vvpfoto)

田中美奈子

料理家・フードコーディネーター・カフェディレクター

http://life-kitasando.com/

「DEAN&DELUCA」でカフェマネージャー、ドリンクの商品開発として勤務したのち独立。カフェレストランのオーナーシェフとバリスタを経て、現在はカフェ店舗商品開発やコンサル、フードコーディネートなどを幅広く手がける。

元記事で読む