1. トップ
  2. ヘア
  3. 「縦巻き」をやめるだけで若返る!老け見えしないロングヘアの巻き方2ステップ

「縦巻き」をやめるだけで若返る!老け見えしないロングヘアの巻き方2ステップ

  • 2019.10.8
  • 32457 views

ロングヘアでやりがちなのが、髪の中間から毛先にかけてコテでグリグリと巻くこと。ですが、巻き方を間違えると、一昔前のおばさんスタイルへ直結してしまいます。

今回、おばさんっぽくならない巻き方を教えてくれるのは、表参道にある美容院・ABBEYスタイリストの小口瑛李奈さん。

「今回ご提案するのは、毛先と表面の毛束に動きをつけた、ラフな印象の巻き髪スタイル。ウェーブをつけるように巻いてしまうと古臭い印象になってしまうので、毛先はワンカール、表面の細い毛束を数カ所だけ巻いています」(小口さん)

この巻き方は、輪郭や頭の型をカバーすることも可能なのだそう。

「髪の表面を巻くことで、トップ、サイド、顔まわりに動きが出ます。毛束がふんわりと動くことで輪郭が強調されにくくなる効果が。頭の型も綺麗に見えるのでハチ張り、絶壁の方にもオススメです」(小口さん)

古臭くなく、輪郭も綺麗に見える巻き髪スタイル。その簡単2ステップをご紹介します。

■髪型: 細い毛束がふわっと動く、柔らかい印象の内巻きスタイル

丸顔のロングヘア代表:宮内明美さん(44歳/会社員)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
宮内さんのHAIR CHART
  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

「ベースはワンレングス。表面を巻いた時にしっかりと動きが出るよう、表面に少しだけレイヤーを入れています。レイヤーを入れることで、トップをボリューミーに見せる効果もあります」(小口さん)

■スタイリング: 毛先と表面を巻くだけの簡単2ステップ

「毛先をすべてワンカールしておくのがポイント。毛先はカールが落ちにくく、一日中スタイル動きのあるスタイルを楽しむことができます」(小口さん)

スタイリング前
■1: 毛先をすべて内側にワンカールする
コテは32mmを使用。毛束をざっくりと取って全方位内巻きに。ワンカール程度でOK。
コテは32mmを使用。毛束をざっくりと取って全方位内巻きに。ワンカール程度でOK。
■2: 表面の毛束をランダムに巻く
表面の毛束を爪でつまんで引き出し、コテで中間を巻く。ランダムに毛束を取って巻くと自然な仕上がりになる。
表面の毛束を爪でつまんで引き出し、コテで中間を巻く。ランダムに毛束を取って巻くと自然な仕上がりになる。
〈丸顔ロングヘア スタイリングのコツ3か条〉
  1. ■毛先を巻く時は太めのコテで巻く
  2. ■太めのコテで巻くと毛束にツヤが出る
  3. ■スタイリング剤をつけるとよりツヤやかに!

「仕上げにオイルなどのスタイリング剤をつけるとみずみずしい毛束感に仕上がります。髪につける時は根元につけないこと。ボリュームが潰れてしまうので、毛先を中心になじませてください」(小口さん)

ABBEYスタイリスト・小口瑛李奈さん。食べることが好きだという小口さん「休日は美味しいものをよく食べに出かけています」
ABBEYスタイリスト・小口瑛李奈さん。食べることが好きだという小口さん「休日は美味しいものをよく食べに出かけています」

問い合わせ先

ABBEY
住所/東京都港区南青山5-7-23 始弘ビル 2F
TEL:03-5774-5774
営業時間:平日:11:00~21:00、土・日・祝日:10:00~19:30
定休日: 毎週月曜日・第2・3火曜日

骨格と毛流れを考慮した美しさ、毛量と髪質に合わせた再現性の高いデザインが魅力。
骨格と毛流れを考慮した美しさ、毛量と髪質に合わせた再現性の高いデザインが魅力。
元記事を読む