1. トップ
  2. ファッション
  3. 【秋のニット】重ねる・はおる|秋の定番アイテムの選択基準

【秋のニット】重ねる・はおる|秋の定番アイテムの選択基準

  • 2019.10.5
  • 3390 views
undefined

1つで完結してしまうニットもいいけれど、スタイリングの楽しみが広がる「重ねる・はおる」ニットにフォーカス。必然的にインナーを要するから、重ねたときを見越した「見た目以上」の理由があるともっといい。4つの視点で、レイヤードがうまくいくニットだけにこだわりました。

01:TEXTURE | 「素材」で選ぶ
>> 素肌になじむ心地よいテクスチャー
キャミソールやタンクトップなど肌感のあるインナーから連想するのは、肌にふれてもなめらかな質感を重視したニット。見た目にも心地よい、余白のあるシルエットも選びの基準。

CASHMERE


ボタンレスのくつろぎにセンシュアルなキャミが映える
白カーディガン 49,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 白キャミソール 18,000円+税/デ・プレ ベージュデニムパンツ 16,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ガウンのようにラフなカーディガンと、胸元で生地が泳ぐキャミの女っぽさ。クリーンな白だからより生きる、カシミヤニットやサテンの上質素材で、品よく気だるく。

SHAGGY WOOL


ぬくもりのあるブラウンは着心地もふんわり軽やか
ブラウンカーディガン 25,000円+税/Shetland Woollen Co.(グラストンベリーショールーム) ベージュリブタンク 7,900円+税/Jilky ダークブラウンオールインワン 42,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) ハット 11,000円+税/WYETH(THIRD MAGAZINE) ニットの表面を起毛させることで、やわらかな雰囲気とさわり心地を実現。ほっこりしない絶妙なサイジング。

MOHAIR


コシのある風合いと大人びたグレーがどこかクールな趣に
グレーカーディガン 26,000円+税/ハーレー オブ スコットランド(フレームワーク ルミネ新宿店) ライトグレーキャミソール 18,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) ブルーパンツ 19,000円+税/GALERIE VIE(GALERIE VIE 丸の内店) 白ブーツ 24,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 毛足の長いリッチなモヘアでカジュアル以上へ。

+ BURGUNDY


アカデミックなバーガンディとドット柄のギャップ
バーガンディカーディガン(メンズ) 16,800円+税/MORRIS & SONS(ビショップ) ドット柄シャツ 12,400円(税込み)/BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック) 黒レザースカート 86,000円+税/GABRIELA COLL GARMENT(THIRD MAGAZINE) バッグ 13,000円+税/FILL THE BILL(4K) シャツの甘い印象に対して、おじさん的ムードをたずさえた渋い赤で大人のこなれ感を。

+ LIME GREEN


端正なスタンドカラーを和らげる起毛素材のライムカラー
ライムモヘアカーディガン 45,000円+税/ロク(ロク 渋谷キャットストリート) 白ブラウス 33,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) デニムパンツ 23,000円+税/FILL THE BILL(4K) ピアス 12,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) ダブルウェーブイヤカフリング(人さし指) 14,000円+税/ココシュニック ブラウンブーツ 18,900円+税/A de Vivre


02:COLOR | 「色み」で選ぶ
>> 甘い白に似合う「なつかしい色」
レースやドット柄など大人の甘さを秘めた白ブラウスは、ヴィンテージライクを装う渋みのある色と好相性。さまざまな「甘い白」から逆算した、レイヤードをご紹介。

DUSTY GREEN


グリーンカーディガン 32,000円+税/デ・プレ ドット柄シャツ 14,000円+税/OSKER(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) モダンなモノトーンドットは、ピスタチオカラーでレトロな方向へと導いて。

DEEP BLUE


ブルーカーディガン 12,800円+税/トリコ ジャンマルク(カージュ ルミネエスト新宿店) 白チュニック 41,000円+税/ENFOLD 濃いブルーにくすんだオフ白では垢抜けない。構築的でクリーンな白なら、品性を維持。

SAXE BLUE


ブルーカーディガン 20,000円+税/エルマフロディット(アンシェヌマン) ボウタイブラウス 29,000円+税/THIRD MAGAZINE シルキーなボウタイシャツと透けるモヘア素材。隙のある素材どうしで、センシュアルに。

DEEP RED


赤カーディガン 13,800円+税/トリコ ジャン マルク(ジャーナル スタンダード 表参道) 白フリルブラウス 1,900円+税/原宿シカゴ神宮前店 大げさなフリルブラウスは、深いオレンジのような渋い赤で甘さを引き算。

03:STYLING | 「着方」で選ぶ
>> スタイリングから逆算する「長い」と「短い」
「こう着たい」を軸にニットを選ぶのも手。着るだけでムードをつくるロング丈とひかえめに引き締めるショート丈。それぞれの特性を生かした着こなしとともにナビゲート。

LONG
ひっかけるように「軽量なロング」
ストールをまとうような感覚で、着るのではなくニュアンスを加えるための着丈の長いカーディガン。旬なサテンやレザー調の素材を柔和に見せるための役割としても活躍。


ソフトに包み込むことでドレッシーなサテンに親しみを
ブラウンカーディガン 27,500円+税/アクアガール(アクアガール丸の内) ブラウンサテントップス 15,000円+税/ELK(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 黒スキニーパンツ(オンライン限定) 6,990円(税込み)/Gap(Gap 新宿フラッグス店) イヤリング 4,167円+税/COS(COS 銀座店) 黒シューズ(P155) 9,990円(税込み)/BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック) トーンも質感も異なるブラウンをレイヤード。


SELECT POINT
□素材の特性をじゃましないなじみのいいニュアンスカラー
□ざっくりはおれる力まないサイジング

+ ECO LEATHER & SATIN


「2つのツヤ」の緊張感をゆるめて品を保つガウンの実力
グレーガウンカーディガン 49,000円+税/R JUBILEE(ショールーム セッション) グレーベージュフェイクレザーシャツ 14,500円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) 白タートルカットソー 10,000円+税/SLOANE ベージュプリーツスカート 21,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 新宿店) 編み地の細かいガウンニットなら、上品さはそのまま。

+ SATIN


リュクスな光沢を放つパンツにプラスに働くやぼったさ
ブラウンカーディガン 69,000円+税/エルマフロディット(アンシェヌマン) カーキニットタンクトップ 13,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) ライトグレーサテンパンツ 11,000円+税/SNIDEL(SNIDEL ルミネ新宿2店) ハンサムなボトムの整え役に抜擢したいのが、キレイめだけどどこかやぼったさのあるシャギーニット。カシミヤ100%の上質さで、ラクだけどラフじゃない。

+ ECO LEATHER


異なる白を欲張ってプレッピーなムードへ方向転換
白カーディガン 68,000円+税/ELIN(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) 白ロングスリーブTシャツ 18,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) アイボリーフェイクレザースカート 29,000円+税/ロンハーマン パキッとした白Tにレザースカートを合わせたカジュアルな上下。フロントボタンや軽量ながら厚手のフェルト素材が大人なカーデで、ひと味違うワントーンが完成。


SHORT
のぞかせる前提で「丸みのあるショート」
すそからインナーをのぞかせて、ショート丈ニットにリズムを与えるレイヤード。ストレートなシャツにメリハリを生む、ボリューミィなシルエットが正解。


質感やサイジングで遊ぶ抑揚のあるALLホワイト
アイボリーニット 69,000円+税/アイ ラブ ミスター ミトンズ(RHC ロンハーマン) 白シャツ 32,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) アイボリーパンツ 14,000円+税/マカフィー(TOMORROWLAND) サングラス 38,000円+税/ayame(アヤメ) バッグ(レザーバッグつき) 55,000円+税/ア ヴァケーション(アマン) サンダル 4,900円+税/センスオブプレイス(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店)


SELECT POINT
□インナーとの対比が楽しめる丸みを帯びたボリューム感
□編み地やデザイン…「どこかカジュアル」が今っぽい


白アランニット 20,000円+税/ヴァイオレット ルーム(カージュ ルミネエスト新宿店) 重ねやすいすそ広がり。


ブラウンケーブルニット 62,000円+税/アイ ラヴ ミスター ミトンズ(アクアガール渋谷) 編み地がユニーク。


グレーVネックカーディガン 45,000円+税/シー ニュー ヨーク(ブランドニュース) レトロなウッド調ボタン。


ブラウンアシンメトリーカーディガン 22,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) スムースな質感。


黒2wayショートニット 21,000円+税/TOMORROWLAND ウール100%を使用した、着心地のいいモヘア。


グリーンニット 42,000円+税/エリカ カヴァリーニ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) 白が映える。


04:NEW ONE | 「目新しさ」で選ぶ
>> わかりやすく気分が変わる新鮮味を重視
せっかく買うなら、「今までと違う」を基準にセレクト。変化をとげたニットなら、おのずと重ねるものも少し変わる。いわばスタイリングの幅を広げるための1着です。

ARAN PATTERN「シンプルが”もつ”編み地の凹凸」
ヴィンテージライクな風合いやニット特有のあたたかみを助長する編み地のニュアンス。レトロ気分の高まる今こそ、なじみのいい柄として利用したい。

CARDIGAN & PULLOVER


白カーディガン 19,800円+税/アルダニー(フリークス ストア渋谷) カーキジャンプスーツ 42,000円+税/Yarmo(グラストンベリーショールーム) 眼鏡 43,000円+税/ayame(アヤメ) バッグ 39,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 黒パンプス 33,000円+税/REGAL(リーガルコーポレーション) 男前なジャンプスーツがなごむかぎ針編み。


エクリュニットカーディガン 34,000円+税/Letroyes(八木通商) ロープ編みが女性らしい。


白ニット 49,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) ポンポンがついたやぼったさが新鮮。

VEST


 黒ベスト(共布リボンベルトつき) 16,000円+税/Mylanka 白ロングシャツ 12,000円+税/ROSE BUD 新宿店 黒プリーツスカート 59,000円+税/ebure 時計 30,000円+税/セイコーセレクション(セイコーウオッチ お客様相談室) ソックス 1,800円+税/シックストックス(ノーデザイン) 黒ローファー 48,000円+税/Sanders(グラストンベリーショールーム) ベストも長め丈でルーズに。


モカピンクニットベスト 7,900円+税/KBF(KBF ラフォーレ原宿店)


赤ニットベスト 32,000円+税/ADAWAS(ショールーム セッション)


CHECK「ジャケット手前の風格」
ツイード風のチェックや前身ごろの装飾。それだけでクラシカルなたたずまいのカーディガンなら、さらっと重ねるだけで着映えする。

カジュアルに深みをもたらすジャケットのような存在感


イエローカーディガン 43,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 青山店) 中に着た黒タートルカットソー(9月末発売予定) 8,990円(税込み)/BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック) イエロータートルカットソー 12,000円+税/ロク(ロク 渋谷キャットストリート) 黒リブスリットスカート 6,500円+税/KBF(KBF ラフォーレ原宿店) 黒スニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

VOLUME NECK「マフラーのようなボリュームネック」
顔が埋もれるほどのルーズなタートルネック。レイヤードするなら「締め色のインナー」で、内側からバランスを整えるように。

包まれるような安心感とボリュームのインパクト


アイボリービッグタートルニット 19,000円+税/OSKER(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 中に着たハイネックプルオーバー 37,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) バーガンディトレンカパンツ 11,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) ルーズとタイト、違いのあるそでのレイヤードがポイント。

BIG ENSEMBLE「アンサンブルさえオーバーサイズ化」
アンサンブルのコンサバなイメージを払拭する、大胆なサイジング。ニットにニットを重ねても、もたつかないシルエット。

あえてマニッシュを貫く進化したアンサンブル


ネイビーカーディガン 83,000円+税、プルオーバー 66,000円+税/ともにザ ストア バイ シー(ザストアバイシー代官山店) ブラウンハーフパンツ 28,000円+税/GALERIE VIE(GALERIE VIE 丸の内店) サングラス 35,000円+税/ayame(アヤメ) 同じ素材のカーデとプルオーバーをアンサンブルに見立てたレイヤード。よくあるパンツスタイルも見違える。

オリジナルサイトで読む