1. トップ
  2. 松重豊、“年の差夫婦”の不安を救ったのは北川景子のサッパリとした一言!

松重豊、“年の差夫婦”の不安を救ったのは北川景子のサッパリとした一言!

  • 2019.10.5
  • 2180 views
一回り以上年が離れた夫婦を演じた松重豊と北川景子
KADOKAWA

【写真を見る】北川景子、若草色のワンピースで登場「きれい!」と歓声を浴びた

自身の体験を基にしたヒキタクニオによる同名エッセイをもとに映画化した『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』の公開記念舞台挨拶が10月5日に新宿ピカデリーで開催され、松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督が登壇した。松重と北川が年の差夫婦を演じた本作。北川と夫婦に見えるか心配で仕方なかったという松重が「クランクインの日、北川さんに『大丈夫かな』と言ったら、北川さんが『そんなに年、離れましたっけ?』って。この一言でコロッと救われた。その言葉に乗せられて今日まで来たようなものです」と北川のサッパリとした一言に助けられたことを明かした。

『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』の公開記念舞台挨拶が開催された
KADOKAWA

名バイプレイヤーとして知られる松重が、映画初主演を務めた本作。一回り以上年が離れた妻のサチ(北川)と暮らす49歳のヒキタ(松重)が、妻からの「ヒキタさんの子どもに会いたい」という言葉をきっかけに、夫婦で妊活に励む姿を描く。

北川は「松重さんとは何度も共演させていただいて、どんな方かも知っていたし、なんの心配も不安もなくクランクインした」とニッコリ。「ヒキタさんとサチさんには、すごく夫婦の絆がある。私も松重さんも何度もご一緒していて、心置きなく話せる関係性だったので、できたんじゃないかと思う」と絶大な信頼とともに撮影に臨んだと話すと、松重は「生々しいシーンがないから救われた」と照れ笑いを見せていた。

また撮影現場では、北川がスタッフ全員の癒しとなっていたことも明らかとなった。松重は「スタッフは男性陣が多かった。サチという女性は、美しくて可憐で儚くて、ものすごく愛おしい存在。その愛おしさをスタッフ全員で共有していた」と切り出し、「とにかくみんなが北川さんに気に入られようとしていた」と暴露すると、会場も大爆笑。すべての撮影が終わる前日に北川がクランクアップしてしまったそうで、北川不在の撮影の最終日は「スタッフの間で怒号が飛び始めた」とも。松重は「サチロス。こんなに殺伐とするのかと思った」と語っていた。

「いろいろな映画に百何十本と関わってきた」という松重だが、「だいたいクランクアップの日に台本を破り捨てる」と語る。「どんどん捨てていかないと悪用されて、怒られるから」と転売対策のためだそうだが、「この作品に関しては、昨日まで宣伝活動をして、台本を常にカバンに入れている日々が続いた。台本にも愛着がわいてきて、破り捨てるつもりだったけれど、僕の棺桶に入れてもらおうかな」と愛情を傾けていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

元記事を読む