1. トップ
  2. 「論う」ってなんて読む?「ろんう」でないことだけは確か

「論う」ってなんて読む?「ろんう」でないことだけは確か

  • 2019.10.8
  • 19961 views

「論う」の読み方は? 大人の女性が論うのって、あり? なし?

「論じる」という表記はよく目にしますが、こちらは?
「論じる」という表記はよく目にしますが、こちらは?

「論(ろん)じる」「弁(べん)ずる」「談(だん)じる」…話し合いや、議論することを表現する日本語はたくさんありますね。

大人の議論でしっかりと自分の意見を伝えるためには、豊富な語彙力を身に着けたRespect(尊敬される)女性でありたいですね。しかし、議論に熱中しすぎると、危険な過ちをおかしてShame(残念な)女性になってしまうことがあります。「そんな女性にならないよう、気をつけたい…」。

今回は、そんな警笛を鳴らしてくれる日本語クイズです。

【問題1】

「論う」という日本語の読み仮名をお答えください。

※即答できない方は、スクロールしてヒントをご覧ください

「○○○○う」と、かな4文字です。
「○○○○う」と、かな4文字です。

ヒント1:意味は「論じたてる」「ささいな非などを取りたてて言う」です。

ヒント2:使用例「君がいくら正しくても、そうやって僕の悪いところを論われると、話し合う気が失せちゃうよ」

…さて、正解は?

正解は… 論(あげつら)う です。
「あげつらう」、あまりいいイメージの言葉ではありません。
「あげつらう」、あまりいいイメージの言葉ではありません。

みなさま、人の非を「論って」いませんか?

ヒントの例文のような言葉、言われたことはないでしょうか?

普段は理性的な人でも、話し合いに熱中するあまりヒートアップし、相手の非を「あげつらって」しまう…こういった話は、家族や恋人同士など、親しい間柄でよく起こりがちです。

言葉は時に、刃物のような鋭さを発揮してしまうもの。

語彙力の豊富な、理知的な方ほど、鋭い言葉をたくさん持っている、ということになります。家庭内でもオフィスなどでも「論う」状態にならないよう、気をつけてまいりましょう。

…というところで、2問目です。

【問題2】

「議す」という日本語の読み仮名をお答えください。

※即答できない方は、スクロールしてヒントをご覧ください

思ったまま読んでみてください。

ヒント1:意味は「集まって、意見を述べ合う」です。

ヒント2:使用例「感情にまかせた文句を言い合うんじゃなく、今後の事を建設的に議するために、会ったんじゃないか…」

さて、正解は?

正解は… 議(ぎ)す です。
問題について「議する」という言い方、しますよね?
問題について「議する」という言い方、しますよね?

実は難読問題ではないのです。「このパターンは難読よね?」と、考え込んでしまった方がいらしたら、ごめんなさい。こちらは実は、易しい問題でした。

易しい、といえば、優しさも、話し合いの場では大切な要素です。

相手を論破したい、という場合も、言い負かすよりは、こちらの意見に納得して受け入れてもらう、というのが理想的ですよね?

大人の女性たるもの、優しい気持ちで相手を思いやりながら、豊富な語彙力を持って、理知的に話し合いに挑みましょう。

元記事を読む