1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 実は間違いだらけ?デリケートゾーンと膣の正しいケアとは

実は間違いだらけ?デリケートゾーンと膣の正しいケアとは

  • 2019.10.4
  • 71118 views

正しい洗浄と保湿でデリケートゾーンの3大お悩みを解決!

南上さん(以下、南上):デリケートゾーンの中でも外陰部のお悩みトップ3は、ニオイ、かゆみ、おりものです。まずデリケートゾーン専用のソープで外陰部をきちんと洗い、清潔に保つことが大切です。

仁平さん(以下、仁平):専用ソープがあるとは知らず、ボディソープで洗っている人は多いですよね。

南上:そうなんです。なぜボディソープがNGかというと、デリケートゾーンはpH値が体の他の部分より低く、弱酸性だからです。アルカリ性のボディソープで洗うとpHバランスが崩れ、きちんと洗っているつもりでもバリア機能が低下し雑菌が繁殖しやすくなるんです。おりものは本来不快なニオイがないのに、間違った洗い方をしてニオイがキツクなることも。

仁平:デリケートゾーンは顔の皮膚より繊細なので、ごしごし洗いも禁物ですね。ボディブラシやタオルで洗うと皮膚を傷つけてしまいそう。

実は間違いだらけ!? デリケートゾーンと膣の正しいケアとは
Photo by Shoko Matsuhashi

南上:ニオイが気になるからと言ってごしごし洗うと、摩擦や刺激が黒ずみの原因に。専用ソープをよく泡立て、V・I・Oゾーンを指でゆっくり優しく洗うのがおすすめです。仁平さんがデリケートゾーンのケアで気を付けていることは?

仁平:汚れがたまりやすい膣の大陰唇と小陰唇のひだも指を使って丁寧に洗いたいですね。そのためにはデリケートゾーンの構造を理解する必要があります。鏡を見て顔のお手入れをするように、みなさんにもデリケートゾーンも鏡でチェックしながら洗う習慣を付けてほしいです。女性にとって大切な体の一部なので、恥ずかしがる必要はまったくありません!

南上:あとは、洗浄後の保湿も大切です。デリケートゾーンは水分を蓄える角質の層が顔の半分以下。だから乾燥しやすく、専用のローションやオイルクリームを使いしっかり保湿することをおすすめします

仁平:これからはフェイスケアと同じくらい、デリケートゾーンにも気を配る女性が増えてほしいですね。

実は間違いだらけ!? デリケートゾーンと膣の正しいケアとは
Photo by Shoko Matsuhashi

オイルマッサージと膣トレでしなやかな膣をつくる

仁平:私は南上さんと知り合ってから週に一度、植物性の専用オイルで膣マッサージを続けているんです。南上さんおすすめの「インティメール バーシングオイル」を愛用しています!

南上:このオイルは、膣になじみやすいアプリコットやマンゴーの種子オイルを配合しているんです。マッサージ効果で膣に弾力と潤いが蘇り、粘液の分泌も活性化。すると、血流が促進され卵巣の働きやホルモンバランスが整います。オイルマッサージを始めてから、体にどんな変化を感じていますか?

仁平:私の場合、膣だけでなく髪や肌など全身の潤いがアップしたのか、まず肌などが乾燥しにくくなった感覚がありました。特に乾燥が気になる冬は潤いを感じやすかったので続けています。膣は肌よりも成分の吸収が高いと言われていますが、それ以来、吸収率の高い膣にこそ、上質なケアアイテムを使いたいと思うようになりました。

南上:「贅沢するなら膣から」ってすごく美意識が高いですね。週一で膣マッサージを行うと膣がふわふわになり、感触の変化を自分の指で実感できるはず。やり方は、オイルを塗布した指を膣に入れて軽くタッピングするようにマッサージしてくださいね。

仁平:若々しい膣を維持するには、骨盤底を引き上げる「会陰の引き上げ」もおすすめ。肛門と膣の間を引き上げると膣がキュッと締まります。感覚がわからない人は、床に両肘をついて四つん這いになり腰の位置を高くして行うと、キュッと締まる感覚が掴みやすくなります。膣まわりの筋肉が硬いと引き上げにくいので、できない人ほどオイルマッサージが必要ですね。

南上:膣がきちんと使えるようになると、尿漏れ防止にも効果的。しなやかな膣作りは妊活にもいいので、若いときから膣マッサージ&膣トレを始めてください!

実は間違いだらけ!? デリケートゾーンと膣の正しいケアとは
Photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…
(右)仁平美香さん
ヨガ講師(月経血コントロールヨガ、産後ママのためのメンテナンスヨガ、体軸ヨガ講師養成スクール講師)、セラピスト(内臓・骨盤底ケアforwomenなどのメニューを担当及び整体スクール講師)、栄養士。一般社団法人日本ホリスティックヘルスケア協会理事。女性のためのヨガ協会代表。女性のためのイベント医師もすすめる血管美人ヨガ』など著書多数。雑誌・WEBなどでコラム監修も行う。

(左)南上夕佳さん
植物療法士、ルボア フィトテラピースクール副代表、AMPPマスターフィトテラピスト、INTIME ORGANIQUE by leboisインストラクター。ホルモンバランスを崩したことをきっかけに植物療法専門校「自然ぐすり生活』がある。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

オリジナルサイトで読む