1. トップ
  2. 千葉のおすすめ紅葉スポット5選!アウトドアレジャーとともに紅葉を楽しもう

千葉のおすすめ紅葉スポット5選!アウトドアレジャーとともに紅葉を楽しもう

  • 2019.10.4
  • 1692 views

10月も近づき、日本各地で秋の便りが届き始めた。日本の秋の風物詩といえば紅葉。千葉県内にもさまざまな紅葉スポットがあり、それぞれが夏とは全く異なる表情を見せる。今回はそのなかから、養老渓谷や亀山湖など特におすすめのスポットを5か所ご紹介。<※情報は秋Walker首都圏版2019(8月8日発売)より>

【写真】色鮮やかな木々に囲まれ、秋ならではの絶景クルージング

養老渓谷/見ごろ:11月下旬~12月上旬

紅葉狩りハイクに絶好のスポット
KADOKAWA

アウトドアレジャーやハイキングのスポットとして県内屈指の人気を誇る養老渓谷。小湊鉄道月崎、上総大久保、養老渓谷の各駅を起点としたコースは紅葉狩りハイクにぴったりだ。梅ヶ瀬、粟又の滝、筒森もみじ谷、中瀬遊歩道と、紅葉スポットは各地に点在しており、なかでも朱色の太鼓橋・観音橋からの眺めは絶景。見ごろに合わせ、老川十字路周辺、粟又の滝、養老渓谷温泉街などではライトアップが実施される。さらに、11月23日(祝)には「養老渓谷もみじまつり」が開催される予定だ。

■住所:千葉県夷隅郡大多喜町粟又~市原市朝生原 時間:見学自由 休み:なし 料金:幻の滝入場料200円 ライトアップ期間:11月下旬~12月上旬

亀山湖/見ごろ:11月下旬~12月上旬

【写真】色鮮やかな木々に囲まれ、秋ならではの絶景クルージング
KADOKAWA

好アクセスで人気の景勝地で、千葉県最大のダム湖。11月上旬~12月上旬の「亀山オータムフェスティバル」期間は、関東では貴重な紅葉狩りクルーズが楽しめるスポットとなるので、ぜひ船上から紅葉を眺めよう。晴れた日には水面を赤く染める紅葉の情景も堪能できる。

■住所:千葉県君津市川俣地先 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料 ライトアップ期間:11月下旬~12月上旬

日蓮宗 本山本土寺/見ごろ:11月中旬~12月上旬

境内の建造物と紅葉がコラボ
KADOKAWA

春のサクラ、6月のアジサイなど四季折々の花の名所として有名な寺院。秋は約1500本のモミジと仁王門や五重塔などの建造物が織り成す景観が美しい。モミジには「山モミジ」、「大盃」、品種改良した「秋山紅」という3つの種類がある。

■住所:千葉県松戸市平賀63 時間:8:00~17:00 休み:なし 料金:大人(中学生以上)500円、団体(20名以上~)400円

富津もみじロード/見ごろ:11月下旬~12月上旬

県道沿いのモミジが圧巻
富津市

「もみじロード」の通称で呼ばれる県道182号線は、総延長約10キロメートルにモミジが立ち並ぶ。約1000本が色付く紅葉期の景観はまさに絶景だ。紅葉スポットは数多いが、山中区公民館や地蔵堂の滝、船戸橋の周辺などがおすすめ。見ごろ時期には「もみじロードふれあいウォーク」、「山中もみじまつり」が開催される。

■住所:千葉県富津市志駒~山中(県道182号) 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料

成田山公園/見ごろ:11月中旬~12月上旬

広大な敷地が色鮮やかに染まる
KADOKAWA

駅から徒歩10分と好アクセスで、成田山新勝寺の境内に広がる約16万5000平方メートルの公園。紅葉シーズンには園内を約250本の木々が色鮮やかに染める。園内では、成田山書道美術館周辺や竜智の池付近が紅葉撮影の定番スポットとして人気。11月上旬~下旬には「成田山公園紅葉まつり」が行われる。

■住所:千葉県成田市成田1 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料

レジャーとともに紅葉が楽しめるスポットもある千葉県の紅葉。ぜひこの秋は千葉で紅葉を楽しもう。(東京ウォーカー(全国版)・中田徹)

元記事を読む