1. トップ
  2. 川村壱馬&吉野北人『HiGH&LOW THE WORST』の撮影で「あんなにはしゃぐ姿を見るのは珍しい」

川村壱馬&吉野北人『HiGH&LOW THE WORST』の撮影で「あんなにはしゃぐ姿を見るのは珍しい」

  • 2019.10.3
  • 1234 views
THE RAMPAGEの川村壱馬と吉野北人が明かす『HiGH&LOW』撮影の裏話
撮影/河内彩

【写真を見る】映画でも“戦友”として絆の強い2人のインタビュー撮り下ろしショット

人気バトルアクションシリーズ「HiGH&LOW」と、髙橋ヒロシ原作の不良コミック「クローズ」「WORST」がクロスオーバーした『HiGH&LOW THE WORST』が10月4日(金)より公開となる。本作に物語の中心人物として登場するのが、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬と吉野北人だ。2人は同グループのボーカリストとしてデビュー前から切磋琢磨し合う仲で、本作でも“戦友”としてあらゆる猛者と闘いながら高みを目指していく。映画では、全国から札付きの粗暴者が集まる鬼邪高校の全日制に転入してくる天真爛漫でヤンチャな花岡楓士雄役を川村が、同校の“司一派”を束ねるクールな高城司役を吉野が好演している。「『HiGH&LOW』の世界観が大好きで、以前から憧れていた」と話す彼らに、本作にかける想いをたっぷりと語ってもらった。

「僕らが演じたキャラは素と真逆。壱馬は普段クールだけど、僕は甘めキャラ(笑)」(吉野)

――劇中では不良高校生役として、お2人とも個性的なキャラクターを演じています。本作で感じた手応えを教えてください。

川村壱馬(以下、川村)「個人的には今回、楓士雄というキャラクターから学ぶことがすごく多かったです。楓士雄はとにかく明るいし、はっちゃけているキャラクターなんですが、素の僕にはそういう要素はほぼなくて。だからこそ、役を通して楓士雄を俯瞰で見ることもできました。例えば仲間を大事にする姿勢や人から愛される素質など、人間として教わる部分、すてきなところが楓士雄にはたくさんある。本来の自分と真逆のキャラクターを演じられたからこそ、俳優として多くの刺激を受けました」

吉野北人(以下、吉野)「まずここまでの大人数で、しかも違う事務所の俳優さんと同じ現場で演技をさせていただけることが、自分にとって収穫でした。いつもテレビで観ている俳優さんが目の前で演技をしていると『わあ!』と心のなかで感動したのを覚えています(笑)。あと、個人的には素の部分がふとした時に出ないようにするのが大変でしたね。僕、周りからは“ベビーフェイス”って言われることが多くて、あまり不良っぽく見えないんです。性格も普段はあんな強気じゃないので(笑)」

甘いマスクの吉野「あまり不良っぽく見えないんです(笑)」
撮影/河内彩

――お2人ともプライベートのキャラクターとは真逆の役柄なんですね。しかし、同じグループのメンバーとして活動しているなかで、お互いに「ここは(キャラクターと)似ている!」と感じる部分もあったのではないでしょうか?

川村「あえて言うなら司のテンションです。司って感情の起伏は一応あるけど、どんな時もちゃんと一定のテンションを保っているので、そこは北人と重なります」

吉野「芯が強い部分です。壱馬も楓士雄も筋が通っている男だと思うし、一つのことにまっすぐに突き進むところは似ているなと思います。でもそれ以外は本当に真逆かも。普段の壱馬はクールなので」

――もしかして、川村さんがあんなにはしゃぐ姿を見るのはこの映画の撮影が初めてだったりしますか?

吉野「初めて…ではないですけど、まあレアな機会ですよね(笑)。壱馬がプライベートではしゃぐのはゲームをしている時ぐらいなので」

川村「確かに。自分は、ゲームしている時にめっちゃ叫んでいるよね(笑)」

「華奢な北人がHIROさんの指導でいつの間にかマッチョになっていてビックリした!」(川村)

――今回、現場で受けたアドバイスで印象に残っているものは?

川村「アクションに関する指導が印象に残っています。久保(茂昭)監督に『アクションをする時も気持ちを込めてほしい』と言われて『確かにそうだよな』とすごく納得しました。やっぱり気持ちが乗っからないと、本作の見せ場であるアクションシーンもただの汚い喧嘩になってしまうんですよね。このご指摘はこれからも役立っていくと思います」

吉野「僕はHIROさんから『北人は体をバキバキにしていけ』と言われました(笑)。肉体改造を始めたのはTHE RAMPAGEのホールツアーが終わったあとくらいで、そのころもだいぶ引き締まっていたんですが、また1から体を鍛え直して強そうなヴィジュアルを作っていきました。もともとはすごく華奢な体型なんですが、HIROさんとしては体型も『HiGH&LOW』の世界観に合わせてほしかったみたいです。なので、毎日ジムに通って、ご飯もたくさん食べました」

川村「メンバーの(武知)海青とかに鍛え方、すごく聞いていたもんね(笑)」

吉野「だね(笑)。THE RAMPAGEは鍛えているメンバーも多いので、海青やRIKUさん、陣さんとかに、日替わりでジム通いに付き合ってもらっていました。胸、背中、広背筋は特に頑張って鍛えて、みんなからのアドバイスをもとにトレーニングに打ち込みました」

――川村さんも本作に入るにあたり特別な肉体改造を行ったんですか?

川村「僕はもとから体型ががっちりしているので、HIROさんから肉体改造をしてほしいという指示はなく、いつも通り最低限のトレーニングを行っていました。でも、北人は鍛え始めてから明らかに胸筋とかがプクっとなっていたので驚きました」

吉野「もうないけどね~その筋肉(笑)」

「みんなヤンキー座りで円になって、なぞなぞをやりだすんです」(川村)

――本作にはお2人以外にも同世代の俳優が大勢出演されています。現場で思い出に残っているエピソードがあれば教えてください。

川村「鬼邪高校全日制のメンバーは空き時間になると、みんなヤンキー座りで円になって、なぞなぞをやりだすんです(笑)。主に泰志役の佐藤流司さんや轟役の前田公輝さんがなぞなぞを出して、それをみんなが超真剣に答えます」

吉野「2人ともすごい数のレパートリーを持っているんだよね。特になぞなぞに強いのは公輝さんと壱馬。あ、あとジャム男(福山康平)も?」

川村「ジャム男は微妙じゃない(笑)?」

――鬼邪高校メンバー以外の出演者との交流は?

川村「僕はしょっちゅう鳳仙学園の楽屋に行ってそこで延々と喋っていました。それで何度『壱馬は鬼邪高校だろ!』と言われたことか!」

吉野「そういえばそうだったね(笑)」

本作ではヤンチャな花岡楓士雄役を川村が、クールな高城司役を吉野が好演
撮影/河内彩

「大好きな読書で培った想像力を今後の俳優業に活かしたい」(川村)

――お2人は今年『PRINCE OF LEGEND』(19)にも出演し、俳優としても注目を集めています。今後、映画などに出演する際に挑戦してみたいジャンルや役柄があれば教えてください。

吉野「今年出演したのがコメディやアクション系だったので、次は観る人の心を動かすような感動系の作品に出てみたいです。普段は洋画を観ることが多くて、最近は『プラダを着た悪魔』がおもしろかったし、海外ドラマの『ストレンジャー・シングス』にもハマっています」

川村「僕は本を読むのが好きで、小説は50冊、漫画は800~900冊ほど所有しています。なので、その読書経験で培った想像力を俳優業に活かせたらいいなと思っていて。例えばキャラクターのバックボーンを膨らませてそれを自分のなかに落とし込むなど、本格的な役作りを経験できる作品に挑みたいです。あと、僕は痩せるのが得意なので(笑)、ミステリアスだったり、心に闇を抱えているような役にも興味がありますね。そういう役をもらえるようにアーティスト活動と並行しながら、俳優としての力ももっと高めていきたいです」

本格的な役作りに挑戦したいと言う川村「俳優としての力ももっと高めていきたい」
撮影/河内彩

(Movie Walker・取材・文/近藤加奈子)

元記事を読む