1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 50本入りの大容量…!【コストコ】1本28円のハンガーで時短クローゼットに大変身!

50本入りの大容量…!【コストコ】1本28円のハンガーで時短クローゼットに大変身!

  • 2019.10.2
  • 43836 views

夏物と秋物を入れ替えるこの時期、クローゼットを整理整頓したい熱がヒートアップしています。

【After画像】同じハンガーに統一すると劇的スッキリ!空間にゆとりが…!!

ショップみたいな理想のクローゼットは無理でも、せめて見た目の美しさを整えたい!

簡単にできるいい方法はないかな~という時に、【コストコ】で大容量のハンガーを見つけました。

25本ずつコンポされています。最初は50本なんか多すぎると思ったのですが。。。
KADOKAWA

コストコ◇ ノンスリップハンガー 50本入り 1398円(税込み)

最初は50本なんて使い切れない~とスルーしたのですが、いや、待てよ、テレビで前にスタイリストの人が実践していたはず、ハンガーのサイズを統一したら、洋服の収納力がアップして、見た目もすっきりになるって。

これは、やるしかないでしょう。

もしかしたらハンガーが薄くてシンプルになったら、うちのクローゼットも変わるかもしれない!

さすがに50本は大迫力。べロア調の質感で使い勝手がよさそう!
KADOKAWA

50本、さすがにスゴイ量です。うちには多すぎる!

実家か友達におすそ分けしたら、ちょうどいいくらい…最初はそう思っていました。

1本当たりの単価が約28円は、他ではありえないほどコスパがいい。

機能的には、ネクタイをかけたり、スリップの肩ひもを掛けるくぼみもあります。白と黒があり、白の方が服が映える気がして白をセレクトしました。

では、いよいよ実践です。

見た目は、マットな質感で高級感があります。サイズは、横幅が約45cm、厚みは5mmぐらい。今まで使っていたハンガーよりちょっと大きめです(海外仕様だから?)。

ハンガーって比べてみると、肩のラインや長さなどがいろいろなんですね。

洋服のラインに合わせて、ジャケット用の木製のハンガーなどはそのまま残しました。

肩のラインを比べてみると、コストコのハンガーは洋服が落ちにくいラインになっています
KADOKAWA

今までは、なんとなく買ったり、クリーニングから戻ったままのものと混在していました。

改めて見ると、ハンガーがバラバラで統一感ゼロ。

最初に数本だけ入れ替えて、色は白だけど形が違うハンガーと混ぜてみました。

最初に数本だけ入れ替えても見た目がすっきりしなかったので、やはり全部変えないとダメですね
KADOKAWA

うーん、統一感が足りない。色は同じなのに、高さも厚みも違うので残念なクローゼットのままです。

そのあと、コストコのハンガーに全部変えると見た目が美しくなりました。

【After画像】同じハンガーに統一すると劇的スッキリ!空間にゆとりが…!!
KADOKAWA

ボートネックのニットやさらさら生地のインナーなどは、普段使っている物より肩幅が広めなのと生地が滑りにくいので、一度ですんなり掛けられます。

特に襟が広く開いた洋服は、滑り落ちなくてとっても楽!
KADOKAWA

洋服を掛けた後、ほかの服を選ぶのにスライドしても落ちるストレスなしです。

今までは、着ようと思った服が見つからない&やっと発掘したらシワシワという、お出掛け直前のアクシデントがありましたが、掛けておくとすぐに服が着られます。

それに、掛けることでこのトップスにアウターはこれ、ボトムはこっちにしよう!と、コーディネートが簡単にできるようになりました。

これはクローゼットの時短革命です。

50本なんて多すぎる〜と思っていたら、あっという間に20本近く使ってしまいました。

しかも、予備があるので、壊れたり、新しい洋服を買い足しても安心です。

レーヨンなどのさらさらした生地のインナーも以前はよく落ちたりしたのですが、ハンガーが変わってから落ちません
KADOKAWA

さらにプラス効果として、

ハンガーを統一してニットやシャツ、アウターと整理整頓してみると、どの服が劣化しているかや、同じ色が多いこと、インナーが多すぎて、手軽なアウターがないからコーディネートしにくいことに気が付きました。

マイナスポイントが、「見える化」するんです。

次は着ない服の処分や買い足しを検討しています。

ハンガーを変えただけで、本当に洋服にかかる時間が、まるごとすっきりできました!

残りのハンガーは、おすそ分けせずに、ストックしておきます!

文=ポテコ(レタスクラブニュース)

オリジナルサイトで読む