1. トップ
  2. 小池徹平は自称“サウナモンスター”「時間があればすぐに行ってました」

小池徹平は自称“サウナモンスター”「時間があればすぐに行ってました」

  • 2019.10.2
  • 125 views
「リカ」に出演する小池徹平
KADOKAWA

【写真を見る】「かわいくてたまらない」と“モンスター”について語る大谷亮平

10月5日(土)スタートのオトナの土ドラ「リカ」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)の制作発表会見が、2日に東京都内で行われ、高岡早紀、小池徹平、大谷亮平が登壇した。

本作は、純愛を貫くがゆえに狂気と化してしまう主人公・リカの、愛情への渇望を描くサイコスリラー。

作品の第1部でリカのターゲットとなる大矢昌史役の小池は、高岡が演じるリカについて「リカの圧が回数を重ねるごとにすごくなってくる。どんどんエスカレートしていく感じがすごく奇妙で、周りを巻き込んで、真っすぐ突き進んでくる感じが恐怖」と話した。

そして、もう一人のリカのターゲットで、第2部から登場する本間隆雄役の大谷も、主人公のリカについて「高岡さんのイメージでリカ(の台本)を読んでいたので、初対面の日にリカの雰囲気を高岡さんがまとっていたんですね。衣装も含め。リカのフィルターがかかっていて、高岡さんの笑顔にも裏があるような気がして勝手に一人でビビってました」と語った。

【写真を見る】「かわいくてたまらない」と“モンスター”について語る大谷亮平
KADOKAWA

小池は「サウナが大好き」と告白

司会者から、この作品にかけて、自身は”何モンスター”なのかと問われると、大谷は“姪(めい)っ子モンスター”であると明かす。

「初めてのめいで、自分のめいはこんなにかわいいのかと。かわいくてたまらないので、ねだられたら全部買うと決めてます。この台本を読みながらめいっ子の動画に癒やされています」と回答した。

また、小池は“サウナモンスター”であるという。「サウナ大好きです。撮影中、時間があればすぐにサウナに行ってました。サウナがないと始まらないですね。特にこの作品は癒やしがないとやってられないので(笑)」と語った。

一方、高岡は“こだわらないモンスター”だそう。「私、生きている上でも持ち物とかも、何もこだわりがない。こだわりがあるとこうじゃないといけないとなるのが嫌なので。リカみたいに執着することはないですね。でも、誰かに必要とされたいとか、共感されたいと思うことは同じかもしれないです」と答えた。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む