1. トップ
  2. グルメ
  3. とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」

とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」

  • 2019.10.2
  • 1558 views

2019年5月、静岡駅から徒歩10分の静岡市両替町にオープンしたのは、近年話題に上がることが多い、バスクチーズケーキの専門店「ゴシュア」。ここで楽しめるのは、店主が“世界一の美食の町”と称される「バスク」を旅したときに出会った、バスクチーズケーキの名店「ラ・ヴィーニャ」の味!思わず笑みがこぼれる、本場の味を堪能してみませんか。

とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」
とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」
バスクの味がそのまま!バスクチーズケーキの専門店
とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」
オリーブの木の奥にはテラス席も

江戸時代から城下町として栄えてきた、静岡市の両替町。今も多くの飲食店が集まるこのエリアに「ゴシュア」はあります。白い壁に赤い屋根、赤茶色の扉が印象的。バスク特有の色合いでまとめられた、かわいらしい雰囲気です。

バスクとは、スペイン4県とフランス3県の国境に位置し、山と海に恵まれた地域のこと。星付きのレストランが世界一多いことでも知られ、世界各国のシェフが修行にくるほどの美食の町です。

こだわりが詰まった空間で過ごす、おいしい時間
とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」
お店に飾られたベレー帽は、バスクで購入しオーダー刺繍した1点モノ

町中にありながら、その喧騒を忘れさせてくれる居心地のいい空間。お店に集められた雑貨は、店主がバスクで購入してきたものばかり。ヨットの置物、古いランプ、土色の食器、さくらんぼのジャム…。海と山に囲まれたバスクの雑貨たちが、ここで過ごす時間をより一層、温かみのあるものにしているようです。

とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」
ことりっぷ

白を貴重にした店内には、テイクアウトコーナーの他に、小さなイートインコーナーも。出来たてのスイーツと一緒に、香り豊かなコーヒーやスペイン産の天然ガス入りウオーターなどをいただけます。

とろけるのにねっとり濃厚「バスクチーズケーキ」
とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」
「バスクチーズケーキ小 6cm」584円(税別)

看板メニュー、バスクチーズケーキは大と小の2種類。ヨーロッパ産の良質なナチュラルクリームチーズをたっぷり使用。そこに、静岡県産・朝霧高原の卵と九州産の生クリームを加え、濃厚な味わいに仕上げています。

フォークで切ると、ほろほろ崩れてしまうほど柔らかですが、口に入れるとねっとり濃厚!しっかり焼かれた黒い表面がカラメルのようにほろ苦く、クリームチーズとの相性抜群です。

とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」
バスク最古のアナーニャ塩田でとれた「岩塩」65円(税別)

別売りのバスク産の岩塩をチーズケーキにかければ、味がしまってさらに旨味がでてきます。

バスク地方の郷土菓子、しっとりふわとろ「ゴシュア」を
とろけるおいしさが話題!本場仕込みのバスクチーズケーキ専門店、静岡「ゴシュア」
「ゴシュア」482円(税別)

店名と同じ名前の「ゴシュア」は、バスク地方の郷土菓子。バスク語で「甘い、優しい、柔らかい」という意味があり、バスクではデザートとして長年愛されています。器に入っているのは、生クリーム・カスタード・スポンジと、とってもシンプル。どこから食べてもふわふわで、ふんわりとろけるような口当たりです。薄いスポンジには、バスク産リキュールが染み込ませてあるので、意外にもあっさりと食べられますよ。

本場バスク仕込みの「ゴシュア」。心がほどけるような優しいスイーツを、ぜひ味わってみてくださいね。

オリジナルサイトで読む