1. トップ
  2. グルメ
  3. ゆったりくつろぎ空間で旬を味わう。休日に行きたい福岡市郊外のカフェ4選

ゆったりくつろぎ空間で旬を味わう。休日に行きたい福岡市郊外のカフェ4選

  • 2019.10.2
  • 2284 views

ステキなカフェを目的に、ちょっとおでかけ。福岡から足を延ばす価値ありの厳選4軒を紹介。地元の旬の食材を使った料理で季節を味わって、休日のおでかけを満喫しよう。

【写真を見る】(左から)朝倉産ぶどうのタルト(2300円)、 無花果とオレンジのタルト(2300円)、 本日のフルーツタルト(2300円) / NOYU LALIBERTÉ&TARTE

フレッシュ&ジューシー 新鮮フルーツ満載の絶品タルト「NOYU LALIBERTÉ&TARTE」

【写真を見る】(左から)朝倉産ぶどうのタルト(2300円)、 無花果とオレンジのタルト(2300円)、 本日のフルーツタルト(2300円) / NOYU LALIBERTÉ&TARTE
KADOKAWA

桜坂の人気タルト専門店がフルーツの産地に移転オープン。自然に抱かれながら味わえるランチとタルトは、どれも旬の食材がたっぷり。目にも鮮やかなタルトは、フルーツ本来の風味が生きている。

「ポトフショートパスタ」(パン付き・880円)は、トマト、クリーム、コンソメの3種 / NOYU LALIBERTÉ&TARTE
KADOKAWA
黒と黄を基調とした店内。ゆっくりくつろげる / NOYU LALIBERTÉ&TARTE
KADOKAWA

[NOYU(ノユ) LALIBERTÉ(ラリベルテ)&TARTE(タルト)]福岡県朝倉郡筑前町畑島477-2 / 0946-42-3330 / 10:30~18:00(LO17:30) / 水曜、第1・3火曜休み

うきはの食材を駆使した料理とサイフォンコーヒーを味わう「喫茶 深山の牡丹」

各席のスペースは広くとられ、開放的でゆっくりできる / 喫茶 深山の牡丹
KADOKAWA

見事な梁が印象的な店内は、木の温もりが心地よい。地元・うきはで採れた野菜をはじめ、旬の食材をバランスよく配した10種類の小鉢が付く牡丹御膳(2160円・数量限定)や、光サイフォンで淹れるこだわりのコーヒー(648円)がオススメだ。

牡丹御膳(2160円・数量限定)。内容は季節や仕入れにより変更 / 喫茶 深山の牡丹
KADOKAWA
牡丹御膳(2160円・数量限定)にセットになっているドリンクとデザート / 喫茶 深山の牡丹
KADOKAWA

[喫茶 深山(みやま)の牡丹]福岡県うきは市吉井町生葉2107-6 / 0943-76-3017 / ランチ11:00~14:00(LO)、カフェ14:00~17:00(LO) / 木曜、第3水曜休み

太宰府天満宮のほど近く 連日長蛇の列ができる話題店「coba café」

cobaのプリン(写真手前・500円)。自家製レモネード(600円)は、レモン汁を注ぐと色が変化! / coba café
KADOKAWA

太宰府で行列が絶えないと今話題の一軒。写真映え抜群のデザートや色が変化する不思議なレモネード(600円)など、メニューにはアイデアとセンスがキラリ。手間ひまかけた自家製にこだわり、ランチも好評。

カウンターとテーブル席のほか、テラス席もある / coba café
KADOKAWA
連日長蛇の列ができると話題。 / coba café
KADOKAWA

[coba café]福岡県太宰府市宰府2-7-4 / 092-928-2211 / ランチ11:00~14:30(LO14:00)※売り切れ次第終了、カフェ14:00~18:00 / 不定休

静かな山あいにたたずむショールーム&カフェ「cafe Si」

シリコーン容器に入った「自家製プリン」(400円、カップ持ち帰り600円) / cafe Si
KADOKAWA

宝満宮竈門神社の参道に立つ、プリンとコーヒーがメインのカフェ。シリコーンの生活用品ブランド「SiNG(シング)」のショールームを兼ねており、自社製品の展示販売のほかにも、定期的にポップアップイベントなどを行う。

シンプルでかわいく、実用的なシリコーン製品を展示販売している / cafe Si
KADOKAWA
静かなやまあいにたたずむ落ち着いた外観 / cafe Si
KADOKAWA

[cafe Si(シー)]福岡県太宰府市内山636 / 092-555-2338 / 11:00~17:00 / 不定休 (九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

オリジナルサイトで読む