1. トップ
  2. 沢口靖子、クレヨンしんちゃんとの初コラボに「元気いっぱいの弟ができた気分」

沢口靖子、クレヨンしんちゃんとの初コラボに「元気いっぱいの弟ができた気分」

  • 2019.10.2
  • 198 views
10月12日(土)放送「クレヨンしんちゃん」に沢口靖子演じるマリコが登場
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

【写真を見る】沢口靖子としんちゃんが互いを意識したコーデで仲良しツーショット

10月12日(土)放送のアニメ「クレヨンしんちゃん」(毎週土曜昼4:30-5:00、テレビ朝日系)に、沢口靖子が出演することが分かった。

今回放送するショートアニメは、10月17日(木)より秋シーズンがスタートする木曜ミステリ―「科捜研の女19」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)で沢口演じるマリコが、野原しんのすけに掛けられた“ある疑い”について“科学的に検証する”というストーリー。

収録当日、さっそくはじめた発声練習から、すでに完全なマリコとなっていた沢口。ドラマの中から飛び出してきたマリコの声に、その場にいた全員が息をのんで聞き入った。

【写真を見る】沢口靖子としんちゃんが互いを意識したコーデで仲良しツーショット
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

しんのすけと追い掛けっこする一幕も!

本番がスタートし、監督との真剣なやり取りで細やかな調整を繰り返しながら、マリコが「クレヨンしんちゃん」の世界へ。沢口の巧みな声の演技により、録音は予定していた時間より早く終了。収録を終え、沢口は「自分でやっていて、面白くなってしまった」といたずらっぽいほほ笑みを浮かべた。

この日、沢口が身に着けていたのは黄色いシャツで、しんのすけがいつも履いている半ズボンを意識して、カラーコーディネートをしてきたのだという。

そんな沢口の元へ「科捜研の女」をイメージした白衣姿のしんのすけが「イエーイ、靖子おねえさん初めまして~」と陽気に登場。互いのトレードマークを服装に取り入れた二人は、笑顔で対面を果たした。

沢口に「オラを科学鑑定してして~」とリクエストするなど、終始デレデレした様子のしんのすけ。

すると沢口が、そんなしんのすけから突然ぱっと逃げ出して追い掛けっこに発展するなど、普段なかなか見られないちゃめっ気たっぷりな姿を見せた。

これにはしんのすけも、「靖子おねえさんに会えてとってもとってもうれしかったゾ。ドキがむねむねしっ放しだったぞ~」と大いに喜んでいた。

沢口靖子が「かわいい」と絶賛するマリコ全身ビジュアルが公開
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

沢口靖子コメント

――「クレヨンしんちゃん」の印象を教えてください。

しんちゃんは、やんちゃで好奇心旺盛、時々大人にぴしっと本音を言うところが魅力で、面白いキャラクターだと思います。描かれる内容も、とても身近でほのぼのしていて、たいへん見やすく共感できるものばかりです。

くすっと笑える場面も多く、それがあんなにも長く支持されている理由の一つではないでしょうか。

――「科捜研の女」×「クレヨンしんちゃん」コラボレーションを初めて知った時の心境は?

しんちゃんとマリコがどう対面するのか想像したり、マリコがアニメになることにワクワクしたりしていました。すごくかわいく描いていただいて、ありがとうございます!

――今回のアフレコと、アニメキャラクターになったマリコについて感想を教えてください。

アフレコは、できあがっている映像の口元にせりふを合わせていくのが、普段のお芝居とは違い難しいですね。なるべく体を楽にして、会話をするように心掛けて臨みました。

「クレヨンしんちゃん」の世界にマリコが溶け込んでいるのがうれしかったです。まるで最初から参加しているような気分でした。自分でやっていて面白くて、録音が終わってから笑ってしまいました。事件が起きたら、またいつでも呼んでください!

「クレヨンしんちゃん」と「科捜研の女」が初コラボ
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

沢口「野原家は、すごくすてきな家族」

――しんのすけと対面されていましたね。

今日は、元気いっぱいのしんちゃんに会って高いテンションをもらい、私も一緒に熱くなりました。やはりトレードマークの赤いTシャツ・黄色い半ズボン姿だったのですが、実は私もしんちゃんカラーの黄色で、コーディネートをしてきたんです。しんちゃんも、キープアウトの文字の入ったTシャツと白衣を着て科捜研に合わせてくれてとてもうれしかったです。

一緒に過ごして、うーんと年の離れた元気いっぱいの弟ができた気分になりました。

――しんのすけは“嵐を呼ぶ5歳児”ですが、沢口さんは5歳の頃、どんな子でしたか?

私が5歳の頃は、3歳違いの兄の後ろに付いて、いつも一緒に遊んでいました。時には泣かされちゃうこともありましたけれど…(笑)。兄の影響を受けて、活発な遊びもよくしていました。

印象に残っているのは、お友達の家で芝生の斜面をダンボールに乗って滑り降りたり、池でいかだに乗って全身ビショビショになったりしたことです。そんなアクティブな子ども時代でした。

野原家は、すごくすてきな家族ですね。私も二人きょうだいの4人家族で、両親にはのびのびと育ててもらったのですが、そういうところが野原家と似ているのかなと思いました。

――最後に読者へメッセージをお願いします!

「科捜研の女」はいよいよ秋クールに突入します。黄色や赤の紅葉に彩られていく京都を舞台に、科捜研や捜査陣を驚かせる事件が起きますので、どうぞご期待ください。

また今回のコラボで、私はしんちゃんのある物を鑑定しました。果たして真実は突き止められるのでしょうか…? 楽しみにしてください!(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む