1. トップ
  2. ダイエット
  3. ヨガにダイエット効果あり?理由や効果的なポーズを解説

ヨガにダイエット効果あり?理由や効果的なポーズを解説

  • 2019.10.2
  • 3797 views

ハードな動きは少なく、ゆっくりとした呼吸と動きが特徴のヨガ。心身にも健やかな印象のヨガには、どんなダイエット効果があるのでしょうか?今回はヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクターの美宅玲子先生に、ヨガがダイエットに効果的な理由やダイエットに効果的なヨガのポーズ、注意点やダイエット以外の効果などについて詳しく教えていただきました。

ヨガはダイエットにも効果的?その理由

精神的に落ち着き過食も防ぐ

ヨガはゆっくりした呼吸に合わせてポーズを行うことで、自律神経の働きを整え、イライラを和らげてくれます。

筋肉の緊張をリラックスさせ、無駄な食欲を落ち着かせるので、ダイエットに効果的です。

深い呼吸と可動域拡大で代謝アップ

消費カロリーは、体内に取り入れて代謝された酸素の量に比例します。ヨガは普段よりも深い呼吸を意識し、酸素を取り入れる量が増えます。

普段使わない筋肉もたくさん使っているため、細胞が活性化して代謝を高める力が目覚め、エネルギーをしっかり使って代謝できる体になります。冷えの解消にも。

ダイエットに効果的なヨガとその効果

三日月のポーズ

1.立って両足を揃えます。息を吸いながら両腕を上に伸ばして組み、人差し指を天に向けます。 2.息を吐きながら上体を右へしならせ、三日月の形になって3~5呼吸深く整えます。 3.息を吸いながら中央に戻り、反対側も同様に行います。

普段使わない体側、骨盤周辺、わき周りの筋肉を伸ばし、胸を開きます。特に体側部分や肩甲骨周辺にある褐色脂肪細胞の刺激により、脂肪を燃焼させるためのスイッチが入って、体温も上がりぽかぽかと体が内側から温かくなります。

ダイエットに効果的なヨガのおすすめタイミングと頻度

出勤前、運動前、家事の前など、体を動かす前にこまめに行うといいでしょう。

脂肪の燃焼を促すスイッチが入るため、通勤や家事、運動などで体を動かしたときの燃焼効果が上がるからです。

ヨガを行うときに気を付けることや心がけたいこと

呼吸をゆっくり深く続けることが大切です。息が止まるほど頑張りすぎないようにしましょう。

少しゆとりをもって、心地よく続けてみてください。呼吸は、ポーズが適切に取れているかどうかのバロメーターとなります。心地よくないと、いいホルモンが出ませんし、続けにくくなってしまいます。

ダイエットとして行うヨガにあるその他の効果

ダイエットヨガにあるその他の効果は、主に4つ挙げられます。

①冷えの解消 ②元気が出る、免疫のアップ ③肩こりの解消、巡りを良くする ④背中や腰回りのゆがみ解消

ヨガは、心身ともに健やかな体作りのためにもおすすめの方法です。

ヨガで心を落ち着けてしなやかな体作りを!

ヨガは深く落ち着いて呼吸をすることで、心を落ち着けてストレスの軽減にもつながります。激しい運動ではなく、深い呼吸とヨガのポーズによってしなやかな筋肉・体作りができるでしょう。今回ご紹介した三日月のポーズ以外にも、ヨガにはさまざまなポーズがあります。前身をすっきりと整えるためにも、ぜひいろいろなポーズを試してみましょう。

この記事の監修者

美宅 玲子

中学から大学まで陸上競技に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢や効率の良い体の動かし方に興味がある一方、メンタルの繊細さもあり摂食障害になってしまう。大学卒業後に小学校教員となるが、「いい先生であろう」と無理を重ね、うつ状態のため2年半後病休を取る。2004年に趣味で通っていたスポーツクラブに転職し、ヨガ・ピラティスに出会い、インストラクターとなる。ヨガ・ピラティスと興味ある分野を活かせる仕事のおかげで心の病と腰痛を克服する。

ストレスの多い日常でも心身の調子を整えられる素晴らしさを伝えるため、2008年に独立しフリーインストラクターとなる。現在、首都圏のスポーツクラブ、自治体、公共施設でのサークルや個人のレッスンを受け持つ一方、外ヨガイベント、健康コラボイベントの企画実施、アロマヨガのイベントレッスン開催、雑誌監修、コラム連載、DVD発売も行う。日々更新するHP,ブログ、Youtubeのエクササイズ動画も好評である。

【著書】
「あなたらしく輝く 美姿勢イメージエクササイズ」現代書林
「こころを磨くヨガ」現代書林

元記事を読む