1. トップ
  2. ダイエット
  3. 背筋を鍛えて美しい背中に!自宅でもできる簡単トレーニング

背筋を鍛えて美しい背中に!自宅でもできる簡単トレーニング

  • 2019.10.2
  • 1434 views

実は意外と人から見られている背中。美しい後ろ姿を手に入れるために、しっかりと背筋もトレーニングを行いましょう。今回はヨガインストラクターのHikaru先生に簡単にできる筋トレを教えていただきました!

背筋の役割

背筋は正式には広背筋(こうはいきん)といい、背中の下の3分の2から脇の下までを占める、体の中で最も広い面積を持つ筋肉です。広背筋は、腕を前方もしくは上方から引く動きで使われます。日常生活では物を引っ張る動作や、脇に何かを挟み抱える動作で働きます。

同じく背骨の周辺には脊柱起立筋という筋肉があります。脊柱起立筋は体幹を動かすために働くのに対して、広背筋は主に腕を動かすのに働きます。

背筋を鍛えるメリット

背筋を鍛えることで得られる効果は、男性にも女性にもうれしいものが多くあります。まず、広背筋を鍛えることで男性は特に憧れる方の多い逆三角形の背中を作ることができます。また姿勢を美しく保てるようになり、猫背改善、肩凝り解消、バストアップ、ポッコリお腹の解消、腰痛改善といった効果も期待できます。

自宅でできる背筋の鍛え方

<やり方> STEP1:ヨガマットなどの上に手を頭上にまっすぐ伸ばして、うつ伏せの体勢になります。 STEP2:肘を後ろに引きながら胸を開くようにして上体を持ち上げます。 STEP3:3呼吸キープして上体を下ろします。この動きを10回繰り返しましょう。

トレーニングの際の注意点

上で説明した広背筋のトレーニングを行う際の注意点は、上体を持ち上げた時に顔を天井方向に向けないということです。顔を天井方向に持ち上げてしまうと腰が反りやすくなり痛めてしまう原因になるのと、広背筋へ効果的に力が伝えられなくなってしまいます。上体を持ち上げたときに頭の位置は背骨の延長線上に来るようにしましょう。

どのくらいの頻度で続ければいいの?

広背筋のトレーニングは週に3〜4回を目安に行いましょう。これはトレーニングの間を1日〜2日空けることで、筋肉を休めるのと成長させる目的があるためです。

広背筋のトレーニングをこの頻度でしっかり行えていれば、2ヵ月が経つ頃には背中が締まって見えてくるはずです。逆三角形の背中にするためには自重トレーニングでは限界がありますが、半年程度続けられれば程よく美しい鍛えられた背中になれるでしょう

筋トレでかっこいい背中に

体の中で最も広い面積を持つ広背筋は、しっかり鍛えればその分見た目の変化も大きなものになるでしょう。今回ご紹介したトレーニングは家で簡単にできるものです。ぜひ半年ほど続けて、美しい背中を手に入れてみてください!

この記事の監修者

Hikaru

全米ヨガアライアンス 、フィジカルトレーナー、スポーツリズムトレーニング デュフューザー資格を取得。エアリアルヨガのスタジオで空中ヨガやフローヨガのレッスンを行っています!

オリジナルサイトで読む