1. トップ
  2. ダイエット
  3. 乾燥が気になるシーズンのセルフケア|免疫力を高め身体と心を潤す呼吸に注目!

乾燥が気になるシーズンのセルフケア|免疫力を高め身体と心を潤す呼吸に注目!

  • 2019.10.1
  • 4004 views

秋は乾燥に要注意

秋は一気に湿度が下がり、外気が乾燥する季節。肌の調子が悪くなったり、髪の毛がパサついてまとまらなくなったり、いろいろなダメージを感じやすい時期です。また、乾くのは身体の表面だけではありません。鼻や喉の奥、粘膜にもダメージを与え、風邪をひきやすくなるなど、健康状態にも影響を与えます。早めの対策を心がけ、潤いを保つケアを始めましょう。表面だけでなく身体の内側も潤すことで免疫力を上げウイルスに負けない身体を作ることも可能です。

呼吸を深めよう

呼吸は生きるために欠かせないことですが、深めることで、より一層の効果を実感できるようになります。血行促進、体温上昇、エネルギーや免疫力アップ、自律神経の調整、リラックスなど、メリットがたくさん!ヨガのクラスに出た時はもちろんのこと、以下のポイントを参考に、日常生活の中でも、もっと効果的な呼吸を心がけましょう!深い呼吸が乾いた身体と心に潤いを与えてくれますよ。

1.鼻呼吸をする

乾燥する時期、口からの呼吸は口腔内が乾き、唾液の量も減り、殺菌力や免疫力を弱めてしまう危険性があります。鼻には保湿や、空気を綺麗にして身体に取り込む浄化の役割があります。身体の中の潤いを保つと同時に、ウイルスの侵入も防ぐため、鼻からの呼吸は風邪の予防にも効果的です。

2.腹式呼吸をする

呼吸の効果を深めるためには、お腹を使う腹式呼吸がおすすめ。ヨガでもおなじみの腹式呼吸はストレスを緩和し、自律神経のバランスを保つ役割も。変化の激しい季節、乱れがちな心を落ちつけて潤いを与えてくれます。

3.吐く息に意識を向ける

しっかり息を吐くことで、吐き切った分の必要な空気を身体に取りこめるようになります。呼吸というと吸うことに意識が向きがちですが、実は吐く方に意識を向けることが大切です。吸い込んだ空気が全身に広がる様子を想像しながら深い呼吸を!呼吸が深まることで得られるメリットを最大限に生かしましょう!

プラーナヤマの実践(腹式呼吸法)

ヨガでは、アーサナと言われるポーズと共に呼吸を大切にしています。ヨガの呼吸法はプラーナヤマと言われ、難易度もいろいろ、種類もたくさんあります。今回は、初心者でも気軽に実践できる基本の腹式呼吸を紹介します。なんとなくやるのではなく、丁寧に行うことでより効果を感じやすくなりますよ!

やり方

1.仰向けやあぐら(安楽座)など、背筋が楽に伸ばせる姿勢をとる

2.軽く目を閉じて呼吸を整え、身体と心を落ち着かせる

3.お腹に手を置き、鼻から息を吐き切ってお腹を薄くする

4.鼻から吸う息でお腹を緩め、自然に呼吸がお腹の中に入ってくる感覚を味わう

5.少しずつ深めながら繰り返す

ポイント:自分のペースでゆっくり吐く、吸う、を繰り返しましょう。お腹に置いた手が邪魔になる場合は楽な位置へ。

内側のケアも忘れずに

秋から冬に向かう時期は、段々と寒さが増し、湿度も低くなり乾燥が加速します。肌の保湿も大切ですが、身体の内側のケアも忘れずに!普段は当たり前すぎてあまり意識をすることはないかもしれませんが、呼吸は体と心の万能薬です。特別な道具を使うこともなく費用もゼロです!深い呼吸で体の中が潤うと内臓機能や消化器系など見えない部分も活性化されます。鼻の通りも良くなるので頭もスッキリです。いつでもどこでも好きな時にできるセルフケアとして、もっと呼吸を大切にしてみませんか?

ライター/須藤玲子
2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

元記事で読む