1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「塗るつけまつげ」デジャヴュ全マスカラ比較 - 簡単お湯オフのプチプラマスカラ人気の秘密とは

「塗るつけまつげ」デジャヴュ全マスカラ比較 - 簡単お湯オフのプチプラマスカラ人気の秘密とは

  • 2019.10.1
  • 941 views

「塗るつけまつげ」デジャヴュ全マスカラ比較 - 簡単お湯オフのプチプラマスカラ人気の秘密とは

“塗るつけまつげ”のデジャヴュ(delavu)のマスカラがリニューアル。2019年10月11日(金)新パッケージになって発売される。

undefined
www.fashion-press.net

2001年のデビュー以来、“塗るつけまつげ”として愛されてきたデジャヴュのマスカラを特集。これまでの歩みを振り返るとともに、リニューアルを迎えるデジャヴュのマスカラを各アイテムの特徴を踏まえて、比較しながら紹介する。

“塗るつけまつげ”デジャヴュの歴史

デジャヴュは、2001年“こんなのなかった、欲しかった”の声に応えるためスタートしたコスメブランド。デビューと同時に登場したのが、今なおアイコン製品として愛されている“塗るつけまつげ”ロングタイプ。

「ダマになる」「にじむ」「落とすのが面倒」といったマスカラへの不満に答えるべく革新的なアイテムを開発。同時に「まつ毛を長くしたい」という女性たちの願いを叶えるため「つけまつげ」からインスピレーションを得て、商品開発を行った。

つけまつげのようなツルンとした材質で、繊維とまつげを一緒に包みこめばいいのでは?というアイデアのもと、当時まだ珍しかったフィルム技術をマスカラ液に採用。これにより重ねるたびにまつげが伸びていく劇的な効果を実現し、“塗るつけまつげ”のキャッチコピーの登場までつなげた。

また「ダマになる」というメイク悩みには、ブラシでアプローチ。メイクテクニックのない女性でも美しく塗布できるブラシを開発。マスカラ液をフィルムタイプにすることで、簡単にお湯オフでき「落とすのが面倒」といった悩みも解消した。

ヒットの火付け役は“盛りメイク”の女子高生

2001年登場した“塗るつけまつげ”ロングタイプ、ヒットの火付け役となったのは女子高生たち。“盛り”アイメイク全盛期だった当時、目を大きくみせるため、マスカラの塗り重ねをしていた彼女たちの間で、口コミが広がり、これまでのマスカラとは一線を画したアイテムとしてヒット。「マスカラじゃない。これは“塗るつけまつげ”」のキャッチコピーと共に一気に“塗るつけまつげ”ブームを巻き起こした。

以後、部分用、ボリュームタイプ、上向きキープタイプなど、なりたいまつげに合わせて選べるようバリエーション豊富なマスカラを発売。数回のリニューアルやパッケージチェンジも行い、これまで約20年に渡ってさまざまなマスカラを展開し続けてきた。

“塗るつけまつげ”デジャヴュマスカラ比較

ここからは、デジャヴュのマスカラ全ラインナップを紹介。各アイテムごとに“なりたいを叶える”さまざまな特徴を持っているので、比較しながらチェックしてみて。

「塗るつけまつげ」 ロング

2001年登場、デジャヴュの元祖と言えるのが「塗るつけまつげ」 ロングだ。ボリュームタイプマスカラが主流の時代に、「本当はまつげを長く見せたい」という女性たちの本音へアプローチした革新的なアイテムとして誕生。

先伸びフィルムを採用したマスカラ液は、塗り重ねるほどに、まつげの先にファイバーがつながることでどこまでも長くのびてくれる。毛足の長いロングスタイリングブラシは、まつげを1本1本セパレートさせて、だまにならない美しい仕上がりを叶えてくれる。

展開カラーは4色。ブラック、ナチュラルブラウンに加えて、カラーニュアンスを入れたネイビーブラック、ボルドーブラックが揃っている。

「塗るつけまつげ」 部分用

ロングに続いて2004年に登場したのが、「塗るつけまつげ」 部分用。目頭、目じり、下まつげなどマスカラを塗布しづらいパーツのために生まれたアイテムは、まつ毛をしっかりキャッチする「極小ブラシ」が特徴だ。グリップを長くし、25°の角度を付けてブラシを設計しているため、手ブレせず、細かい部分も失敗せずに塗り上げることが可能だ。

また、マスカラ液には、やわらかく絡みやすいソフトファイバーを採用。毛にコシやハリがない目頭、目じりのまつげや、下まつげにも絡みやすく、重ね塗りしなくてもしっかりと長さを出してくれる。

「塗るつけまつげ」 ボリューム

ボリュームタイプが欲しいという声を受け、8年間に及ぶ開発の末生まれたのが、「塗るつけまつげ」 ボリューム。粘度の低いゲル状成分を配合することで、ボリューム成分をレンガのようにきれいに整列させて、ひと塗りで艶やかなボリュームまつげに仕上げてくれる。

ブラシはやわらかい毛を使用することで、フィルム液をたっぷりと含ませることが可能に。 ブラシがまつげの間に入り込み、タバやダマのない美しい仕上がりを叶えてくれる。展開カラーは、ブラックとモカブラウンの2色。

「塗るつけまつげ」 上向き

ロング、部分用、ボリュームに続いて登場したのが、“フィルムマスカラはまつげが下がる”といった悩みにアプローチした「塗るつけまつげ」 上向きだ。水分量の多いフィルムマスカラだが、水分の代わりとなるフェイクウォーターポリマーを配合することで、水分を減量させることに成功。まつげを 上向きのまま1日中キープする。

ブラシは、長短の毛を混ぜることで、ひと塗りでまつげにしっかりとフィルム液を塗布。これまでのロング・部分用・ボリュームと同じ、お湯で簡単オフできるのも人気の秘密だ。

「塗るつけまつげ」 自まつげ際立て

デジャヴュ最新作となるのが、2018年誕生の「塗るつけまつげ」 自まつげ際立てだ。日常的にマスカラを塗っている女性でも平均して、まつ毛の1/4は塗り残していることを判明。うぶ毛のような細いまつげや短いまつげなど、この“見えないまつ毛””にもしっかりマスカラを塗布できるようにと、新しいフィルム液を開発。

スムースフィットフィルムを採用することで、まつげへの密着性を高めて、細かい毛にもしっかりと絡むようにした。

また、ブラシは超極細三角ブラシを起用。断面を三角形にすることで、まつげに当たる部分を広くし、最短わずか1.5㎜の毛先で細かい毛もキャッチできるようにした。

【詳細】
デジャヴュ「塗るつけまつげ」
※2019年10月11日(金)新パッケージになって発売。
・「塗るつけまつげ」 ロング 全4色 各1,500円+税
・「塗るつけまつげ」 部分用 全1色 1,000円+税
・「塗るつけまつげ」 ボリューム 全2色 各1,500円+税
・「塗るつけまつげ」 上向き 全1色 1,500円+税
・「塗るつけまつげ」 自まつげ際立て 全1色 1,200円+税※10月25日新色1色発売予定

【問い合わせ先】
イミュ
TEL:0120-371367

オリジナルサイトで読む