1. トップ
  2. 【牡牛座】10/21〜10/27の運勢は?「対人運好調! 『つき合う人を選ぶ』と仕事運も恋愛運もさらにアップ」《別腹sweets占い♡》

【牡牛座】10/21〜10/27の運勢は?「対人運好調! 『つき合う人を選ぶ』と仕事運も恋愛運もさらにアップ」《別腹sweets占い♡》

  • 2019.10.21
  • 6997 views
【牡牛座 4/20~5/20生まれ】 10/21(月)~10/27(日) の運勢
undefined

TRILLオリジナル『別腹sweets占い』!  毎週月曜日に占いを配信します!
スイーツを食べると、幸せになりますよね。毎日いっぱいいっぱいかもしれないけど、スイーツを食べるように、別腹占いを読んで、楽しくポジティブな1週間が送れますように♡

今週の運勢を早速チェックしていきましょう!

undefined
《全体運》対人運好調! 「つき合う人を選ぶ」と仕事運も恋愛運もさらにアップ

対人運そのものはとても良いときなのですが、SNSでもリアルでも、つながりの多さに少し疲れてしまうのかも。友人や恋人と一緒にいるのは楽しくても、雑踏の真ん中で人混みに紛れていると疲れてしまう、あんな感じです。ちょっぴりSNSをオフにして大好きな人と笑い合える時間を大切にしたり、仕事のチャンスならば誰にでも会いに行くようなアクティブさを控えてすでにつき合いのあるクライアントの仕事に絞ったりと、この時期の良好な対人運を限られた人に対して使いましょう。きっと、仕事運も恋愛運も良くなるはずです。

undefined
《恋愛運》言葉を通じてあたたかなコミュニケーションができるとき

愛されていることや、関係性がうまくいきそうなことを実感しやすいはずですから、安心して恋を楽しめる人が多いでしょう。今がうまくいっていない感覚がある人は、こういう「今はいい時期」的なテキストを読むのはちょっとしんどいですよね。どうして自分だけ、と思わせてしまったらごめんなさい。幸せが巡ってくるベストなタイミングというのは人それぞれで、「自分も幸せになる」と思っていただいていれば、必ずあなたにもそのときは訪れます。もしも「今できることを」というのであれば、無理に頑張ろうとしないことが、巡り巡ってうまくいくと言えるでしょう。良い方向に動かしやすい時期と思って、ゆるりとまいりましょう。

<パートナーがいる人> ふんわり柔和な雰囲気で相談すれば、将来のこともいい方向に

これからのことについて話しておきたいテーマがあるのなら、優しい言葉で語り掛けてみてはいかがでしょうか。あなたならではの、ふんわり柔和な雰囲気で「相談」というかたちを取ってみれば、いい話し合いにできるのではないかと思います。相手から語りかけられることも多そうです。相手の反応を見て変に言葉を閉じ込めず、素直に話してみるのがよろしいかなと思います。

<今はパートナーがいない人> 出会いを狙いすぎず、人が多く集まる楽しい場所に行ってみて

出会うための努力、たくさんなさっていると思います(していない、という方も、責めるつもりはまったくありませんのでご安心ください。いつもいつも頑張ってなんていられないですよね)。もし「自分には合わないかな〜」と思いつつもしている“出会いの努力”がありましたら、少しやめてみるといいと思います。その代わりに、恋愛につながるかどうかはともかく、楽しいと思えて人がたくさん集まる場所に行ってみましょう。良いことが起きやすい時期に当たっています。

undefined
《キャリア運》自分の軸や方針を決めて、仕事に取り掛かるのが吉

忙しい時期です。先週に引き続き交渉事や相談事はうまくいくので、取引先とも社内とも対話を重ねるようにすると良いでしょう。ただ、自分が何をしたいかが明確に決まっていない段階では得るものが少ないかも。「とにかく顔を出す」「足で稼ぐ」といったパワープレイではなく、時間はかかっても自分の軸や方針をきっちり決めて向かいましょう。きっと良い方向に進みます。

undefined
《マネー運》無理のない範囲でのプレゼントなどは返ってくるものが大きいかも!

特に大きな動きはなさそう。対人関係での出費は、無理のない範囲であれば多少の背伸びも有益に。

undefined
《ビューティー運》お化粧で疲れを隠すより、睡眠をきちんと取って!

疲労が外見に影響しそう。「疲れてる?」と聞かれたらコスメよりも睡眠を。

undefined
《ラッキースポット》

カフェのテーブル席。静かなお店ならなお良しです。

undefined
《今週のポジティブワード》

「みんなと仲良く」じゃなくて大丈夫。

undefined

「別腹sweets占い」毎週月曜日更新!
▶︎他の星座はこちら

Horoscope:真木あかり
Illustration:EnaKakuta
Edit:TRILL編集部