1. トップ
  2. レシピ
  3. 時短おかず!【磯辺揚げ】のアレンジレシピ5選

時短おかず!【磯辺揚げ】のアレンジレシピ5選

  • 2019.10.1
  • 8518 views

失敗知らずの揚げ物に挑戦してみよう!

さくっとおいしい磯辺揚げは、揚げ物が上手に出来ないと難しいと思われていませんか?実は、とっても少ない油で作ることができたり、簡単にさくっとふわっとした磯辺揚げを作ることができるんです! レシピと一緒に、おいしく揚げるコツや、豊富なバリエーションでを磯辺揚げをおいしく召し上がるレシピをご紹介します。

揚げずに作る!サクサクちくわの磯辺揚げ

材料 (2人前)
  • ちくわ (6本)

  • 薄力粉 (大さじ3)
  • 水 (大さじ4)
  • 青のり (大さじ1)
  • オリーブオイル (大さじ3)
  • マヨネーズ (大さじ2)
  • 大葉 (飾り用) (1枚)
手順
  1. ちくわは3cm幅の斜め切りにします。
  2. ボウルに衣の材料を混ぜ合わせ、1を入れて全体に絡めます。
  3. 強火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、2を入れて焼きます。衣がカリッとするまで両面3分ずつ焼いたら火から下ろします。
  4. お皿に盛り付け、大葉の上にマヨネーズをのせて完成です。お好みでマヨネーズを付けてお召し上がりください。

最初にご紹介するのは、揚げずに作れるとっても簡単なちくわの磯辺揚げです。衣にたっぷりと混ぜた青のりが香ばしく、食欲をそそります。
小麦粉で作る衣は、マヨネーズを加えることで自宅でもさくさくに仕上げることが出来ます。少し多めの油で揚げ焼きにするのでお手軽ですよ。オリーブオイルは、他の油でも代用出来ますので是非お試しくださいね。

お弁当の一品に!とろーりチーズの磯辺揚げ

材料 (2人前)
  • ちくわ (4本)
  • スライスチーズ (2枚)
  • ①薄力粉 (大さじ2)
  • ①片栗粉 (大さじ1)
  • ①水 (大さじ2)
  • ①マヨネーズ (大さじ2)
  • ①青さのり (大さじ1.5)
  • 揚げ油 (適量)
手順
  1. ①を全て混ぜ合わせて衣を作ります。
  2. チーズを細切りにします。
  3. ちくわの両端を切り落とし、穴に2を入れ、切り落とした部分を詰めて蓋をします。1にくぐらせます。
  4. フライパンの底から1cm程の揚げ油を注ぎ、160℃に熱し、3を入れます。3分程揚げたら油を切ります。
  5. お皿に盛り付けて完成です。

次にご紹介するのは、チーズを使ったちくわの磯辺揚げです。ちくわにチーズを詰める際は、切り落としたちくわの両端で蓋をするようにすると、火を通している時にチーズが溢れ出るのを防いでくれます。
また、衣に片栗粉を少し使うことで、さくっとした軽い食感に。チーズのコクと青さのりの風味がよく合う一品です。

鶏肉に青のりがふわっと香る満足レシピ!

材料 (2人前)
  • 鶏ささみ (4本)
  • 塩こしょう (小さじ1/4)

  • 天ぷら粉 (50g)
  • 水 (70ml)
  • 青のり (大さじ1)
  • 揚げ油 (適量)
  • 大葉 (1枚)
手順
  1. 鶏ささみは筋を取り除いておきます。 大葉は軸を切り落としておきます。
  2. ボウルに衣の材料を入れ、混ぜ合わせます。
  3. 鶏ささみは半分に切り、塩こしょうをまぶします。
  4. 1に2を付けます。
  5. 鍋底から5cm程の高さまで揚げ油を注ぎ170℃に温めたら、3をこんがりときつね色になるまで揚げ、油切りをします。
  6. 大葉を敷いた皿に盛り付けたら完成です。

続いては、鶏ささみを使った磯辺揚げの作り方をご紹介します。天ぷら粉を使っているので、衣を作る手間が省けますよ。ふっくらしたささみと軽い食感の衣が相性抜群で、お酒のおつまみにもぴったりです。思い立ったらすぐに作ることが出来るレシピなので、もう一品ほしい時にもお試しくださいね。

おつまみに人気!蓮根を使った磯辺揚げの作り方

材料 (2人前)
  • レンコン (150g)
  • 水 (さらす用) (300ml)

つくね

  • 鶏ひき肉 (150g)
  • 生姜 (10g)
  • 片栗粉 (大さじ1)
  • 料理酒 (小さじ1)
  • しょうゆ (小さじ1)

  • 天ぷら粉 (50g)
  • 水 (100ml)
  • 青のり (小さじ1)
  • 揚げ油 (適量)
手順
  1. 生姜は皮を剥きみじん切りにします。
  2. レンコンは皮を剥き5mm幅の輪切りにし、水を入れたボウルに入れ10分程おきます。
  3. ボウルにつくねの材料を入れ、粘りが出るまで手でよくこねます。
  4. 2の水気をよく切り、3を全体にのせ、再び水気を切った2をのせ、レンコンの穴からつくねが出るくらいまで押さえ挟みます。
  5. 別のボウルに衣の材料を混ぜ合わせます。
  6. フライパンに揚げ油を底から2cm程入れ、160℃になったら4を5にくぐらせて入れます。時々返しながら15分程中まで火が通るように揚げ、器に盛りつけて出来上がりです。

鶏つくねをれんこんで挟んだ磯辺揚げです。青のりの風味が香るだけでなく、みじん切りにして入れた生姜が効いているのでさっぱりいただくことができます。れんこんと鶏つくねの食感が楽しく、パクパク食べられる一品に。おつまみにはもちろん、夕食やお弁当のおかずにもぴったりですよ。

カニカマと青のりが相性抜群な磯辺揚げ

材料 (2人前)
  • カニカマ (6本)
  • ①薄力粉 (大さじ1)
  • ①マヨネーズ (大さじ1)
  • ①冷水 (大さじ1)
  • ①青のり (小さじ1/3)
  • 揚げ油 (適量)
手順
  1. ボウルに①を入れ、混ぜ合わせます。
  2. 1にカニカマをくぐらせます。
  3. フライパンの底から1cmの高さまで揚げ油を注ぎ、170℃に温めます。2を入れ、カラッと揚がったら取り出し油を切ります。
  4. お皿に盛り付けたら完成です。

最後にご紹介するのは、カニカマのふわっとした食感と青のりが香るサクサクの衣が相性抜群な磯辺揚げです。衣にはマヨネーズを入れてさっくりと仕上げました。彩りがきれいなので、お弁当のおかずにもおすすめです。よく火を通して、しっかり粗熱を取ってから入れるようにしてくださいね。

さっと作れる磯辺揚げのレパートリーを増やそう!

おつまみにも、夕飯やお弁当のおかずとしてもおいしく食べられる磯辺揚げは、必要な分だけささっと作ることができる万能メニュー。
揚げる際は、火加減に気をつけゆっくりしっかり揚げると、サクサクでふわっとした磯辺揚げに仕上がりますよ!クラシルでは、他にも色々な食材を使った磯辺揚げのレシピをご紹介していますので、ぜひお気に入りを探してみてくださいね。

元記事を読む