1. トップ
  2. 恋愛
  3. 慎重派で恥ずかしがり…そんな彼には逆プロポーズでバシッと決める!方法4つ

慎重派で恥ずかしがり…そんな彼には逆プロポーズでバシッと決める!方法4つ

  • 2019.9.29
  • 1501 views

彼と長く付き合ってきたけど、彼は慎重派で恥ずかしがりで、世にいう"草食男子"。
彼から引っ張ってくれることなんてないけど、私の意見を聞いてくれるところがいいところ。
彼のいいところだからこそ、「言い出し始める」という役は私が担ってあげたい!
そんな男前なあなたでも、「でも女性からのプロポーズって何言えばいいの?」と不安になっていますよね。

そこで!女性からプロポーズするのにオススメな言葉4つを紹介します!
このまま言うもよし、あなた流にアレンジするのもよしです!

1. 「大丈夫よ!私が一生支えるから!」

意外と男子だって、支えられたいものです。
しかも最近は、男女の社会的力が均等になりはじめていたり、年収が不安定になっていたりして、「こんな俺では彼女を支えられない!」という不安で、結婚を切り出せない男性も少なくないです。

そこで逆にあなたから「支えてあげる!」と言えば、彼の責任感で押しつぶされそうな心を救うことができます。

実際、結婚はお互いに生活や経済、そして精神を支えあうことが今のトレンドです。
ですから、支えあいたいと思っている意思をみせることで、彼も安心して結婚に踏み切ってくれるでしょう。

2. 「ずっと好きだった。これからも好きでいる自信しかないわ」

結婚は今まで生きてきた人生と同じ、もしくは、よりも長く一緒にいることになる人がほとんどです。
なので、「この人に決めていいのだろうか」「ずっと愛し合えるのだろうか」と不安になる人もいます。

だからこそ、「これからも好きでいる」ということを強調してあげて、安心させてあげることが大事です。

「あの時あんなに大きい喧嘩をしたけど、今ではこんなに仲良しでしょ?」などと、超えられた壁を振り返って、彼の気持ちを「この先もやっていける!」と思えるように誘導してあげましょう!

3. 「どこだって、あなたとなら行けるわ」

結婚してしまうと、自分の人生の変化が相手の人生にも影響を多大に与えます。
特に最近はグローバルで活躍する人も多い世の中ですから、海外出張や赴任も多くなっています。

そんななかで、女性の社会進出も進んでいますから、「僕のキャリアで彼女のキャリアを閉ざしてしまったら申し訳ない」なんて思う優しい彼だと、なかなか結婚しようと言えなくなってしまいます。
そこで!あなたとなら、どこでも行ける、やっていけるという言葉だけでも、彼は大きく励まされるのです。

もし、ついていけなかったとしても、どうすれば上手くやっていけるかを一緒に考える姿勢を見せることで、「こんなに建設的な人を放してはいけない」と考えて、結婚に踏み切ってくれるでしょう。

4. 「あなたがいてくれるだけで幸せよ」

将来はワクワクする一方で、同じくらい不安です。
嬉しいことがあれば苦しいこともあり、一緒に住むとなれば、その苦しさを家庭に持ち帰ってしまい、彼女に大変な思いをさせてしまうかもしれない、という不安も彼は感じています。

自営業の方が彼氏ならば、尚更、大変さに巻き込んでしまう責任を感じてしまうのです。
そこで、あなたが「あなたがいてくれるだけでいい」と言えば、存在を肯定されることで、あなたとの未来を信頼することができ、結婚に踏み切ってくれるでしょう。

もし、本当に「居れば満足なんでしょ?」とふんぞり返りはじめたら、妻として、ちゃんとお灸をすえてあげましょね。

まとめ:あなたの気持ちを正直に

いかがでしたでしょうか?
慎重派の彼氏だからこそ、結婚することであなたに背負わせてしまう責任を考えて、動けなくなっている人も多いものです。

ですから、彼の人生の心配を取り除いてあげるような言葉をかけることで、彼も気持ちが軽くなって、すぐに結婚の話が進んでいくでしょう。
あなたが今、彼と結婚して、今後も彼と支えあいたい意思を言葉や行動でみせることが大切ですよ!

元記事を読む