1. トップ
  2. ダイエット
  3. 体を整えて小顔を目指す!元プロボクサーが手がけるリフトアップ法とは?

体を整えて小顔を目指す!元プロボクサーが手がけるリフトアップ法とは?

  • 2019.9.28
  • 6394 views

顔の形や大きさは生まれ持ったもの。個性を活かすためにメイクをしたり、表情の豊かさを保つためにマッサージをしたり、むくみをとったりしますよね。しかし思うようにいかず、小顔は永遠の憧れのまま・・・。数ミリでもシャープにするためにさまざまな美容方法が流行りましたが、今回は効率よく、年齢を重ねてからでもできる最新情報をお伝えします。

なぜ顔が大きく見えるのか?

undefined
Licensed by Getty Images

1. もともと、肉がある
加齢とともに顔の肉がたるんできてしまうので、ほったらかしにしているとますます大きくなる原因に。筋肉を鍛える顔のマッサージが必要です。

2. 体質によってむくみやすい
生理中や寝不足、飲酒などは体質によってむくみやすくなります。血液の循環を常によくして滞りを溜めないことが大切(冷えは大敵です!)。

3. 姿勢により顔の左右バランスがずれたり歪んでしまう
いつも同じ姿勢や、頬杖をついたり、寝るときの姿勢が原因で左右非対称になってしまう。左右対称をめざしてバランスを意識しましょう。

4. エラや頬骨など骨格が広い
食べ物を噛むとき片方で噛むと筋肉が発達してしまいます。両方で同じ回数だけ噛めるように意識し、凝り固まらないように解すイメージでマッサージを心がけて。

5. ヘアスタイルと顔のバランスが合っていない
頭と顔のバランスが合っていないと大きく見える原因にもなります。頭の形と顔の形、日本人特有の頭のコンプレックスを改善してくれるヘアデザイナー、MISS ESSENCE MAYUMIカットがおすすめ! 世界初の頭蓋骨矯正小顔カットを体験できます(http://www.miss-essence.co.jp/)

すべての願いを実現してくれる黄金の組み合わせ

undefined
Licensed by Getty Images

最近、HIFUハイフという美容機器を聞いたことありませんか? ハイフは高密度焦点式超音波ともいわれ、超音波を一点に集中して当てることで、表皮や他の組織を傷つけずに、皮下1〜2cmの深さまで超音波を当てることができる機械です。要するに、皮下脂肪に超音波エネルギーがダイレクトに伝わるということ。

キャビテーションなどのエステ機器では、肌表面の0.5cmほどまでしかエネルギーが伝わらないといわれています。皮下1〜2cmの筋膜までエネルギーが届くことで、従来の機器では伝わらなかった肌の深部までエネルギーが伝わるため、効果が出やすいそうです。この超音波が当たった部分の皮下脂肪の脂肪細胞は、加熱されることで溶けて体の外へ排出され、顔や目のシワやたるみを強力に改善します。特に、目のギリギリまでシワたるみ改善効果が行き渡るのが特徴です。前述の1、2であげたような顔の脂肪やむくみに効果的だと思います。

究極のリフトアップを体験

自力で解決することが難しい姿勢や骨格は、その仕組みや筋膜を熟知したプロの手に委ねるのが一番!

最新のハイフと骨格、筋膜にアプローチした組み合わせを生み出し、人それぞれに合ったオーダーメイドによる小顔を実現させてくれる施術があるのです。その施術を行なっているのが、麻布十番にあるマグナマーテル。このサロンの院長は元プロボクサーで米国公認(国家資格)のカイロドクターの専任教育を受けた「骨の専門家」です。

オリジナルの組み合わせは、
頭蓋骨矯正+筋膜ケア+背骨調整+HIFUスーパーリフト(100分)
それぞれの問題を解決し、体の調整から顔の黄金比率を意識し、左右のバランスを整え歪みを矯正します。

マグナマーテル 麻布十番
https://magnamater.storeinfo.jp/pages/2960131/static

undefined
Licensed by Getty Images

肌や体の重量は改善しやすいけれど、骨格や筋膜はセルフではなかなかできないもの。諦めていた方、トライしてみる価値ありです。

文/いわせ直美

元記事を読む