1. トップ
  2. 「最後まで成長し続けます」WHY@DOLL、定期公演ライブリポ

「最後まで成長し続けます」WHY@DOLL、定期公演ライブリポ

  • 2019.9.28
  • 268 views
WHY@DOLLが定期公演を開催
定期公演「WHY@DOLLレギュラー公演~Two sides glowing up~vol.12」より

【写真を見る】見つめ合い歌い上げる青木千春と浦谷はるな

11月をもって活動を終了するヴォーカル・デュオ「WHY@DOLL」が、東京・渋谷Gladにて定期公演「WHY@DOLLレギュラー公演~Two sides glowing up~vol.12」を開催した。

第1部ではオケ(伴奏トラック)を使用したダンスライブ、第2部では生バンドによるアコースティックライブが行われた。

1曲目は、元々ディスコ調だった「Magic Motion No.5」をボサノヴァ風のアレンジで軽やかに。“レッツゴー”“ウォンチュー”等のフレーズも、どこかエレガントに聴こえる。

特に浦谷はるなのヴォーカルは、カメラマンが「さらにリズム感が良くなって、聴きほれてしまった」と語るほどの充実ぶり。

定期公演「WHY@DOLLレギュラー公演~Two sides glowing up~vol.12」より
KADOKAWA

続いては夜8時開演という“大人の時間”にぴったりの、ジャジーな曲を集めたセット。

とはいえドラマーがいないので、いわゆるシンバル・レガートで4ビートを刻むスウィング調というわけではない。

「Show Me Your Smile」「Ringing Bells」、そして「パウダースノウ」と3曲を続けた。

「パウダースノウ」は、クリスマスソングなので本来なら“早すぎるのでは”といいたいところだが、今年の12月にはもうWHY@DOLLは稼働していないので、“わざわざこの時期にこの曲を聴かせてくれてありがとう”という感謝の気持ちが沸き起こる。

「自然にハモリが出て、勝手に体が動いてしまった」と、ジャジーなサウンドに二人は大喜びだ。

定期公演「WHY@DOLLレギュラー公演~Two sides glowing up~vol.12」より
KADOKAWA

青木千春のソロ「Hello Hello Hello」では、石井裕太(サックス、フルート)の抒情的なフルートもフィーチャーされ、やはり青木ソロ用の楽曲である「Forever」では、浦谷が控え目なハーモニーをつける。

その位置関係は「忘れないで」で逆転し、さらに浦谷のフェイヴァリット・ソングである「Notice Me」が披露される。

再びジャジーな空気が場内に充満した後は、「Dreamin' Night」と「Tactics」をシックに。

緻密なヴォーカルとコーラスと、バンド・メンバーが触発し合いながら、より良い音楽を作り上げるべく一丸となっている印象を受けた。

定期公演「WHY@DOLLレギュラー公演~Two sides glowing up~vol.12」より
KADOKAWA

アンコールの「Sweet Vinegar」が、また聴きものだった。“きっと”“きっと”という部分をエモーショナルに掛け合った後、“伝えたいから”と歌ったところで、舞台が暗転、明るくなるとミラーボールが回り出すタイミングも絶妙だった。

音響スタッフはもちろん、照明スタッフもWHY@DOLLの音楽を熟知した上で、いっそうよりよい形でライブを届けたいと作業に当たっているのだろう。

「WHY@DOLLラストライブツアー~We are always here for you~」は、9月29日開催の愛知・RAD HALL公演からスタート(昼の部はダンス、夜の部はバンド)。

定期公演「WHY@DOLLレギュラー公演~Two sides glowing up~vol.12」より
KADOKAWA

この日から、ツアー会場限定のフォトブックも販売される。お互いがカメラマンとなって撮影した写真や、台湾、北海道、鎌倉などでのショットもあり。

歴代衣装を着たフォトや、二人による対談も収められた盛りだくさんの内容であるという。またラストアルバム『@LBUM ~Selection 2014-2019~』も11月5日(火)に発売される。

「最新のステージが、いつも最高のWHY@DOLLです。最後まで成長し続けます」と語るWHY@DOLL。ラストスパートに突入した二人のステージを、一つでも多く体感していただきたい。(ザテレビジョン・テキスト=原田和典)

オリジナルサイトで読む