1. トップ
  2. メイク
  3. THREE&NARSでシミ・そばかすを自然にカバー! プロ直伝のベースメイク術

THREE&NARSでシミ・そばかすを自然にカバー! プロ直伝のベースメイク術

  • 2019.9.27
  • 3609 views

夏の日差しでついつい酷使しちゃっている肌。この時期になると、夏前と同じベースメイクではトラブルが隠れないことも…。人気ヘア&メイクの河嶋希さん曰く「重ねずカバーすることが最重要」なのだそう。シミ・ソバカス肌の改善ベースメイク方法について教えてもらいました。

夏終わりのお疲れ肌「シミ・ソバカス」

キレイに消すより、自然に隠す!下地とクッションの力でシミ・ソバカスが気にならない肌に
「シミやソバカスをキレイに消すことが美肌メイクとは思っていません。少しくらい透けて見えても、今はそれがかわいらしさや個性に転びます。コンシーラーで消してもその“厚さ”は消すことができず、厚塗り感のある肌は老けた印象に。シミやソバカスとなじみやすい黄み系下地とクッションファンデーションを選び、自然な範囲でカバーする方がよほど美肌に見えます」(河嶋さん)

Before

吉羽真紀さん(商社勤務・30歳)
「夏が終わると年々増えていくシミとソバカス。コンシーラーの不自然な厚塗りに、何度悲しくなったことか…」

 

【STEP1】オレンジ寄りの黄み系下地でシミ・ソバカスを肌になじませる

シミやソバカスはオレンジ寄りの黄み系下地で肌色となじませると◎。自然と光を反射するような質感を選ぶとなお良し。白系はシミやソバカスが肌から浮いて見えるので避けて。

(1)手の甲で下地をなじませる

肌にボテっとつかないように、下地をパール大ふたつ分ぐらい手の甲に出して軽くなじませます。

(2)シミ・ソバカス部分に下地をのばす

頬を中心にシミ、ソバカスが気になる部分に下地をのばします。指の腹全体で押さえ込むように塗って。

(3)あまりつけ足さず顔の中心だけにのばす

シミやソバカス以外の肌にもたっぷり塗るとカバー力が軽減して見える場合も。のばすのは顔の中心のみにとどめて。

1.光を散乱させながらヘルシーな血色感を高める。
カネボウ化粧品 コフレドール カラースキンプライマーUV 04 SPF20・PA+ 25g ¥2,800(編集部調べ)

2.余分な皮脂を吸着しながら毛穴もカバー。
ジルスチュアート ラスティング フルフラットベース SPF25・PA++ 30ml ¥2,800

3.透明感を引き出し肌トーンを整える。【モデル使用】
THREE アンジェリックコンプレクションプライマー 02 SPF22・PA+++ 30g ¥4,200

 

【STEP2】クッションファンデーションの厚みでシミ・ソバカスを“消せる範囲で”消す

今どきのクッションはとても進化していて、カバー力が高い上にツヤがあり、重ねても厚塗り感が出ません。シミやソバカスを自然と薄くしつつ、ナチュラルなツヤ美肌に。

(1)パフの面を使いファンデーションを塗る

下地を塗った範囲よりちょっとだけ広げた顔全体に、パフの広い面を使ってスタンプのように塗ります。

(2)コンシーラー代わりにシミ・ソバカスの上にON

気になる部分のみ重ね塗り。ほかのものではなく同じアイテムを使うので、なじみ力が高く厚塗り感を防げます。

(3)フェースラインを手のひらでなじませる

フェースラインに肌トラブルはないので、律儀に塗る必要はなし。ここを塗らない方が軽い印象に仕上がります。

1.程よくマットな質感。
イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー オール アワーズ クッション SPF50・PA+++ 全4色 ¥7,500

2.重ねても自然なツヤ肌に。【モデル使用】
NARS ナチュラルラディアント ロングウエア クッションファンデーション SPF50・PA+++ 全6色 ¥6,300(セット価格)

3.美白薬用クッション。
クリニーク イーブン ベター ブライトニング クッション コンパクト 33 [医薬部外品]SPF33・PA+++ 全10色 ¥5,300

 

メイク前のシミ・ソバカス肌が…

\メイク後!/

「自然にカバーされて気にならない!ツヤ感もUPしました」

より美肌に見せたいなら…チークの血色感でシミ・ソバカスをなじませて

肌に溶け込むベージュピンクのチークをなじませれば、シミやソバカスを上からもカムフラージュできます。リキッドタイプはクッションと相性抜群。

アディクション チークポリッシュ 09 ¥2,800

 

“シミ・ソバカスはキレイに消しすぎない方が自然な美肌印象に”

 

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん
io所属。発売中の著書『見違える、私メイク』(ワニブックス)が大人気。簡単なコツで確実にかわいくなれるメイク術に魅せられる女子多数!

 

『美的』10月号掲載
撮影/天日恵美子(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/河嶋 希(io) スタイリスト/小川未久 構成/上村ゆう子

元記事で読む