1. トップ
  2. “妖精”浜中文一主演のおバカ度MAXミュージカル「50Shades!」再演決定! ビジュアル解禁

“妖精”浜中文一主演のおバカ度MAXミュージカル「50Shades!」再演決定! ビジュアル解禁

  • 2019.9.27
  • 528 views
ミュージカル「50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」本ビジュアルが解禁に! 主演は浜中文一
KADOKAWA

浜中文一が主演を務めるミュージカル「50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」の2019年バージョンが、11月15日(金)から3都市で上演されることが決定。このたび、本ビジュアルが解禁となった。

【写真を見る】“はじこい”での商社マンっぷりも話題となった浜中文一

クリスチャン・グレイ役は浜中文一が続投

「50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」は、全世界で1億冊以上が売れた大ベストセラー官能小説「50シェイズ・オブ・グレイ」をパロディーにして作られたコメディーミュージカル。

オフ・ブロードウェイで上演されるやいなや話題騒然となり、“大人の娯楽”を求めた観客が劇場に押し寄せた。

海を越えることは不可能と思われた型破りな世界観の「エロティックコメディーミュージカル」を、“クレイジーな下ネタには造詣の深い”演出家・河原雅彦が2016年に日本初演を実現。

ロックナンバーの数々に乗せて繰り広げられるおバカ度MAXなミュージカルは、日本の劇場でも観客を爆笑の渦に巻き込み、大絶賛された。

そんな初演から3年、2019年バージョンとして東京、大阪、福岡の3都市での上演が決定。主人公のクリスチャン・グレイ役は、初演に引き続き浜中が続投する。

初演時に、初主演にして“若く有能だが、心から人を愛せないサディストの青年実業家”という突飛なキャラクターを見事に演じ切った浜中は、ジャニーズアイドル像から180°振り切った演技で、見る者に笑いと感動の入り混じった涙を流させた。

そのクリスチャン・グレイは、“50通りに歪んだ”と評されるほどにとんでもない性癖を持ったサディストの青年。

解禁となったビジュアルは、彼の頭の中から飛び出すイメージの数々が刺激的かつ、どこかおバカな世界観をほうふつとさせるものとなっている。

強烈なキャスト陣が集結した2019年バージョン

2019年バージョンとして新キャストの参加が決定。グレイにより未知なる世界に足を踏み入れるヒロイン・アナ役には、初のミュージカル出演となる水崎綾女が起用された。

また、圧倒的な歌唱力と存在感でミュージカル界を牽引するシルビア・グラブ、一度見たら忘れられない個性的なキャラクターで魅了する野口かおる、リアリティーと迫力ある演技で定評のある青木さやか、独特のコメディーセンスで河原からの信頼も厚い福田転球も出演。

さらに、アンサンブルキャストには女装パフォーマーのレディビアード、カイル・カード、パイレーツオブマチョビアンという、強烈なキャスト陣が集結している。

上演台本・訳詞・演出:河原雅彦コメント

この舞台の再演のお話を頂いた。ファンタジーかと思った。この作品を超えるアブノーマルで愉快なミュージカルは、おそらく世界中どこを探してもないだろう。

先日、自分で作った日本版の初演と久々に向き合った際、エロバカ過ぎて本気でめまいがした。エロバカロックが三度の飯より好きな自分としては、まさに桃源郷のような世界だった。

とはいえ、前回同様キャスティングには大変苦労した。当たり前だ。エロバカが過ぎるからだ。けど、なんとか無事に集まった。前回に引けを取らない素晴らしい俳優陣が。

本当、どうかしている。もう一度言う。この舞台の再演のお話を頂いた。ファンタジーかと思った。浜中文一はおそらくなんかの妖精なんだと思う。

ミュージカル「50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」ストーリー

週に一度、「本を読む会」を開催している主婦三人組のパム、ベブ、キャロル。マンネリ化した性生活を送る彼女たちが選んだ本は、女子大生のアナが若き企業家のグレイに惹かれていく恋愛小説、いやその実、官能小説。

小説で描かれるのは、これまで平凡に生きてきた純真無垢な女子大生・アナと、リッチで色男、だけどとんでもない性癖を持った青年実業家・グレイの、どこまでも歪んだ愛のカタチ…。

果たしてアナの心のビッグ・ホールは、グレイのビッグ・ラブによって埋められるのか? 引かれ合う2人の行方やいかに!?(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む