1. トップ
  2. メイク
  3. 【 ディオールの人気ファンデ】から紐解く、”鈴木えみ”の美しさの秘密とは?

【 ディオールの人気ファンデ】から紐解く、”鈴木えみ”の美しさの秘密とは?

  • 2019.10.15
  • 93509 views

PR : Violet × Dior

モデル、デザイナー、母、そして妻という多くの肩書を持ちながらも、常に女性としての姿を感じさせるオーラを放つ鈴木えみ。どこか女神を想わせる佇まいの秘密は、誰もが憧れを抱くその"肌"。白く透き通り、穏やかで優しさを内包しながら、凛とした光のような肌。

名品"ディオールスキン フォーエヴァー フルイド"を通して紐解く、鈴木えみの『メイクアップとは何か』

undefined

ジャケット ¥470,000/DIOR、イヤリング ¥102,000/DIOR JOAILLERIE

”「心地よいと感じるとき、女性は一番美しくなる」、このピーター・フィリップス(ディオール メイクアップ&イメージ ディレクター)の言葉に、共感を抱きます。それは、決してすっぴんにパジャマのようなリラックス感だけではなく、理想の肌やメイクアップでいることで自信が生まれ、自分の力を存分に発揮できるかどうかということ。このリキッドファンデーションはつけていて、どこまでもナチュラルでいられて心地いいんです。

――鈴木えみ

▶︎「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド」商品詳細はこちら

鈴木えみさんの「今」と「ファンデーション」

日々忙しそうだけれど、メイクアップを面倒だなと思うことは?

母親は今でも美意識が高くて、きちんとメイクをする人なの。すごくお洒落な人で、黒ずくめのファッションに赤リップが定番で、わたしにとっての大人の女性像はきっとここが原点。そんな姿を見て育ったこともあって、メイクアップはするのが当たり前のもの。お出かけする日は必ずするし、面倒だなって思ったことはないかな。とはいえ、ものすごく塗り込んでいるわけじゃないから、落とす時も目もととリップを専用リムーバーで落として、あとは洗顔で一気に落としちゃう。ポイントはただ1点、極力こすらないってことぐらい!

毎日、朝8時にアラームをかけて、娘を起こしたり、お掃除をしたりしてから、メイクアップの時間に。途中ダニョ(愛猫)と遊んだり、ゲームをしながらだから30分くらいかかるけど、ちょっとした息抜きも兼ねているから、すごくパーソナルな時間かも。

undefined

ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ 全8色 30mL SPF35・PA++ ¥6,000/PARFUMS CHRISTIAN DIOR、コート ¥500,000/DIOR

ベースメイクアップのこだわりは?

実は、2年前からファンデーションブームが到来中なの。職業柄たくさんのプロダクトに触れる機会が多くて、あれこれ試していたらすごく進化していることに驚いて。個人的には、軽やかでさりげないカバー力があるリキッドタイプが好きで、仕上がりは風通しの良いセミマットな肌が理想かな。ツヤはメイクアップで後から足す派だから、ベースはふわりと光を放つぐらいが気分。そういう意味でもフォーエヴァー フルイドはぴったりかも。ファンデーションを塗るときは、顔全体に広げるとのっぺりしてしまうから中心部分をメインに広げて、立体感を意識してる。

undefined

ブレスレット"rose de vents" ¥860,000、イヤリング"mini rose" ¥170,000/DIOR JOAILLERIE

具体的にはどんな進化に驚いた?

コンシーラー+パウダーで仕上げる肌とは明らに違う、均一でキレイなヴェールがかかるというか、キメが整う感じもツヤ感もトータルで補ってくれるところかな。その仕上がりのすごさに、34歳になってから気付くという……。理想のファンデーションに出会うと、『飲みたい』とさえ思うこともあるほど、ファンデーションって素晴らしいプロダクトだと思ってる。

undefined

肌を日によって作り分けたりする?

もちろん! Lautashi(自身のアパレルブランド)のお店で接客をする日は、オフィシャル感というか、気合の完璧肌に。夜ごはんで外食ってときはコンシーラーにパウダーだけだったり、BBQとかアウトドアで自然光を長時間浴びるときは、粉っぽさが目立たないようにパウダーをなしにしたり。人との距離、TPOや光を考えて変えているかも。アイメイクやリップをどうしようかな?って考えるのと同じように、肌もね。

今回の“ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ”を使ってみて、どうだった?

スキンケアをきちんとした後みたいなツヤ感で、すごく好きだなって思った!ファンデーションの膜感を感じさせない。マットタイプと2種類あるけど、どちらかと言えばグロウの方がより好みかな。ファンデーションってつけている時の感覚が、すごく大事なジャッジポイントだと思うの。わたしはちょっとでもうーん……って思うとすぐ落としたくなっちゃうんだけど、このファンデーションはまとっていて心地いいなって。

undefined

コート ¥500,000/DIOR、リング"oui" ¥117,000/DIOR JOAILLERIE

子どもを産んでも変わらない、その美しさの秘密を教えて?

よくファンの方たちから「お母さんに見えないですね」とか「いつもちゃんとしていてすごいですね」って言って頂くのだけど、ずっとそれが不思議で……。娘が生まれて何かをする“時間”を諦めることはあっても、メイクアップをすることもヒールを履くことも、当然というか好きで自然なことだから“諦める”という感覚がなくて。もちろん必死にお化粧していた時期もあるよ、娘を抱っこしながら! 運動会にもブーツで行って、旦那さんの代わりに急遽借り物競争に出ることになったけど、それで1位ちゃんと取ったから! まわりのお父さんたちに「それで走るんですか⁉」って驚かれながら。『お母さんなのに』とか『お母さんだから……』っていう、どこか根強い思い込みのような感覚が、いつか自然と薄れていくといいな

今はモデルだけでなく、デザイナーとしての顔も持つように。そのエネルギーは、いったいどこから?

すべて、好きの延長なの。好きなことを仕事にしたいし、自分が納得したことをして、やりたいことにパワーを使いたい。『じゃあどうしたらそうできる?』って考えた結果が今なのかな。結果は後からついてくるから。これは昔からそうで、『何で!?』って思うことはマネージャーや編集さんに理由を聞いてた。それで納得いけばやるし、『うーん』って思ったらやらなかった。自分の心の声を聴くのは、得意な方だと思う。

undefined

スカート ¥420,000/DIOR、リング"oui" ¥117,000、イヤリング"oui" ¥102,000/DIOR JOAILLERIE

”メイクアップは、名刺のようなもの。紙、デザイン、フォントを選ぶように、肌というキャンパスの色もテクスチャーも、自ら選択をして描いて行きたい。それが結果的に相手の印象に残ることは、すごく嬉しいこと。”

――鈴木えみ

これからの夢は?

夢っていうのはなくて、全部目標でしかなくて。モデルを始めて、幸運にも25歳ぐらいまでバーッと進んでいったこともあって『こんな風になりたいな』とか考えたことがなかったの。でも今あるのは、やっぱり目標達成のためのタスク。Lautashiの30着ある洋服の型のうち、半分の15着は濃いデザインにしたいな、とか。ブランドサイト内に有料コンテンツを作りたいなとか、そういうのがたくさん。いろいろな経験を経た今、10歩先は見えないかもしれないけれど、1歩先なら見えるし分かる。その繰り返しなんだよね、きっと。

なりたい肌にそっと寄り添ってくれる、ディオール史上最高のファンデーション

undefined

忙しく現代を生きる人々に贈る、ディオール史上最高のファンデーション。素肌と一体化するようなナチュラルフィニッシュでありながら、スキンケア効果でつけたての美しさと潤いが1日中持続。気になる毛穴や色ムラなどをカモフラージュし、まるで美しい素肌となり変わるリキッドファンデーション。グロウとマットの2種のバリエーションは、なりたい肌や気分にそっと寄り添ってくれる。

[左]ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ 30mL SPF35・PA++ ¥6,000(全8色)揮発性のオイルを配合し、べたつくことなくハリのある発光肌をアシスト。上品なツヤをたたえた端正なセミグロウ肌に。

[右]ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マット30mL SPF35・PA+++ ¥6,000(全8色)透明感とマットを両立させることで、厚塗り感を払拭。過剰な皮脂を吸着し、サラリ、風通しの良いセミマット肌を叶える。

”Diorの史上最高ファンデ”を詳しく見る

▶︎「Dior」公式サイトへ

※商品価格は全て税抜きです

Photography:SAKI OMI
Styling:SAEKO SUGAI
Hair&make up:MAI OZAWA
Text:KAZUKO MORIYAMA