1. トップ
  2. グルメ
  3. 【原宿】ヘビロテしたいパン食堂!フランスの息吹を感じる「レフェクトワール」

【原宿】ヘビロテしたいパン食堂!フランスの息吹を感じる「レフェクトワール」

  • 2019.9.27
  • 1658 views

おはようございます。10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニアの片山智香子です。

この連載では、朝から元気になれる美味しいパン屋さんやカフェを紹介します!

【原宿】ヘビロテしたいパン食堂!フランスの息吹を感じる「レフェクトワール」

JR原宿駅からは徒歩10分、東京メトロ千代田線・明治神宮前駅からは徒歩4分程度のところにある「レフェクトワール」。TAKEO KIKUCHIが入っているビルの3Fにあります。

こちらは京都に本店がある「ル・プチメック」のカフェ形態。ただ、レフェクトワールってフランス語で「食堂」って意味らしいので、カフェというよりも「食事も楽しんでね!」って意味合いが強いのかなと。

自分のお腹具合にあわせて、前菜、サンドイッチ、デザート、ドリンクなどを好きに組み合わせて食べて頂きたい!というコンセプトなのだそう。時間や体調に合わせて自由に楽しめそうですよね。

ル・プチメックより置いてあるパンの種類は少ないですが、十分心満たされるラインナップ。

私が伺ったときは、ちょうどお昼時でお腹がすいていたので、シンプルや甘めなパンというより食事系のパンばかり選んでしまいました(笑)

手前から、粒マスタードマヨネーズのタルティーヌ

色合いからしてルヴァンやセレアルなどのカンパーニュ系のパンを使っていると思われるタルティーヌ。

クラストは焼き色濃く、よく焼きこまれているけれど、クラムはもっちり弾力があって…そのコントラストが◎。クラストの香ばしさもアクセント。

上にはブロッコリーにカボチャ、それにキャベツがのっています(キャベツは見えにくいですが下の方にあります)粒マスタードのピリッといた味わいをときおり感じますが、全体的にまろやかな仕上がり。

向かって左がカレーじゃが

じゃがいもパンにカレーマヨネーズとチーズ。そうか!じゃがいもがねりこまれているから、よりもっちりヒキがあったのか!と食べ終わって気づきました(笑)

カレーパンというよりは、カレー粉、マヨネーズ、チーズが三位一体になったカレーを味わう感じ。中にカレーの具材が入っているワケではないので軽いのですが、カレー味の満足度はしっかり高いパンでした。

一番奥にあるのが、持ち帰り用に購入した緑オリーブとチーズのバゲット

これ、日比谷のル・プチメックでも購入したことあるのですが、大好きで!

シンプルな食感、味わいのバゲットに緑オリーブの程よく主張してくる塩味が…最高に美味しいのです!どうしてもこちらもイートインで食べたくて、2スライスだけカットしてもらいました。

イートインスペースには54席あり、カウンター席も充実しているので、一人でも過ごしやすいです(コンセントも充実してます)

そして、バルミューダ(トースター)があるので、パンをトーストして食べることができるのも嬉しい。

ちなみに朝8:30から楽しめるセットメニューも。「そんなに朝早くからいっぱい食べられないよ!」って日は、クロワッサンとサラダだけのクロワッサンプレートで軽くすませる朝も良いですね。

使い勝手がよく、近くにあったらヘビロテしたくなるパン屋さんです。

レフェクトワール

住所:東京都渋谷区神宮前6-25-10 タケオキクチビル3F

電話番号:03-3797-3722

営業時間:8:30~20:00

定休日:年始

ホームページ:http://lepetitmec.com/location/refectoire/

※記事の内容は公開時点の情報です。お店の最新情報はお店のホームページなどでご確認ください。

元記事で読む