1. トップ
  2. 名言満載の「日めくり」も発売! SNSで人気沸騰の光ママ親子が明かす “しゃかりき”な10年間 <インタビュー>

名言満載の「日めくり」も発売! SNSで人気沸騰の光ママ親子が明かす “しゃかりき”な10年間 <インタビュー>

  • 2019.9.26
  • 329 views
 インスタグラム動画「頑張るお母さんシリーズ」で、子育て世代の女性たちから大人気の光ママ(左)と、愛息のヒロちゃん(右)
KADOKAWA

【画像を見る】光ママの名言の中から、ザテレビジョン読者のために本人が選んだ一言がこれ。“母ちゃんの口癖”の定番?

なぜか毎日ママさんバレーのユニフォームに身を包み、熊本弁で愛息“ヒロちゃん”とのやりとりをつづるインスタグラム動画「頑張るお母さんシリーズ」が、子育て世代のママたちから共感を集め、話題を呼んでいる“光(ひかる)ママ”。インスタグラムは62万人以上のフォロワーを獲得し、現在も口コミで増加中。「スッキリ」「ウチのガヤがすみません!」(共に日本テレビ系)といったバラエティー番組にも登場し、今や世代・性別を問わず、人々の注目を集めている。

その光ママが、厳しくも優しい“名言”と、見ているだけでほのぼのとしてしまう“写真”を収めた「【日めくり】まいにち光ママ!」をリリース。ザテレビジョンでは、光ママとヒロちゃんの2人に直撃インタビューを敢行。光ママのこれまでと今後の展望について話を聞くとともに、一心同体となって歩んできたお笑いコンビ「しゃかりき」についても語ってもらった。

「光ママには、助けてもらってばかりです(笑)」

光とおっくんによるお笑いコンビ「しゃかりき」について語る、光ママ&ヒロちゃん
KADOKAWA

――しゃかりきといえば、お笑いファンの間では早くから注目を集め、順調に芸歴を重ねてきた印象がありますが、実際はいかがですか?

光ママ:いやいやいや、順調ではなかったみたいですよ。テレビのネタ番組にもずっと出られなかったですし、レギュラーで出演させてもらってる(ヨシモト)∞ホールのランキングでも、常に下位の方だったみたいだし。

――とはいえ、光さんの太ももを馬などの脚に見立てる「太ももモノマネ」で注目された時期もありましたよね。

光ママ:あのネタでテレビにはいくつか出させてもらったみたいですけど、その後は別に、営業も増えず、何にもつながらず、「なんで仕事が増えへんのかなぁ」と思ってたらしいです。でも、しばらくして自分たちに価値がなかったんだと気付いたみたいで。

――いえいえ、そんなことはないと思います(笑)。

光ママ:いや、そうなんですよ。でも、あの時期があっての今であり、いろんな経験をしてきたから、光ママに助けてもらえるようになったんだ、と本人も話しております。

しゃかりきは今年で結成10年なんですけど、光ママは、NSC(※吉本の養成所)の頃からずっと一緒なので、共に10年を歩んできました。それがたまたま、ここへ来て動画で人気が出ちゃいまして。

ヒロちゃん:光ママには、助けてもらってばかりです(笑)。

「フォロワーが1000人に達した時、光さんはバイトを辞めたんです。変に自信があった…って本人も言ってました」

ブレークの経緯を語る光ママ&ヒロちゃん。「『スッキリ』に出演した時、放送直後にフォロワーが一気に5万人くらいに増えて。さすがにびっくりでした!」
KADOKAWA

――今や大人気の光ママの動画ですが、最初に手応えを感じた瞬間は?

光ママ:手応えというよりかは、感覚だったみたいです。光さんのインスタグラムのフォロワーが200人の時に、私がインスタグラムを乗っ取っちゃったんですけど(笑)、200人だと手応えなんて全然ない…って話してました。

でも、光ママ親子の「頑張るお母さんシリーズ」がアップされて、フォロワーが1000人に達した時に、光さんはバイトを辞めたんです。当時はバイトしないと食べていけなかったし、バイトで割と稼いでいたみたいで、周りからは「あいつ、あんないいバイト辞めて、バカじゃないの」って散々言われたようです。でも、変に自信があったというか、なんか不思議な感覚で決断した…って本人も言ってましたけどね。

ヒロちゃん:おっくんいわく、「フォロワーがたったの1000人で『これでいける』と思ってバイトを辞めた人、初めてじゃない?」って(笑)。おっくんなんか、光ママ親子で忙しくなってバイトに行けなくなったの、つい最近ですからね。

――フォロワーが爆発的に増えた瞬間はあったんですか?

光ママ:徐々に、毎日少しずつ増えていったんですが、「スッキリ」に光ママ親子が出演した時は、放送直後に一気に5万人くらいに増えて、さすがにびっくりでした。光ママと同じお母さん方が、朝の家事を終えて、一息つきながら「スッキリ」を見て、共感してくださったみたいで。ありがたいですね。

――その時は、おっくんのフォロワーも増えたんですか?

ヒロちゃん:おっくんは全然みたいです(笑)。光ママ親子とは全く別のことをやっているので。

――おっくんは、「なんday」「ザコ丸くん」といったギャグシリーズの動画をアップしていますね。

ヒロちゃん:はい、6、7種類のギャグを上げてる…みたいです(笑)。でも実は、光ママよりもおっくんの方が先に動画の配信を始めたんですよ。(ヨシモト)∞ホールの芸人の中では、たくさん動画を上げている方で、光ママの動画は、どちらかというと少ない方なんですけどね。

光ママ:光さんは、おっくんのギャグを温かく見守っている感じですかね。

ヒロちゃん:先輩芸人からは、いろいろとダメ出しされてるみたいですけど(笑)。あと、光ママも…。

光ママ:(笑)。そりゃ、とんでもない動画の時は、光ママも「それはおかしいよ」って注意しますよ。

「この日めくりが、家族の会話のきっかけになればいいですね」

「【日めくり】まいにち光ママ!」は、光ママいわく「『そんなに毎日100%頑張らんでもいいよ』というメッセージが込められた」一作
KADOKAWA

――そしてこのたび、そんな光ママの名言の数々が収められた「【日めくり】まいにち光ママ!」がついに発売されました。

光ママ:いや~、すごい快挙ですよね、一般の主婦としては(笑)。

――本作の注目ポイントを教えてください。

光ママ:光ママのだらしない一面も紹介されてますので、ちょっと心のゆとりができるような、「そんなに毎日100%頑張らんでもいいよ」といったメッセージが込められた日めくりです。主婦の方々だけでなく、子供から大人まで、男性も独身の女性も、これを見れば、元気が出るのは間違いなし。

「【日めくり】まいにち光ママ!」には、異性にモテるための秘訣も?
KADOKAWA

ヒロちゃん:確かに、光ママの名言は、誰にも響く言葉ではあると思います。これを見ると、あったかい気持ちになって、実家に帰りたくなるんじゃないでしょうか。この日めくりが、家族の会話のきっかけになればいいですね。(光ママに向かって)…ねえねえ、これ見て、お母さん。

光ママ:いや、お母さん、忙しか!

ヒロちゃん:ねえ、ちょっと見て。

光ママ:そやから今、お母さん忙しかって!…どれ?

ヒロちゃん:…みたいな会話のきっかけに(笑)。

光ママ:あと、プレゼントにもいいですよね。お母さんを思い出すきっかけにもなるし。やっぱりね、離れて暮らしていても、子どもが自分のことを思い出してくれるだけで、お母さんはうれしいもんですよ。見出しではない小さな文字に光ママの気持ちも書かれているので、そちらもぜひ読んでみてください。

――数ある光ママの名言の中から、ザテレビジョン読者にお薦めしたい言葉を一つ選ぶとしたら?

光ママ:よく光ママがヒロちゃんに言う言葉なんですけど、「よそはよそ! うちはうちたい!」ですね。よその家のいいところは取り入れた方がいいんでしょうけど、詰まるところ、「よそはよそ」「うちはうち」なんですよ。

ヒロちゃん:ヒロちゃんも納得してます(笑)。

【画像を見る】光ママの名言の中から、ザテレビジョン読者のために本人が選んだ一言がこれ。“母ちゃんの口癖”の定番?
KADOKAWA

――撮りおろしの写真も満載ですが、撮影はいかがでしたか。

光ママ:「いっぱいお化粧した方がいいのかしら」とか「どういうポーズがいいのかしら」とか、めちゃめちゃ戸惑いました(笑)。でも結果的には、光ママとヒロちゃんの、いつも通りの日常を切り取ってもらえたんではないかと。

「【日めくり】まいにち光ママ!」より。光ママはもちろん、最愛の息子・ヒロちゃんも、さまざまな表情を見せてくれる
KADOKAWA

「10年前は今の状況は全く想像できなかった。想定外の人生を生きてます(笑)」

「光ママ親子のファンの方が、しゃかりきさんにも注目してくれるようになったらうれしいです」と抱負を語る光ママ&ヒロちゃん
KADOKAWA

――ちなみに年配の方々の中には、光ママを見て、同じ熊本県出身のばってん荒川さんの姿を思い出す人もいるかと思います。ばってん荒川さんを意識したり、目標にしているといったことは…?

光ママ:いやもう、偉大すぎて、目標だなんておこがましい…と思いますね。でも、ばってん荒川さんがやってきたように、熊本を盛り上げたいという気持ちは、光ママも一緒かもしれないです。

――では、光ママの今後の展望をお聞かせください。

光ママ:光ママ親子は、皆さんのおかげでこれだけ広まったと思うので、これからも光ママ親子のファンの皆さんに向けて、メッセージを発信し続けていきたいです。

ヒロちゃん:みんなから、うらやましがられるような親子でありたいですね。

――「スッキリ」ではレポーターを務められていましたが、テレビの活動についてはいかがですか?

光ママ:もちろん機会があれば、ぜひ! 「スッキリ」のレポーターも、いろんな人とロケして、本当に楽しかったばい。

――今後、教育関係のお仕事の依頼もありそうですね。

光ママ:そんなお話も頂けたらうれしいですねー。それが正解かどうか分かりませんけど、「光ママはこう思います」っていう、光ママの意見でよければ、言えると思いますので。

――お笑いの賞レースなどへの参戦は?

光ママ:いやいや、芸人さんじゃなかけん、そんなぁ(笑)。

――では、お笑いコンビ・しゃかりきとしての目標は?

光ママ:光ママ親子のファンの方が、しゃかりきさんにも注目してくれるようになったらうれしいですし、そうなれるように頑張っていきたいと思います…って話してました。

ヒロちゃん:ネタもいっぱいあるみたいだしな。

光ママ:光ママ親子のファンで、しゃかりきさんを知らないっていう人は多いと思うんですけど、しゃかりきさんのファンの方は、光ママ親子のファンでもあるんですよ。昔から応援してきてくれた方が、「しゃかりきもやっと日の目を見た」って喜んでくださってるみたいです。

ヒロちゃん:なんせ10年やってますからね。

光ママ:本当に、10年前は今の状況は全く想像できなかったですね。想定外の人生を生きてます(笑)。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む