1. トップ
  2. 未来の環境を見据えた花王の変化、「企業が変わらなければ取り残される」

未来の環境を見据えた花王の変化、「企業が変わらなければ取り残される」

  • 2019.9.26
  • 903 views

9月26日(木)、都内にて、未来の社会への貢献を目指した、花王グループのESG(環境・社会・ガバナンス)戦略に関する発表会が開催された。花王社長 澤田道隆氏は、今後ESG経営に大きく舵を切ることを宣言。「先日の気候変動サミットではグレタ・トゥンベリさんが強い決意を持ってお話されていましたが、我々企業はそれ以上の決意を持たなくてはいけない。異業種、産官学も巻き込んで、大きなムーブメントを起こしていきたい」との考えを示した。

【写真を見る】花王は詰め替え用容器を本体として活用できるよう提案している

花王グループのESG戦略に関する発表会に出席した花王社長 澤田道隆氏
KADOKAWA

同社は、2019年4月に公表したESG戦略「Kirei Lifestyle Plan(キレイライフスタイルプラン)」を具現化させ、その活動を本格始動。“よきモノづくり”の思想を、“ESG視点でのよきモノづくり”へと高めて、環境や社会に配慮した取り組みをより一層強化し、グローバルで存在感のある会社を目指す。

ちなみに、「Kirei Lifestyle Plan」は、昨今の気候変動、高齢化社会、資源枯渇、海洋プラスチックごみといった社会的課題のなかで、消費者が求める“持続可能な暮らし”「Kirei Lifestyle」を実現するためにまとめたESG戦略のこと。

澤田氏は「未来を担う基盤構築は簡単ではありませんが、企業自らが変わらなければ取り残されると考え、『企業姿勢を大きく変える』『モノづくりのあり方を大きく変える』『目線を大きく変える』という考え方を根幹に据えていく。2025年、2030年、それ以降も持続的な成長が可能となるようにESG活動を強化していきます」とコメント。

プラスチック製アイキャッチシールの全廃も目指す
KADOKAWA

“Kireiイノベーション”の注力アクション第1弾の1つ、プラスチック循環社会に向けた「リデュースイノベーション」としては、「プラボトルレス化の加速(新しいフィルム容器活用の提案)」「プラスチック製アイキャッチシール全廃」「廃棄物(製品・販促物)ゼロ化」「ホワイト物流推進」を考えている。「例えばアイキャッチシールは全廃しようと思えばすぐにできるのですが、ユーザーとのコミュニケーションであったり、そこでビジネスが回っている部分もあるので、一部を再生紙にするなどしながら進めていきたい」と澤田氏。

その他、同社は「リサイクルイノベーション」「ソーシャルイノベーション」にも注力していくが、「特に『ソーシャルイノベーション』は難しいのですが。例えば花王は、2018年に肌の表面に薄い膜を作る“人工皮膚”の技術『ファインファイバー』を開発し、実用化の第1弾として、美容目的に応用した新商品を2019年に投入する予定ですが、こういったものを将来的には医療領域、治療へ応用できるようにしていきたいと考えています」と、今後の構想についても述べていた。

なお、2020年春には、「Kirei Lifestyle」を体現する新ブランドを欧米から発売する予定だという。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

元記事を読む