1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【動画】美姿勢づくりは「足首」から?土台をゆるめるセルフケア

【動画】美姿勢づくりは「足首」から?土台をゆるめるセルフケア

  • 2019.9.25
  • 1155 views

足首と足の甲をゆるめよう

わたしたちの身体を支えてくれている足裏や足首。体重がかかる位置が後ろに行き過ぎていたり、前方に体重がかかりすぎている方は足首や足の甲のあたりに余分な力みがでて、固くなりやすくなります。結果、姿勢やレッグライン、歩行にも影響がでてきます。

そこでおすすめしたいのが、足先をゆるめるセルフケア。足首で円を描くようにして丁寧にほぐし、指を1本ずつ丁寧に回したり、軽くはじいたりすることで足の甲を走る骨(中足骨)を動かしてゆるめましょう。

足裏には重心を感知する働きもあり、足部をしっかりゆるめるのは身体作りでとても大切で、女性のためのヨガクラスでもよく行うワークのひとつ。ヨガのポーズをする前や出かける前のセルフケアとしてぜひ実践してみてください。

足首、足指回し

①左膝に右足の足首を乗せ、右手でくるぶしをつかみます(親指で内くるぶし、中指で外くるぶしのすぐ下を押さえます)

②左手でかかとを押さえてかかとで円を描くように足首を回します。

③次につまさきで円を描くように足首を回します。

④手足を左右入れ替えて反対側も同様に行います。

足指パッチン

①左膝に右足首を乗せ、右手で足の甲をつかみます(足の甲を掌でつつむように押さえます)

②足の小指を軽くひっぱりながら、左右に円を描くように回します。

③足の甲をつつんでいる手の人差し指を足の小指にひっかけて、足の甲側に軽く引き、人さし指を話してパチンとはじきます。

④小指が終わったら、親指まで同様に行い、手足を入れ替えて 反対側も同様に行います。

効果を出すポイント:足指を動かしたり、弾く際は足の甲に走っている細い骨(中足骨)を意識しながら行ってみましょう。

教えてくれたのは…仁平美香
ヨガ講師(月経血コントロールヨガ、産後ママのためのメンテナンスヨガ、体軸ヨガ講師養成スクール講師)、セラピスト(内臓・骨盤底ケアforwomenなどのメニューを担当及び整体スクール講師)、栄養士。一般社団法人日本ホリスティックヘルスケア協会理事。女性のためのヨガ協会代表。女性のためのイベントYOGAWOMANにて講師を担当する他、企画運営にも携わる。「カラダをゆるめてこころを整えるはじめての月経血コントロールヨガ」「医師もすすめる血管美人ヨガ」等著書多数。雑誌・WEB等コラム監修も行う。

元記事で読む