1. トップ
  2. 高速道路のリピ確実グルメ!関西のSAご当地メニュー9選

高速道路のリピ確実グルメ!関西のSAご当地メニュー9選

  • 2019.9.25
  • 7387 views

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアは、旅の目的に欠かせないご当地グルメの宝庫!そこで、NEXCO西日本のSA・PA情報や西日本地域のおでかけ情報を発信するフリーマガジン「遊・悠・WesT」制作担当者の近藤が、何度でも食べたくなるSAグルメを厳選。味はもちろん見た目も個性的な9品をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2019年18号)より>

【写真を見る】すっごい飛魚だしラーメン味玉のせ(880円、スナックコーナー)/中国自動車道西宮名塩SA(上り)

名神高速道路大津SA(下り)

近江牛レモン焼肉定食(1580円、レストラン)/名神高速道路大津SA(下り)
KADOKAWA

日本三大和牛の近江牛をあっさりとした自家製ダレとレモンを搾って食べる。近江米のご飯のお代わりが自由。

「サービスエリアで近江牛が気軽に味わえるのが驚き。アツアツのお肉にレモンを搾ることで肉の旨味が際立ち、ご飯が止まりません。近江米のご飯がお代わり自由なのもうれしい」

滋賀 朝宮茶サンデー(430円、テイクアウトコーナー)/名神高速道路大津SA(下り)
KADOKAWA

日本五大銘茶の一つの朝宮茶を使ったソフトクリームに、小豆や八つ橋などをトッピングした和風サンデー。

「ソフトクリームはお茶の香りが際立ちさっぱりとした口当たりで、食後のデザートにぴったり。見た目も華やかなので写真撮影もぜひ」

名神高速道路大津SA(上り)

琵琶バス丼タルタル添え(930円、スナックコーナー)/名神高速道路大津SA(上り)
KADOKAWA

琵琶湖のブラックバスのカツを使った丼。下処理されたバスはあっさりとした味。特製タルタルソースとよく合う。

「ブラックバスのカツにはくさみがなく、白身魚を食べているよう。和風ソースと程よい酸味のタルタルソースでご飯が進みます!」

舞鶴若狭自動車道西紀SA(下り)

踊りたこ焼き(550円、テイクアウト)/舞鶴若狭自動車道西紀SA(下り)
KADOKAWA

イイダコが丸々1匹。関西風のダシが効いた生地は外がサクッと中はふわトロ。食べ応え満点のタコの食感も絶品。

「タコの足が飛び出たタコ焼きは、コリコリとした歯応えがクセになります。タレはソース、ポン酢、しょうゆ、めんたいマヨの4種から選べるのでお好みで味わってください」(近藤)

名神高速道路吹田SA(下り)

堂島カレー(800円、スナックコーナー)/名神高速道路吹田SA(下り)
KADOKAWA

名店「堂島カレー」の味がSAに。秘伝のスパイスとフルーツの絶妙なブレンドのルーは最初は甘く、徐々に辛くなる。

「濃厚で甘辛いカレーは、大阪ならではの味わい。+150円で食べられるカツカレーは、サクサクカツと濃厚ルーが合っておすすめです」(近藤)

中国自動車道西宮名塩SA(上り)

【写真を見る】すっごい飛魚だしラーメン味玉のせ(880円、スナックコーナー)/中国自動車道西宮名塩SA(上り)
KADOKAWA

西宮の名店「だしと麺」とコラボ。飛魚を使ったスープは香り高く上品な味わい。喉越しのよい麺との相性も抜群

「西宮の行列店が手がける絶品ラーメンが、サービスエリアで気軽に食べられます。飛魚を使ったスープは、あっさりと上品な味わいでトロトロのチャーシューとも合います!」(近藤)

レインボーかき氷(300円、特設コーナー)/中国自動車道西宮名塩SA(上り)
KADOKAWA

コッペパンやタピオカなどのテイクアウトグルメ専門「カフェドラ」のかき氷。見た目も涼しい夏メニュー。

「暑い夏に食べたくなる一品。すっきりとしたいろんな味(シロップ)が楽しめます。カラフルで思わず写真を撮りたくなる!」(近藤)

中国自動車道西宮名塩SA(下り)

大阪たこ焼きドッグ(350円、テイクアウトコーナー)/中国自動車道西宮名塩SA(下り)
KADOKAWA

タコ焼き専門店「たこばやし」のたこ焼き3個にキャベツをはさみ、ソース&マヨで味付けのオリジナルドッグ。

「見た目のインパクトは言わずもがな、仲間と盛り上がること間違いなしの斬新メニュー。片手で手軽に食べられるのもポイント」(近藤)

山陽自動車道三木SA(上り)

世界一忙しいラーメン(850円、スナックコーナー)/山陽自動車道三木SA(上り)
KADOKAWA

人気店「人類みな麺類」などを手がける松村貴大氏プロデュースのラーメン。醤油本来の甘味が効いたスープがグッド。

「本店の鶏ガラベースとは違う、魚介ダシ100%のここでしか味わえないラーメンです。醤油の甘味が効いたパンチのあるスープに、モチモチとした歯応えのある麺がマッチ」(近藤)(関西ウォーカー・編集部)

元記事を読む