1. トップ
  2. 大倉忠義と成田凌の恋敵となるキャスト発表!『窮鼠はチーズの夢を見る』場面写真も到着

大倉忠義と成田凌の恋敵となるキャスト発表!『窮鼠はチーズの夢を見る』場面写真も到着

  • 2019.9.25
  • 1129 views
恭一役の大倉と今ヶ瀬役の成田が海辺で静かに海を見つめる場面写真も到着
[c] 水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

セクシャリティを越え、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、多くの女性から支持を得る漫画家の水城せとなの傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」と「爼上の鯉は二度跳ねる」を、『ナラタージュ』(17)や『リバーズ・エッジ』(18)を手掛けた行定勲監督の手により映画化した『窮鼠はチーズの夢を見る』が2020年上半期に公開される。『疾風ロンド』(16)の大倉忠義と『カツベン!』(12月13日公開)の成田凌が初共演をはたす本作から、このたび第2弾キャストとして吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、小原徳子の出演が発表され、あわせて場面写真が到着した。

【写真を見る】吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、小原徳子ら実力派女優陣が恋敵となる!

広告代理店に勤める大伴恭一(大倉)は優柔不断な性格が災いし、不倫を繰り返していた。ある日、恭一の前に妻から派遣された浮気調査員として、卒業以来会うことのなかった大学の後輩である今ヶ瀬渉(成田)が現れる。不倫の事実を隠す代わりに今ヶ瀬が突きつけてきた条件は「カラダと引き換えに」という信じられないものだった。はじめは拒絶していた恭一だったが、7年間一途に想い続けてきたという今ヶ瀬のペースに乗せられ、やがて彼と過ごす時間が心地よくなっていくのだが…。

このたび第2弾キャストとして発表されたのは、恭一を取り巻く役柄を演じる吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、小原徳子の4名。まずは、『チワワちゃん』(19)のチワワちゃん役で注目を集めた吉田は会社の後輩で恭一に恋心を募らせる、岡村たまき役を演じる。吉田は本作の出演に対し「行定組ははじめてでしたが毎日が刺激的な日々でした」とコメント。加えて、「10代のころから夢であった行定監督の作品に出演することができていまだに泣いております」と喜びのコメントを寄せる人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」でドラムを担当するほな・いこかこと、さとうは恭一の大学時代の彼女である夏生役に扮する。あわせて、元宝塚歌劇雪組トップ娘役を務めた咲妃は恭一の妻である大伴知佳子役を演じ、「老若男女問わずおひとりでも多くの方にご覧いただけたら嬉しいです」とコメント。そして、「行定監督が描く切なくて甘美で艶やかな愛を、映画館で堪能してください」と語る『ジムノペディに乱れる』(16)や『片腕マシンガール』(07)に出演した小原は、恭一の不倫相手である井出瑠璃子役を演じる。行定監督は4名の女優の起用について「彼女たちは今ヶ瀬にとっては自分の恋路を阻む刺客的な存在。それぞれまったくイメージが異なるようにしたかった」と本作の演出にあわせてキャスティングしたことをコメントした。

また、あわせて到着した場面写真では、原作にも印象的に登場する海辺で静かにただ海を見つめるふたりの姿を捉えている。はたして大倉演じる恭一と成田演じる今ヶ瀬のふたりはなにを思い、そしてこれからどんな展開が待ち受けるのか気にせずにはいられない。

恋愛映画の名手こと行定監督のもとに大倉、成田そして吉田、さとう、咲妃、小原ら実力派女優陣が集結し、なおいっそうの盛り上がりをみせる本作にますます期待が膨らんだ!

<キャスト コメント>

●吉田志織(岡村たまき役)

「いろいろな形をした感情を与え合い、受け取り合う。人の原動力ともなる好きという気持ちに限界なんてなく、正解もなく、間違いもないと再確認させられるようなそんな原作が映画化し、自分がその作品に参加できたことを本当に嬉しく思います。行定組ははじめてでしたが毎日が刺激的な日々でした。この作品がたくさんの方に愛され、楽しんでもらえると嬉しいです」

●さとうほなみ(夏生役)

「全員が全力で恋をして苦しんでもがいている、美しいだけじゃない人間の恋のお話だと感じました。登場人物によっていくつかの恋模様があるので胸にグッとくるストーリーがあるのではないかと思います。そして、10代のころから夢であった行定監督の作品に出演することができていまだに泣いております。大倉さんと成田さんの濃ゆい現場にはいられなかったので映像で観られることがとても楽しみです」

●咲妃みゆ(大伴知佳子役)

「私たちが、誰かを・なにかを愛することによって生まれる感情や行動は十人十色で、こうあるべき!と他者は指し示せない純粋なものなのだと、この作品に携われたことで改めて実感しました。繊細なお言葉で的確に導いてくださり、納得のいくまで物語を追求なさる行定監督…今回はじめてご一緒させていただけたことを心から光栄に思っています。老若男女問わずおひとりでも多くの方にご覧いただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!」

●小原徳子(井出瑠璃子役)

「本気の恋をする相手が必ずしも異性とは限らない。自分が好きになった相手がそうなる可能性はいつだってある。それがこんなにも純粋なものだと知ったら、私はそれを見ていたいと願ってしまうかもしれない、と、この作品に出会って思いました。流されながらも葛藤する恭一を振り向かせたい女たちのなかで、私が演じた瑠璃子にも注目していただけたら嬉しいです。行定監督が描く切なくて甘美で艶やかな愛を、映画館で堪能してください」(Movie Walker・文/編集部)

元記事を読む