1. トップ
  2. 橘ケンチ、“日本酒”で復興支援!“醸華町”東広島市西条のガイドブックを作成、配布へ

橘ケンチ、“日本酒”で復興支援!“醸華町”東広島市西条のガイドブックを作成、配布へ

  • 2019.9.24
  • 196 views
東広島市西条の魅力発信のため立ち上がった橘ケンチ
KADOKAWA

【写真を見る】橘ケンチがプロデュースした西条のガイドブック『SAIJO SAKE TOURISM』表紙

EXILEのパフォーマーであり、EXILE THE SECONDのリーダー兼パフォーマーを務める橘ケンチ。一方で、日本酒文化の魅力を伝える活動をライフワークとしており、今年に入っても松本酒造との<守破離橘>、白糸酒造との<橘六五>などコラボレーションを活発に発表している。

そんな橘が今回、酒の街として知られる広島県東広島市西条の街の盛り上げに着手。ガイド小冊子「SAIJO SAKE TOURISM」を発行し、西条の街の魅力を発信する活動に一役買った。同冊子は限定1万部作成され、フリーペーパーとして9月27日に東広島市および西条の関係施設や東京銀座のひろしまブランドショップ「TAU」などで配布を開始する。

ライフワーク“日本酒”で復興支援を

この小冊子「SAIJO SAKE TOURISM」制作プロジェクトは、経済産業省の委託事業。2018年に起こった西日本豪雨被害に対する復興支援プロジェクト『HASHIWATASHI PROJECT』のプロデュース支援事業の一環として進められた。

橘はプロデューサーとして同プロジェクトに参加。ライフワークである“日本酒”をキーワードに、一般公募された中国エリアの企業の中から岡山県・丸本酒造及び広島県・賀茂泉酒造の2酒蔵会社とタッグを組んだ。

プロジェクトがスタートすると、岡山の丸本酒造とは田植えと稲刈をともに行い、無農薬田復活のサポート事業を展開。一方、広島県では賀茂泉酒造など多くの酒造会社が立地する“醸華町(じょうかまち)”・東広島市西条の魅力を再発見すべく、ガイド小冊子を介してPRを担うことを決めた。

酒造協会、学生団体とも協力

【写真を見る】橘ケンチがプロデュースした西条のガイドブック『SAIJO SAKE TOURISM』表紙
KADOKAWA

ガイドブック『SAIJO SAKE TOURISM』プロジェクトが始動したのは、今年1月のこと。

橘は視察のために西条を訪問。関係各所との協議を重ねながら、賀茂泉酒造・前垣氏からの「改めて西条のいいところを発信することで街を活性化させて、西日本豪雨の風評被害を含めて拭い去って欲しい」という言葉を受けてガイドブックの制作を提案。

7月の再訪時には、「世代を問わず街のみなさんとともに冊子を創り上げたい」(橘)との想いから西条酒造協会に加えて広島大学の学生団体maho Labo.(maholabo.com)の協力の元、編集チームを組んだ上で人と人が想いを醸す醸華町の取材を行った。

完成したガイドブック『SAIJO SAKE TOURISM』には、西条・安芸津エリアの酒蔵や注目のスポット紹介や、西条酒造協会の8蔵を巡った証としてスペシャル・ラベル・ステッカー〈SAKE BREWERY LABEL〉を貼りつけるページもあるなど、手に取った読者自らでこの本を完成させることができる趣向が凝らされている。

配布は、9月27日(金)より主に東広島市及び西条の関係施設にて開始。部数は限定1万部で、東京銀座のひろしまブランドショップTAUやLDH kitchen IZAKAYA AOBADAIでも一部取り扱う予定(※数に限りがあるとのことなので、早めのチェックが必要だ)。

橘ケンチ「この1冊は日本酒だけのものにはしたくなかった」

ガイドブック制作当時の思いを、「西条は酒の都としてクローズアップされることが多いと思うんですが、この1冊は日本酒だけのものにはしたくありませんでした。なぜなら、そこに生きている人や自然、いろんなものがクロスオーバーしている様を落とし込みたかったから。それを最も象徴するのが日本酒という捉え方でした」と振り返った橘。

「世代を問わず多様な考え方に触れた時に、改めて誰もが活気を持って生きている街だと実感しました。もしも手に取ってくださったみなさんが醸華町のいたるところにあるわくわくする気配を少しでも感じ取ってくださったら嬉しいです。そして、さらに活性化していく街同様に、この小冊子が受け継がれていくものとなればと願っています」と、思いを込めたガイドブックを地元に託すことを表明した。

橘は今秋、東広島を舞台に開催される日本酒の祭典「酒まつり2019」の2日目(10月13日)にも出演が決まっている。日本酒文化の伝道師・橘ケンチの活動はさらに続いていく。(ザテレビジョン)

元記事で読む