1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 稲川淳二監修“ホラー観覧車”も!大阪・梅田「HEP FIVE」でハロウィンイベント開催中

稲川淳二監修“ホラー観覧車”も!大阪・梅田「HEP FIVE」でハロウィンイベント開催中

  • 2019.9.24
  • 805 views

大阪・梅田の商業施設「HEP FIVE」にて、ハロウィンにちなんだイベント「HEP FIVE HORROR×HORROR AUTUMN」がスタート。10月31日(木)までの期間中、「ホラー」「ビューティ」「ファッション」など、その道を極めた“オバケ”なカリスマたちとコラボレーションした、多彩なイベントが展開される。

【写真を見る】“美”を極めたMattをはじめ、“オバケ”なカリスマたちが「HEP FIVE」に登場

怪談のカリスマ監修!ホラー観覧車が恐怖度アップ

稲川淳二が監修した2台の「怪談車」が運行中
KADOKAWA

“ホラーなFIVEにゾクゾク、ドキドキ”をテーマに開催される同イベント。なかでも注目は、怪談のカリスマ・稲川淳二監修によるホラー観覧車だ。

監修を担当した稲川淳二は「『15分間の逃げられない恐怖』に、あなたをお連れいたしましょう」とコメントを寄せている
KADOKAWA

この「怪談車」は昨年も実施され好評を博したが、今年は稲川を監修に迎えたことで、さらにパワーアップ。稲川怪談の傑作である「隔離病棟の地下通路」と「彼女たちの修学旅行」のストーリーをもとにした2台の「怪談車」が、同施設のシンボルである赤い観覧車に登場している。今年は新たにホラーシステムも導入。地上106メートルで繰り広げられる、逃げ場のない“密室恐怖”を味わえる。乗車料金は1名1000円。10月31日(木)までの期間中、11時~23時(最終搭乗22時45分)に運行されている。

各ジャンルを極めた“オバケ”なカリスマがゾクゾク登場

【写真を見る】“美”を極めたMattをはじめ、“オバケ”なカリスマたちが「HEP FIVE」に登場
KADOKAWA

ホラー観覧車以外にも、“オバケ”なカリスマたちによる多彩なイベントが目白押し。10月6日(日)には、事故物件 住みます芸人・松原タニシを招き、“最恐”トークショーが行われる。さらに、10月27日(日)には、元プロ野球選手・桑田真澄の息子であり、美のカリスマとして知られる“美容オバケ”Mattのトークステージ&ツーショット撮影会も開催。ハロウィンにちなみ、キレイに化けるための秘訣など、ビューティートークが展開される。

海外でも話題のドールスーツアーティスト・橋本ルルとの不思議なフォトセッションも行われる
KADOKAWA

また、10月12日(土)には“生けるお人形”として話題のドールスーツアーティスト・橋本ルルとの撮影イベントが実施されるほか、10月19日(土)には幽霊パフォーマー“さだを”が館内に出現し、ホラーパフォーマンス を繰り広げる。

1階エントランスアトリウムに設置されている、ギロチンフォトスポット
KADOKAWA

なお、イベント期間中は、1階エントランスアトリウムにギロチンフォトスポットが登場。手軽に“ホラー映え”する写真撮影を楽しめる。

“ホラー映え”間違いなしのハロウィングルメも要チェック
KADOKAWA

また、「HEP FIVE」の飲食店では、ハロウィンをテーマにした“オバケなグルメ”も提供されているので、それらもぜひお見逃しなく!ゾクゾク、ドキドキさせてくれる要素がたっぷり詰まった秋の「HEP FIVE」で、ハロウィンを満喫してみよう。(東京ウォーカー(全国版)・水梨かおる)

元記事を読む