1. トップ
  2. メイク
  3. 【秋メイク】Queentet太田夢莉の妖艶リップ、村瀬紗英のツヤ感アイメイクとは?

【秋メイク】Queentet太田夢莉の妖艶リップ、村瀬紗英のツヤ感アイメイクとは?

  • 2019.9.24
  • 2632 views

ブラック、ネイビー、ディープパープル…。ひとさじで妖艶な表情にスイッチできるダークカラーを味方に、気になるあの人が“もっと知りたくなる”魅惑のあなたに。2019秋の新色“ダークカラー”を使ったメイクに挑戦するのは、トレンドセッターとして話題の女子力ユニット「Queentet」のメンバー・太田夢莉さんと村瀬紗英さんです。

太田夢莉さんのダークカラーを使ったリップメイク

ヘア&メイクの笹本恭平さんが教えてくれました!

笹本:今シーズンはクラシックなファッションがトレンドだから、ダークトーンのパープルは1本持っておくのがいいと思うんです。これは透け感があるから手持ちのリップに重ねて深みのあるニュアンスを足すのもおしゃれなんじゃないかなって。

太田:そうなんですね。自分で塗るとなると、ケバくならないか心配なんですが…。

笹本:今日みたいにベージュのアイシャドウとベージュピンクのチークを組み合わせれば優しげな印象をキープできます。ご安心ください(笑)。あとは、唇の輪郭が淡くなるようにグラデーションぽく仕上げるのもポイント。それだけでダークカラーも格段に肌なじみが良くなりますよ。

太田:なるほど! パープルリップ初心者の私でも使いこなせる自信が湧いてきました。

【1】リップクリームを塗ってベースをなめらかに整えたら、リップスティックを中央に当てて、左右にすべらせる。カジュアルに唇全体に塗ったら、上下の唇を「んー」と合わせて「まっ」と離す。
【2】唇の中央に指でリップを重ね、「んー」「まっ」。これを2回繰り返す。
【3】口角を指でなじませて色を自然にぼかす。

アナ スイ「スイ ブラック ルージュ S 201」
限りなくブラックに近いディープパープル。ワックスとオイルを好バランスで配合。さらさらの塗り心地。ティーローズの香りにもうっとり。¥3,000(アナ スイ コスメティックス)

村瀬紗英さんのダークカラーを使ったアイメイク

ヘア&メイクの中山友恵さんが教えてくれました!

村瀬:寒色のアイシャドウって、アイホールにのせるとどギツくなるじゃないですか。こんなふうにポイント的に効かせると素敵なんですね。

中山:寒色は人の肌色に存在しないからただでさえインパクトが出てしまうから、小面積でもちゃんといい仕事をしてくれるんです(笑)。

村瀬:グレーのアイシャドウを組み合わせていたのは、どうしてですか?

中山:肌色とダークブルーのアイシャドウのコントラストがパキッとしすぎると印象がキツくなるから、同系色のやわらかな影色で2つの色のトーンをつなぎたかったんです。リップとチークをブラウンベージュにしてこっそり温もり感を宿して、レディな空気感も狙ってみました。

村瀬:わぁ…すべてのテクが目から鱗。感動しました!

【1】アイホールにグレーのアイシャドウをブラシでふわっとなじませる。スモーキーな陰影を授けて。
【2】涙袋にも、【1】と同じグレーをブラシでさらっと。瞳のフレームをそれとなく引き立てて。
【3】ポール & ジョーのダークブルーのアイシャドウを細筆で上まぶたのキワ全体に。ライン状に引いて、目尻まできたらあまり角度をつけずにハネ上げながらフェードアウト。
【4】下まぶたのキワ全体にも細筆でダークブルーのアイシャドウをなじませる。目幅でOK。
【5】【4】のラインを指でなでて、発色をほんのりにじませる。
【6】ダークブルーのアイシャドウを細筆で目頭にチョンとおく。目頭側にそっと横幅を出したら、出来上がり。

ポール & ジョー「スパークリング アイカラー 03」
重ねるほどに鮮やかさが際立つパーリーなダークブルー。オイルゲルがベースのプニプニ質感で濡れたようなツヤと透明感のある発色を叶えてくれる。¥2,700(ポール & ジョー ボーテ)

Queentet NMB48から選抜された、女子力の高いメンバーで構成されたユニット。単独ライブを成功させる一方、ソロ活動も充実。進化から目が離せない。リーダーはアカリンこと吉田朱里。

太田夢莉さん 1999年12月1日、奈良県生まれ。ファッショニスタとしても名高くモデルとしても活躍。愛称はゆーり。1st写真集『ノスタルチメンタル』が好評発売中。ジャケット¥13,000(ココ ディール TEL:03・4578・3421) ピアス[片耳のみ使用]¥23,000(リリーズ/フォーティーン ショールーム TEL:03・5772・1304) シェルリング¥7,800(ユニーク/ススプレス TEL:03・6821・7739) インナーはスタイリスト私物

笹本恭平さん トレンドを押さえたエフォートレスなメイクで大ブレイク。通称“おささ”の手にかかれば、どんな女性もイイ女度がアップ。もちろん、指名は殺到中。

村瀬紗英さん 1997年3月30日、大阪府生まれ。『ar』をはじめ、女性誌でモデルとしても活躍。アパレルブランド『ANDGEEBEE』をプロデュース。愛称はさえぴぃ。スカーフ¥4,800(ヘイ ミセスローズ×レイ ビームス/ビームス ウィメン 渋谷 TEL:03・3780・5501) フープピアス¥11,800(ガス ビジュー/ガス ビジュー 青山 TEL:03・6450・5024) デニムワンピースはスタイリスト私物

中山友恵さん 類まれなるセンスでコスメのカラーや質感をおしゃれに組み合わせる天才。モデルや女優からの指名も多く、雑誌から映像まで幅広いジャンルで活躍中。

※『anan』2019年9月25日号より。写真・嶌原佑矢(モデル) 恩田はるみ(商品) スタイリスト・コギソマナ(io) ヘア&メイク・中山友恵 笹本恭平(illumini) 取材、文・石橋里奈

(by anan編集部)

元記事を読む