1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼は結婚に向いていないタイプかも?彼と結婚を決める時に重視すべきこと

彼は結婚に向いていないタイプかも?彼と結婚を決める時に重視すべきこと

  • 2019.9.22
  • 14620 views

お付き合いの期間が長くなると彼との結婚を意識してしまうもの。しかし、彼に不満が1つもないという女性は少ないのではないでしょうか。「結婚生活は我慢の連続」とよく既婚者たちは言いますが、せっかく好きな人と結婚するなら、我慢を続ける結婚生活よりも幸せな結婚生活を送りたいですよね。

この記事では、幸せな結婚をすべく、彼との結婚を決める時に重視すべきことについて紹介します。あなたの彼を思い浮かべ、素敵な旦那さんになる要素はあるのかをチェックしてみましょう。

彼と結婚を決める時に重視すべきポイント

結婚にはもちろん愛情も必要です。彼を好きという気持ちを1番大切にしてくださいね。しかし長い人生、愛情だけでは正直乗り超えられない壁にぶち当たってしまうことも。愛情の他にも彼の人間性も重視して結婚を決めることをおすすめします。では、具体的にどんなことに重視して結婚を決めたらいいのでしょうか。

(1) 金銭感覚はしっかりしているか

あなたの彼は金銭感覚がしっかりしていると言えますか?金銭感覚が違うと結婚生活は辛いものとなってしまうでしょう。もし、彼の金銭感覚が信用できないのであれば、一旦結婚を保留しておくことをおすすめします。

「結婚したら彼も変わるはず!」と期待したいところですが、金銭感覚を直すことはなかなか難しく、そう簡単にはいきません。きっとあなたが苦労することになるでしょう。

金銭感覚のズレは夫婦の離婚原因にもなっています。幸せな結婚生活を送るためにも金銭感覚が近い男性を選ぶようにしてください。

(2) 家庭を顧みることができるか

結婚を決める時には、家庭を顧みることができる男性なのかということもチェックしておきましょう。結婚しても独身気分でいつまでも自由に振る舞う男性と結婚すると、奥さんになる女性は寂しい思いをしてしまいます。そういう男性は子供ができてもなかなか変わりません。1人で育児をしなくてはいけなくなる可能性も出てきます。

彼が家庭を顧みることができる男性かどうかをチェックするためには、彼がご両親にどう接しているのかを見るとよく分かります。ご両親に優しくすることができる男性であれば、きっと結婚してからもあなたを大切にしてくれ、幸せな家庭を築くことができるでしょう。

(3) 仕事熱心な男性なのか

結婚するなら、必ず仕事熱心な男性を選ぶことをおすすめします。仕事に対して真面目な男性は、彼女に対しても真面目に接することができるもの。結婚後も責任を持って、あなたや子供たちを守ってくれるでしょう。それに対し、すぐに嫌な仕事から逃げ出す男性は、結婚生活で困難なことが起きた時もすぐに逃げようとするので、幸せな結婚生活を送ることは難しかもしれません。あなたの彼が転職ばかり繰り返すのであれば、結婚を考え直した方がいいかもしれません。

結婚に向いていない男性のタイプ

自分を幸せにしてくれる男性を見抜くことはなかなか難しいもの。結婚生活で苦労しないためにも、結婚に向いていない男性をお付き合いしながら見抜けるるといいですよね。結婚に向いていない男性のタイプを紹介します。

(1) 何かを続けることが苦手なタイプ

結婚生活は、想像以上に困難にぶち当たることが多いもの。楽しいはずの新婚生活ですら「こんなはずじゃなかったのに・・・」と思う女性は多いのです。お付き合いしている時には気づかなかった相手の欠点が見えてしまった時、お互いの親のことで何かトラブルが起きた時、お金のこと、人付き合いのこと、とにかく色々なことで揉めてしまうことがあります。

そんな時、何かを続けることが苦手なタイプの男性は、じっくり話し合うことができなくて問題を放棄してしまう可能性があります。それでは結婚生活をよりよくしていくことは難しいでしょう。物事を継続することができないタイプではないか、飽き性ではないかをチェックしておきましょう。

(2) 自己中心的なタイプ

結婚生活では、お互いの気持ちを思いやることが1番大切です。思いやりがなくなると確実に結婚生活は破綻してしまいます。

幸せな結婚生活を送るためにも、自己中心的で他の人の意見を聞き入れないような男性との結婚は避けましょう。自分中心に物事を考え、相手の気持ちを理解しようとしない男性との結婚生活は、疲弊するだけでしょう。

あなたの彼はケンカになった時、あなたの気持ちを理解しようとしてくれますか?一方的に自分の気持ちを押しつけようとしませんか?彼との関係を振り返ってみることをおすすめします。

(3) すぐに感情的になるタイプ

夫婦というのは、互いに協力しならが生活を共にするもの。しかし、すぐに感情的になるタイプの男性と結婚をすると、協力どころかあなたは相手の顔色を伺い、気を遣いながら生活をしなくてはいけなくなってしまいます。

今お付き合いしている彼が短気であることに悩んでいるのであれば、一旦冷静になって結婚を考え直した方がいいかもしれません。

結婚するということで、一見安心感を手に入れたように見えますが、結婚してからが勝負であり、そこから長い時間かけてようやく安心感を手にすることができます。結婚生活を共にしながら、二人で色々な壁を乗り越え、相手の良いところだけではなく悪いところも知ることで、信頼と安心感を手にすることができるのです。

結婚を決める時は、あなたと協力して困難を乗り越えられる男性なのかを見極めること。そして、責任感が強い男性であるかを見極めることが重要です。

元記事で読む