1. トップ
  2. ファッション
  3. 近寄り難い女はNG!癒やし系の女っぽさでモテる秋コーデの作り方

近寄り難い女はNG!癒やし系の女っぽさでモテる秋コーデの作り方

  • 2019.9.22
  • 35412 views

おしゃれもメイクも頑張りすぎたモード最前線なスタイルは、周囲の人から見ると「なんだか近寄り難い・・・」という印象に陥りがち。
温もりを感じさせる素材のアイテムが増えるこれからの季節、単なる“ほっこり”ではなく、“女っぽさ”をキープしたリラックスコーデで、男女ウケ抜群の着こなしを目指しましょう! 人気スタイリスト NIMUさんが、スタイリングのコツを伝授します。

背中を向けたら、ドキッ!は秋も有効

undefined
トップス¥9,700/オーガニクス スナイデル(スナイデル) スカート¥15,000、ピアス¥3,500/ともにスナイデル

トップスの袖も丈も長くなる季節の到来。どこかに抜け感を作らないと、重たくてアカ抜けないコーデになってしまいます。

「たとえば、着心地のよいオーガニックのサーマル素材に意表を突く背中見せ。そんな着こなしバランスで、記憶に残るヘルシーな女っぽさを演出して」(NIMUさん)

オーバーサイズのニットをゆるっと

undefined
ニット¥19,000、ピアス¥3,800/ともにスナイデル

今シーズンのニットはオーバーサイズがトレンド。でもそのままガボッと着てしまったら、カジュアルなだけで色気ゼロです。

undefined
ニット¥19,000/スナイデル

「衿ぐりのデザインにこだわって、肩を落としてルーズにも着こなせるものをセレクト。ざっくり編まれたニットの温もりと素肌感のギャップで、優しい印象と女っぽさを一挙両得!」(NIMUさん)

アウターのインは、女度高めで

undefined
コート¥39,000、キャミソールニットワンピース¥15,000、バッグ¥9,000、スリッパサンダル¥9,000/すべてスナイデル

10月に入ったら、売れ筋コートはキープしないと完売してしまう可能性も。そろそろ狙いを定めましょう。いち早くコートデビューしたいなら、ライトな印象のニュアンスカラーがおすすめ。

「ボリュームコートの着こなしは、かっちりとさせずにゆるっと着崩す感覚で。この時季は、インナーは軽く、薄く。鎖骨や脚を効果的に見せて、女っぽさを忘れずに」(NIMUさん)

undefined
ニットカーディガン¥16,000/スナイデル

アウターはベルト付きのデザインだと、フロントをオープンにして羽織ったときに、バランスを作りやすいのでおすすめです。

女っぽさを宿したニットを選ぶ作戦

新しいニットが欲しくなる秋、NIMUさんのセレクトは「着るだけで女っぽいニット」。ほっこりしがちなニットのイメージを覆す、ワザありデザインをターゲットに。

undefined
キャミソールニットワンピース¥15,000/スナイデル

たとえば、キャミソール型のニットワンピース。
「羽織りやストールで肌見せ感を調整して、大人っぽく仕上げて」(NIMUさん)

undefined
ロング丈ニットスカート¥11,000/スナイデル

タイトめなシルエットが女度高めなニットスカートも、アラサー世代にトライして欲しい一枚。
「バランスの取りやすさを計算して、たとえばスリット入りで足元に抜け感をつくれるデザインが◎」(NIMUさん)

着こなしで優しげな“女っぽさ”が完成したら、ヘアメイクも“やりすぎ”は厳禁です。
「あくまでもナチュラル感を大切にしてほしい。内側から発するようなつや感を纏(まと)った肌で、さり気なく色っぽさをアピールするぐらいがちょうどいい」(NIMUさん)

undefined
みずみずしく自然なつや感を素肌にもたらす、イエロートーンのマルチハイライター。 トーン ルミナイザーEX01 ¥3,000/トーン


アイテム選びと着こなしバランスで魅せる、大人コーデ。思わず近付きたくなる“吸引力”を持つ女性を目指して、このニュアンスをぜひ秋スタイルに取り込みましょう!

タイリング/NIMU(まきうらオフィス)
撮影/[モデル]田中雅也(TRON)、[静物]植一浩
ヘア&メイク/桑野康成(ilumini)
モデル/谷川りさこ

スナイデル https://snidel.com/
トーン https://toonecosmetics.com/

※プライスはすべて税抜です。

元記事を読む