1. トップ
  2. レシピ
  3. 魚にはダイエット効果も!冷やさずに食べる冷や汁【痩せる和風スープ #5】

魚にはダイエット効果も!冷やさずに食べる冷や汁【痩せる和風スープ #5】

  • 2019.9.22
  • 4482 views

脂肪が燃焼しやすくなる「魚食」

日本食の大きな特徴の一つとして魚食があります。日本は周りを海に囲まれており、国土は狭いですが、海の面積は世界第六位を誇ります。さらに、いくつもの海流が交差することで魚が集まり、世界三大漁場の一つに数えられています。

しかし、そんな日本でいま魚食離れが進んでいます。魚が健康的なことは誰でも知っていますが、やはり調理に手間がかかるという印象が強く、敬遠されているようです。そこで活用したいのが干物です。干して水分が抜けることでうま味が凝縮され、ただ焼くだけでごはんに合う美味しい一品となります。

また、魚は健康に良いだけでなく、ダイエットにも良いことが最近の研究で分かってきました。魚に含まれるEPAやDHAといった多価不飽和脂肪酸は、エネルギーを溜め込んでいる白色脂肪細胞を"ベージュ細胞"という脂肪を燃焼してくれる細胞に変える働きがあることが判明したのです。健康にも良くてダイエットにも一役買ってくれるとなると、食べないわけにはいかないですね。

今回ご紹介するのは…冷やさずにつくる冷や汁

冷や汁は日本各地に郷土料理として残っており、古くは鎌倉時代の文献にも記録が残っているそうです。冷や汁というと汁を冷蔵庫に入れたり、氷を加えたりして冷やして食べるイメージが強いですが、常温でも美味しく食べられます。気温が下がってきた今もそうですし、夏場も冷たすぎるものは胃腸を冷やして血の巡りも悪くなってしまうので、冷やさずに食べるのがおすすめです。

材料(二人分)

・あじの干物 一尾
・きゅうり 一本
・青じそ 四枚
・みょうが 一本
・だし汁 400ml
・白いりごま 大さじ2
・麦味噌(なければ普通の味噌でも) 大さじ2

つくり方

1、あじは魚焼きグリルで焼いて皮と骨を外して身をほぐす。きゅうりは薄い小口に切り、塩少々でもんで5分置き水気を絞る。青じそは千切りにする。みょうがは縦半分に切ってから小口に切る。

2、アルミホイルに味噌をのせ、魚焼きグリルで表面に焦げ目がつくまで焼く。

3、すり鉢にごまを入れてすり、あじの身を加えてさらにすり、2を加えてすり合わせる。

4、3にだし汁を少しずつ加えながらのばす。きゅうり、青じそ、みょうがを加えて椀に盛る。

すり鉢がない場合はすりごまを使って、あじの身も手でほぐして入れても美味しく食べられますよ。味噌を焼くことで香ばしさが出てグッと美味しくなるので、この一手間はぜひかけたいですね。ごはんと一緒に食べても良いですし、丼鉢に入れてかけて食べても。

ライター/圓尾和紀
株式会社ふること代表。管理栄養士、フードコーディネーター。“伝統食の良いところを現代に取り入れる“をコンセプトに活動している。著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』がワニブックスより発売中。

元記事で読む