1. トップ
  2. ダイエット
  3. ヨガで美脚!むくみ解消に効果的な基本座法を深めるヨガポーズ

ヨガで美脚!むくみ解消に効果的な基本座法を深めるヨガポーズ

  • 2019.9.21
  • 13565 views

ヨガが美脚作りに効果的な理由

すらっとしたむくみのない美脚を目指すには、余分な水分や老廃物を溜めこまないことがポイントです。むくみは、運動不足などによる血行不良やリンパの流れが悪くなることが原因のひとつ。ヨガは呼吸を深め、まんべんなく身体を動かすため、全身の血行を良くすることに効果的です。更に、お尻や骨盤周辺、鼠径部にアプローチするポーズを取り入れることで、リンパの流れを促進し、老廃物を流しやすい身体へ導きます。下半身の筋肉をほぐしながら鍛えることも可能。むくみのない、引き締まった美脚になる効果が期待できるのです!

美脚に効果的なポーズ1:ヴィラーサナ

サンスクリット語の「ヴィラ」は日本語で英雄を意味しており、ヴィラーサナは英雄座と言われる座法です。あぐらのような座り方でおなじみのスカーサナ(安楽座)と同様に、ヨガの基本座法のひとつです。

ヴィラーサナ
ヴィラーサナ
やり方

1.正座の姿勢から少し腰を浮かせ、上半身を前に傾ける

2.両手でふくらはぎの肉を外側に開くようにしてお尻をゆっくり床に下ろす

3.座骨を根付かせ、背筋を伸ばして呼吸をくりかえす

ポイント:足の甲をまっすぐに伸ばした割り座で座ります。膝、股関節、脚首などに痛みがある場合はお尻の下にクッションやブランケットを敷いて座ると負担が軽くなります。もしくは、片足を前に伸ばした半分のヴィラーサナでもOK!片方ずつ足を入れ替えてやってみましょう。

美脚に効果的なポーズ2:スプタヴィラーサナ

サンスクリット語の「スプタ」は日本語で「横たわる」を意味しており、スプタヴィラ―サナはヴィラーサナの姿勢から仰向けに横たわったポーズです。

スプタヴィラーサナ
スプタヴィラーサナ
やり方

1.ヴィラーサナから、おしりの外側に両手を着き、息を吐きながらゆっくり上半身を後ろへ倒して肘を床に下ろす

2.お腹から脚の付け根あたりを伸ばしながら呼吸をくりかえす

3.息を吐きながら更に上半身を倒し、背中を床に下ろす

ポイント:腰が反れないようにして上半身を床に下ろしましょう。腰が反れてしまう場合は、クッションやブランケットを身体の下に敷くと負担が軽くなります。または、無理をせずに1~2の肘をついた体勢のままポーズをキープします。膝、股関節、足首などに痛みがある場合は、片足を前に伸ばした半分のヴィラーサナからでもOK!片方ずつ足を入れ替えてやってみましょう。

その日のむくみはその日のうちに

疲れやストレスと同様に、むくみも溜め込まないことが大切です。次の日に持ち越さないように、その日のうちに解消しましょう。今回紹介した2つのポーズは、鼠径部や足首周りを刺激して、老廃物を排出するデトックス効果に優れたもの。床やマットの上ではおしりが痛い人や、力んでしまってリラックスできないと感じる時は、ベッドの上でやってみるのもいいでしょう。そのまま眠りにつくのもまた、違った心地よさを味わえますよ!

ライター/須藤玲子
2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

元記事を読む