1. トップ
  2. ダイエット
  3. ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ

ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ

  • 2019.9.20
  • 3525 views

脊柱の中立点を知る

脊柱が前後左右に偏らず、中心で真っすぐ伸びている位置が中立点です。肺全体にバランスよく空気が入るので、呼吸が深く楽に行えます。また、脊柱の可動性が最も高まる位置でもあるので、ねじりのポーズも深まります。

スカーサナの場合

ステップ1:体の中心を感じて坐骨から頭頂までを伸ばす

アーサナの基本・スカーサナは、脊柱の中立点を知るのに最適なポーズ。呼吸のしやすさが正しい位置を教えてくれます。

HOW TO
あぐらになって座り、体の中心を意識して坐骨から頭頂を真っすぐ伸ばす。息を吸ったとき、最も呼吸が入りやすい位置に脊柱をもってくる。5呼吸キープ。

ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ
Photo by IKKEN

NG:中心からずれている
脊柱が中心からずれていると肺が十分広がらず、深く呼吸することができない。

ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ
Photo by IKKEN
ステップ2:呼吸して胸郭が一番広がる位置

胸郭に手をあてて呼吸をします。脊柱を前後左右に少しずつ動かし、胸郭の広がりを感じとります。胸郭がいちばん広がった場所が脊柱の中立点。

ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ
Photo by IKKEN

パリヴルッタトリコナーサナの場合

ステップ1:一直線を意識して体の中心でツイスト

ねじりのポーズでも脊柱の中立点を意識しましょう。多裂筋が働いて体の芯ができ、楽に深くねじれます。

HOW TO
脚を前後に開き、脊柱の延長に頭頂を伸ばす。体の中心を意識して脊柱を真っすぐ保ったら、右手を左足の横におき、左手は天井。力まずに深くねじっていく。目線は左手の先へ。30秒キープ。反対側も。

ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ
Photo by IKKEN

NG:背骨が反る
脊柱を後ろに反ってしまうと中立点からずれてしまい、ねじりが浅くなる。

ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ
Photo by IKKEN

NG:背骨が丸まる
脊柱が丸くなっていると脊柱の可動性が制限され、深くねじることができない。

ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ
Photo by IKKEN
ステップ2:下の手を離してもキープできるか

脊柱が正しい位置にあれば多裂筋が働き体の芯が強く安定します。下の手を離してもキープできればOK。反ったり、丸まっていると保持できません。

ねじりポーズも楽々決まる「脊柱」の中立点を見つけるヨガポーズ
Photo by IKKEN

教えてくれたのは…中村尚人先生
理学療法士、ヨガインストラクター。医療とボディワークの融合、予防医学の確立を目指し活動している。「TAKT EIGHT」、「UPRIGHT」主宰。

モデルを務めてくれたのは…宮沢セイラさん
バレエ歴14年。乃木坂46の1期メンバーで、現在はタレントやモデルとして活躍。ヨガインストラクターの資格を取得、現在は解剖学を勉強中。

Photos by IKKEN
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Illustration by Misako Nakagawa
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.65掲載

元記事を読む