1. トップ
  2. Juice=Juice 本人役でドラマ出演 ライブシーン撮影に「日頃とは違う逆にレアな映像になっていると思います」

Juice=Juice 本人役でドラマ出演 ライブシーン撮影に「日頃とは違う逆にレアな映像になっていると思います」

  • 2019.9.20
  • 672 views
カメラを見ないJuice=Juice
KADOKAWA

【写真を見る】カメラを見ない⁉レアなJuice=Juiceの収録の様子 ほかライブシーン撮影ショット

ハロー!プロジェクトに所属するJuice=Juiceが本人役で出演するドラマ「歪んだ波紋」(11月3日スタート毎週日曜夜10:00-10:49(連続8回)、BSプレミアム)のライブシーンの収録が横浜で9月19日に行われた。

今作は塩田武士による同名小説をドラマ化した作品。新聞、ネットニュースなど様々な記者たちとその周りの人々の人間模様が描かれている。松田龍平が主人公の新聞記者・沢村を演じる。

Juice=Juiceが本人役で出演

ドラマの中心人物が「Juice=Juice」のファンという設定から、今回の出演が決まったJuice=Juiceは結成7年目のハロプロ所属のアイドルグループ。

収録は半日がかりの撮影となり、リーダーの金澤朋子からは「本日は長時間、本当にありがとうございました!」と観客役のエキストラをねぎらう言葉も。また、終了後にはエキストラのためにそのままステージでJuice=Juiceの1曲だけのミニライブも披露された。

リーダーの金澤朋子
KADOKAWA

サブリーダーの高木紗友希は、収録を終えて「私達はライブが大好きって普段言ってるんですけど、そのライブを放送して頂けるということで嬉しかったです」とコメント。

金澤は出演シーンの見どころについて「日頃の撮影ではカメラ目線をするんですが、今回はカメラをあまり見ないナチュラルなライブの様子を撮って頂いているので、“カメラを見ない私達”っていうのも逆にレアなんじゃないかなという気がします」と語った。

Juice=Juiceは以前、朝井リョウ原作のドラマ「武道館」に5人組だった頃にグループ全体での出演があるが、その後に加入し、今回がドラマ初出演の段原瑠々は「今回は今のJuice=Juiceをそのまま撮っていただけるということで、楽しく参加させていただきました」と話した。

今回がドラマ初出演となる段原瑠々
KADOKAWA

出演前に先輩から教わったことは?という問いには、稲場愛香が「ライブでの姿勢は日頃から背中で教えて頂いているので、学ばせて頂いたものを出させて頂きました」と答えた。

ドラマ収録地となった横浜は、9月23日からスタートする全国ツアー「Juice=Juice LIVE TOUR 2019〜Con Amor〜」の舞台となる。植村あかりは「(ツアーでは)横浜Bay Hallに立たせていただきます。今日はたくさんの観客役の方々の中に初めましての方もいらしたんですけど、その方々が私達のライブももっと見たいなって思ってくれたら嬉しいですね」と話した。

サブリーダーの高木紗友希(画像左)、植村あかり(画像右)
KADOKAWA

Juice=Juice は最新シングル「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25 歳永遠説」のニュー・ヴォーカル・ヴァージョンを10月23日に追加リリース予定。個人ツアーも控える宮本佳林はニュー・ヴォーカル・ヴァージョンについて「新鮮な感じなんじゃないかな。同じ曲で違った歌割りが新鮮だと思うので、それもカッコいいじゃん!って感じで作り上げていけたらいいなって思います」と語った。

全国ツアーが9日14日に始まったJuice=Juiceも出演する「歪んだ波紋」は11月3日(日)から毎週日曜夜10:00-10:49、連続8回で放送される。

【写真を見る】カメラを見ない⁉レアなJuice=Juiceの収録の様子 ほかライブシーン撮影ショット
KADOKAWA
Juice=JuiceがNHK BSドラマでライブシーンを撮影
KADOKAWA
Juice=Juice
KADOKAWA

ドラマのあらすじ

沢村は同僚の桐野(筒井道隆)が仕掛けた「虚報」に気づかず、その情報を元に「誤報」を出してしまう。それはひき逃げ事件の犯人は殺された妻の敦子(小芝風花)であるというものだった。そして、大学同期のネットニュース編集長・三反園(松山ケンイチ)からそのことを指摘される。姿を消してしまった桐野を追う沢村。

一方、かつて全国紙・大日新聞の記者で、沢村の父と盟友だった相賀(長塚京三)が沢村を訪ねてくる。相賀は同僚だった垣内(イッセー尾形)の自殺は、垣内が15年前に出してしまった「誤報」が原因ではないかと調べ始めていた。(ザテレビジョン)

元記事を読む