1. トップ
  2. ファッション
  3. この秋注目の「白とベージュ」のワントーンコーデ9選

この秋注目の「白とベージュ」のワントーンコーデ9選

  • 2019.9.20
  • 13660 views
undefined

限りなく白に近いベージュ、真っ白ではなくクリーミーな白。そんな白とベージュの間をとったようなトーンにこだわった、ニュアンスカラーを厳選。穏やかで品があって、ひかえめなのに包容力もある。色にそなわる「いい性格」を、着ることで感じたい。

PROLOGUE -「ベージュの今」
2019 A/Wコレクションより、気になるトーンだけをピックアップ。素材と色の関係性、うまく着るためのテクニックなど、リアルに落とし込むためのアイディアを調査。

MATERIAL
「あったかい素材との相乗効果」


贅沢な風合いとミルクのようなやさしい色みの幸福感あふれるコート。 シャギーニットからリブのタートルニットをのぞかせたWのぬくもり。 ボリューミィなロングコートも白とベージュの効果でエレガント。 部分的なファーでも圧倒的な存在感。あいまい色のボリュームコートも、コンパクトな丈感ならスッキリとした印象。

LAYERED
「奥行きに好都合」


躍動感のあるフェザーとツヤのあるインナー。色自体がひかえめなベージュなら、極端な素材の掛け合わせも品よく落ち着く。 色の微差と異なるぬくもりのある素材を重ねた首元のオシャレはぜひ参考にしたい。

LEATHER
「茶系レザーとのいい関係」


あいまいなバイカラーのコートの品格がさらに高まる、色もフォルムも美しいバッグ。 ほっこりとした装いになじむ色みながら、緊張感も与えるモダンな形が特徴のアイコンバッグ「TOOTIE」は秋冬も人気継続。

PLAYFUL
「多少攻めても上品に落ち着く」


つややかな素材の上下。ソフトなニュアンスのシャンパンベージュによって奇抜じゃない。 ユニークなネックラインの装飾も淡いベージュなら落ち着いた印象。 初の女性デザイナーが手がける新星ラコステ。ランウェイではニュートラルカラーを中心とした、テニスのエスプリが効いたルックが登場。

BOTTOM & BOOTS
「ボトムとブーツをとけ込ませる」


モカベージュのコートを軸に、美しいグラデーションを形成。ツヤのあるブーツが上品なスパイスに。 白に近いベージュの延長線上で映えるクリーンなブーツ。 肌など、「人間が持つカラー」からインスパイアされたコレクション。レギンスとブーツを同系色でそろえた足元レイヤードにも着目。


01「テクスチャー自体も柔和にこだわる」
穏やかな色の性格に乗じて、まとうことで表情まで和らぐような心地よさを素材で上乗せ。シンプルな装いでも、それだけで愛嬌が生まれる。



BOA VEST
プレーンなワンピに幸福感をもたらす愛すべきレイヤード
〈右〉アンゴラボアベスト 46,000円+税/キミノリ モリシタ(M) 白マキシワンピース 49,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ピアス 60,000円+税/エナソルーナ(エナソルーナ 神宮前本店) ショートブーツ 34,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店) Tシャツやニットなど、手持ちのトップスの活性化に効くインパクト。くすんだ色みのボアだから、ベーシックカラーともなじみよく、実用性も高い優れた1着。

BOA PULLOVER
ブランケットにくるまれたような心地よさをトップスで
〈左〉白バックジップアップボアトップス 29,000円+税/アイロン、オフ白センタープレスパンツ 17,000円+税/ユナイテッドアローズ(ともにユナイテッドアローズ 新宿店) パンプス 90,000円+税/アルムナイ(ebure) 無地のプルオーバーとシンプルなパンツ。選び方次第では地味に陥ってしまうところ、特徴のある素材、肉厚な生地感、微妙な違いのニュートラルカラーなど、いろんな要素が合わさることで、ひかえめながら目にとまるルックスに。


02「レザーさえ気だるくまとえる」
レザー=ハードのイメージさえくつがえす、穏やかな色のポテンシャル。ライダースやショートブーツなど、今まで迷うことなく黒を選んでいたものこそ、ニュートラルカラーに変更すれば、レザーを着るときのマインドまでも変わるはず。

RIDERS JACKET
アイコニックなライダースも穏やかにカラーチェンジ


ライダースジャケット 129,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) 共布ベルトつきアイボリーワイドパンツ 30,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) ベージュショートブーツ 34,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店) ピンクショートブーツ〈03〉 42,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 有楽町店) ライダースに定評のあるbeautiful peopleなら、珍しいナチュラルカラーでも失敗知らず。


03「ピントを合わせるように光を足す」
ぼやけてしまうこともあるライトベージュ。ニットなどソフトな素材ならなおさら。そんなあいまいさに、ゴールドをちりばめて緊張感をもたらす手段。華やかに輝く黄金色とマイルドなベージュの新しいワントーンが成立。

+ GOLD ACCESSORIES
「目立つゴールド」を飾ることで膨張感をセーブ


ベージュニットワンピース 29,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) ピアス 12,800円+税/baebae(アイクエスト ショールーム) バングル 36,500円+税/セシル・エ・ジャンヌ ブレスレット 18,000円+税/アー・ぺー・セー(アー・ぺー・セー カスタマーサービス) リング 2,500円+税/ランドシヌール(レイ ビームス 新宿) ソックス〈02〉 1,500円+税/グレン クライド(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) 白パンプス〈02〉 90,000円+税/アルムナイ(ebure) アクセを盛っても上品な色の妙。


04「とがったフォルムに丸みが出る」
黒やネイビーのジャケットをかっちり着るよさがわかったら、今度はほぐれる色で、もっと力の抜けた着こなしをめざしたい。「そもそもやさしい」ニットではなく、おかたいイメージのジャケットで解釈するからこそ意味がある。

BIG JACKET
カーデ感覚で力が抜けるまろやかなジャケットの肩がけ


ベージュジャケット 38,000円+税/フレームワーク(フレームワーク ルミネ新宿店) 白マキシワンピース 18,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) ミニポーチ 29,000円+税/MARROW(4K) 白シューズ 100,000円+税/マノロ ブラニク(ロンハーマン) 形もフェミニンだとややコンサバ。メンズライクな堂々たる四角いフォルムのジャケットだから、そのギャップでベージュのやさしさがより生きてくる。


05「肌でこなすヌーディなニット」
肌にとけ込むような色みをプラスにとらえれば、少し大胆な肌見せも、目立ちすぎずヘルシー。ぬくもりのあるニットのおかげで品も保てる。「隠さず見せる」よさも、穏やかなベージュが教えてくれる。

”V”KNIT
背中にデコルテに。肌見せに自信さえ与えてくれる


〈右〉ベージュポロセーター 87,000円+税/ザ・ニューハウス(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) ベージュツイードストレートパンツ 15,000円+税/イエナ(メゾン イエナ) なめらかなカシミヤニット。 〈左〉ライトベージュバックオープンニットワンピース 22,000円+税/RIM.ARK、パンプス〈04〉 10,800円+税/MOUSSY(ともにバロックジャパンリミテッド) バックについたリボンが、後ろ姿の美しさをさらにアシスト。


MAKE YOUR COLOR
幅が広がる「異なるベージュのブレンド」
ブラウンやキャメルに近い色みを足して、まろやかなベージュにわずかな強さを加算。同系色の中で、表現の幅が広がるような「新しさ」で選択。

HALF PANTS + ECO LEATHER SHIRT
ワントーンに生きる、特有のシワさえ味になる


エコレザーシャツ 16,800円+税/Mylanka ベージュプリーツスカート 16,000円+税/スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー) 今季注目度の高いレザーアイテム。まずは手軽に始められるエコレザーを。ごく淡いベージュボトムにちょうどいい強さをもたらす、濃度の高い同系色が最良の選択。そでをロールアップしたときの生地のニュアンス自体が「飾り」に。

RIB KNIT + SALOPETTE
カジュアルなサロペも配色次第でトーンダウン


ブラウンレザーショルダーサロペット 48,000円+税/ニート(ユナイテッドアローズ 原宿本店) ベージュリブニットカットソー 8,900円+税/レピスリー(アクアガール渋谷) パンプス 21,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa ショルダー部分がレザーになった、特別感のあるサロペット。パンプスも同系色を貫いて流れを意識し、穏やかな縦のラインを形成。

DOT DRESS + A-LINE COAT
「甘いベージュ」にはハンサムなコートでギャップを


ベージュコート 45,000円+税/FLORENT ベージュドットワンピース 16,000円+税/カロリナ グレイサー(ビームス カスタマーサービスデスク) ミドルブーツ 13,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ドットがちりばめられたベージュドレス。ドレスよりもわずかに濃いベージュのコートをバサッと重ねるだけで、はっきりしない色の中に奥行きが生まれる。

SLACKS + SHORT BOOTS
「ほぼ白」をうまく着るために、足元だけ濃度を上げる


ショートブーツ 39,000円+税/ジェーン スミス(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) ノースリーブニット 22,000円+税/GROVE SEOUL(アイクエスト ショールーム) ベージュリネンパンツ 22,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) 定番の黒よりやわらかい締め色のショートブーツが、白っぽい装いにとって絶妙なアクセント。

オリジナルサイトで読む